日本

「昨年は大変な苦労をした」・・・ハリル監督、W杯出場へ日本の長所鍛え抜く


――昨年は大変な苦労をした。
「簡単なシーズンではなかった。特に海外組が体調不十分な状態で合流することが多かった9月、10月は私の経験、自信、能力をフル活用しても解決するのは難しかった」
「最終予選初戦でアラブ首長国連邦(UAE)に敗れ、予選全体の戦いが難しくなった状況に変わりはない。審判が正確な笛を吹いてくれていれば、負けてはいなかったのだが。11月のサウジアラビア戦に勝ち、首位サウジと勝ち点で並んで16年は喜びで締めくくれたが、ライバル国とレベルは拮抗しており、残りの試合も厳しい戦いは続くと思っている」
■「本当の戦いへできる限り準備」
――自国内でプレーする選手で固めた対戦相手は一つのクラブチームのようにプレーする。
「サウジやUAEには時間をかけて準備して試合に臨めるアドバンテージがある。海外組が多い日本は彼らが所属チームで出場機会に恵まれず、その影響で代表でハイレベルなプレーができない問題を抱えている。国内組はメンタル面でもフィジカル面でも(最終予選を戦うのに)まだ十分な準備ができていない」

「だから海外組には先発の座をつかんでくれ、出番が増えそうな移籍も選択肢に加えろと助言している。本田(ACミラン)にも伝えた。代表に入りたければ(クラブでの)プレーの回数だと。代表は選手全員のものであり、プライベートなチームではないと」
――今年の日程を見るとUAE、イラク、サウジとのアウェー戦が控えている。
「本当の戦いが始まる。できる限りの準備をして臨む。ものすごい環境下で戦うことになるが、審判には正確な笛を吹いてくれと言いたい。たった一つの笛で試合が難しくなる経験を予選前半でしただけに」
――昨年10月、追加タイムのゴールで勝ったイラク戦、守備的に戦って引き分けたオーストラリア戦の後には激しい批判にさらされた。
「オーストラリア戦後の批判は限度を超えていたと思う。フットボールに対する理解の仕方が私とかなり違うことも分かった。私を批判するのにたいして重要でない統計を持ち出す者もいた」
「例えば、ボール所有率。日本の数値がオーストラリアやサウジより劣ったのは確かだが、それと“プレーコントロール”は別の話だ。オーストラリア戦でいえば、我々はわざと相手にボールを持たせ、攻撃のトライはすべて消す守備をした。それがあの試合では勝つのに一番適したタクティクスだったからだ」
――見かけと違い、試合を制御していたのはあくまで日本だったと。
「プレーコントロールという言葉を、実は日本ではやらせたいと思っている(笑)。守備でいえば、高い位置からボールを取りにいくのか、引いて守るかは戦う相手によっても状況によっても変わる。オーストラリア戦はブロックをつくって守ったが、サウジ戦は高い位置からプレスをかけに行った。どちらも目的は試合をコントロールすることだった」
「タクティクスを選択するときに最も重要な要素は選手のフィジカルコンディションだ。コンディションが悪い状態でハイプレスなどかけられない。10月のオーストラリア戦がそうだった。11月のサウジ戦はコンディションが良かったから違うアプローチができた。10月と11月で選手の状態は同じではないのだ。サウジ戦は本番2日前の練習で選手、特にFWとMFの状態が把握でき、あのようなタクティクスを採用できた」
――日本では常に日本が攻めまくる試合を期待する人が多いのかもしれない。
「同じB組にいる、対戦チームのレベルが上がっていることを直視すべきだ。真実は時に受け入れがたいものであっても。ボールを保持してFCバルセロナのようにプレーしろという人がいるが、私はそれを目指してはいない。自分たちのプレー、アイデンティティーを大切にしたいと思っている。我々の長所を使ってチームを発展させたいと思っている。代表チームならなおさらだろう」

続きを読む

「日本はアジアカップで優勝するポテンシャルを兼ね備えている」byトルシエ


サッカー日本代表元監督のフィリップ・トルシエ氏は、大舞台での経験が豊富な韓国代表が強力な選手を1人抱えているものの、日本がライバル勢を押しのけて第17回アジアカップを制するだろうとの見解を示した。
アラブ首長国連邦対バーレーンの開幕戦を前に、トルシエ氏は「理論上では、日本が今大会で最も優れた選手をそろえたチームの一つだ」とAFPに語った。「もちろん韓国やイラン、サウジアラビアといったチームも同様の野心を持っているが、日本は優勝するポテンシャルを兼ね備えている」
今大会では、イングランド・プレミアリーグのトッテナム・ホットスパーでゴールを量産している孫興民(ソン・フンミン)がけん引する韓国が優勝候補筆頭とみられており、涙をのんできたアジアカップで50年以上ぶりの戴冠を目指す。また、世界ランキングでアジア最上位につけるイランや前回王者のオーストラリアも、日本を脅かす存在だ。
しかし、昨年のW杯ロシア大会直前にヴァイッド・ハリルホジッチ前監督が議論を呼ぶ形で解任されながらも、同大会で決勝トーナメントに進出することで証明したように、日本には番狂わせを起こす力がある。
一方、新生日本代表を率いる森保一監督は、大会記録を更新する5度目の優勝を成し遂げる見込みは低いと主張することで、早々に心理戦を仕掛けた。
W杯の終了後、同大会で暫定指揮官を務めた西野朗氏からバトンを受け継いで以来、いまだ無敗をキープしている森保監督は「われわれは挑戦者だ」と話している。「自分たちの任務は、挑戦し、タイトルを再び取り戻すことだ」
また、レバノンで行われた2000年のアジアカップで日本を率いたトルシエ氏は、若手とベテランが融合した現在のチームと当時の代表に類似性を見出しているとした上で、「日本がW杯で16強入りしたという事実は、選手たちに大きな自信を与えるだろう」「次のW杯カタール大会(2022 World Cup)に向け、若い世代の準備をする良い機会でもある」 と語った
1/5(土) 17:37配信 AFP時事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00000033-jij_afp-socc

続きを読む

日本のサッカー専門家・山本昌邦「ロシアW杯、日本は組1位!韓国は最下位敗退!」

日本のサッカー専門家が2018ロシアワールドカップ(W杯)で日本はグループリーグ1位、韓国は最下位になると予想した。
スポーツ報知は2日、1980年代の元日本代表でサッカー専門家、山本昌邦氏による2018ロシアW杯の予想を伝えた。山本氏は韓国はグループリーグで敗退する一方、日本は1位で決勝トーナメントに進出するという見方を示した。
山本氏は韓国が属するF組について「ドイツは世界連覇という野望に向けてスキが見当たらない」と評価し、韓国については「アジア最終予選は4勝3分け3敗で冷や汗のA組2位通過。武器はイングランド・プレミアリーグのトットナムで活躍する孫興民(ソン・フンミン)の得点力。申台龍監督が17年7月に就任し、戦術浸透度が心配」と分析して最下位を予想した。
一方、日本についてはポーランド、コロンビア、セネガルを抑えてH組1位で決勝トーナメントに進出すると分析した。コロンビアついては「ロドリゲス、ファルカオら強力なアタッカー陣は脅威だが、攻撃重視で守備意識が低いのも事実」と評価し、ポーランドはエースのレバンドフスキーへの依存度が高いと分析した。
セネガルについては「身体能力が高い選手がそろうが、その一方で連係不足と気分屋の面は否めない」と評価した。
1/2(火) 15:59配信 中央日報
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00000034-cnippou-kr
【山本昌邦氏のW杯完全予想】F組はドイツの層厚い
ドイツは世界連覇という野望に向けて、スキが見当たらない。GKノイアー、MFクロース、エジル、ミュラーら優勝経験のあるタレントに加え、コンフェデ杯Vの若手も加え、選手層が厚い。メキシコはロンドン五輪の金メダル世代が中心の強みがある。
◆ドイツ
過去決勝に8度進出し、4度V。前回覇者は17年のコンフェデ杯も制覇し盤石の態勢。レーブ監督の下、【攻守に隙のないサッカー】で欧州予選を10戦全勝で突破。【サイドバックの層の薄さ】が唯一の不安要素か。初戦のメキシコ戦を落とした場合は連覇に暗雲。
◆メキシコ
愛称「ロス・トリコロレス(三色旗)」は北中米カリブ海予選を1位で通過。【連動するパスサッカー】を武器に94年から6大会連続で16強の成績を残す。一方で【カウンターの対応の弱さ】に不安も。ボール支配時間が長くなるため、速攻に注意したい。
◆スウェーデン
準V(地元開催58年大会)、3位(94年大会)1度ずつの北欧の強国はプレーオフでイタリアを2戦合計1―0で下し、3大会ぶりの出場。アンデション監督のつくる【強固な守備】が特徴。昨年代表を退いたFWイブラヒモビッチ不在による【得点力不足】が課題。
◆韓国
02年日韓大会で4位に入った「アジアの虎」。アジア最終予選は4勝3分け3敗で冷や汗のA組2位通過。武器はイングランド・プレミアリーグのトットナムで活躍する【孫興民の得点力】。申台龍監督が17年7月に就任し【戦術浸透度】が心配。
ドイツ代表予想フォーメーション

1/2(火) 7:03配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180101-00000212-sph-socc

続きを読む

「僕は日本で2019年を迎えたよ!」by元ドイツ代表GKアドラー


マインツの元ドイツ代表GKレネ・アドラーが、日本での滞在を楽しみ、年越しを東京で迎えたようだ。
アドラーは12月26日、女優である妻リリーとともに来日したことをSNSで公表。その後、串カツ、ラーメン、寿司、居酒屋料理など、和食を中心に日本ならではのグルメを満喫している。
渋谷のスクランブル交差点や明治神宮、そのほかにも新宿、赤坂などを訪れ、著名観光スポットでの写真や動画をSNSで次々に投稿した。
日本時間1日未明には『インスタグラム』で「親愛なるみなさんへ。みんなにより良い2019年が訪れますように。僕にとっては(負傷で)苦しい時期が続いているけど、多くの挫折から新たに得ることもある。
そんな中でも、いつも支えてくれるマインツのみんなに心から感謝したい。という新年のあいさつを東京から発信している。
1985年生まれのアドラーはレヴァークーゼンの下部組織育ちで、06-07シーズンにトップデビューを果たすと、すぐさま正GKに定着。
2008年に初キャップを刻んだドイツ代表では、2009年のロベルト・エンケ投身自殺に伴い2010年の南アフリカ・ワールドカップ直前まで、同世代のマヌエル・ノイアーと正GK争いを展開した。
度重なるケガに悩まされながらも、2012年にハンブルガーSVへ移籍し、2017年からマインツに在籍。だが現在はひざの負傷で2018年5月から長期離脱を余儀なくされている。
ハンブルガーSVでは酒井高徳と、マインツでは武藤嘉紀とともにプレーするなど、日本人選手とも親しみのあるアドラー。
年末年始のオフ期間を利用して日本行きを決めた背景には、元同僚からの影響があったのかもしれない。
1/1(火) 16:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00000011-goal-socc
ttps://www.instagram.com/reneadler/?hl=ja

続きを読む

「日本は最大のライバル!キープレーヤーは吉田麻也!」byアジア杯王者・豪州メディア


2018年無敗の森保ジャパンで守備の要を担う吉田は「豊富な経験を与えている」

森保一監督率いる日本代表は、1月5日に開幕するアジアカップで新体制初の国際大会に臨む。2011年大会以来となる優勝を目指すなか、前回大会覇者オーストラリアのメディアは日本を「最大のライバル」の一つとして捉えている。
ロシア・ワールドカップ(W杯)後、日本代表は西野朗監督から森保監督に交代。2018年は5試合を行い、FIFAランキング5位(当時)のウルグアイ相手に4-3と勝利を収めるなど無敗(4勝1分)で2019年を迎えた。
MF中島翔哉(ポルティモネンセ)、MF南野拓実(ザルツブルク)、MF堂安律(フローニンゲン)という2列目トリオが注目を集めるが、2015年大会の優勝国であるオーストラリアも日本を警戒しているようだ。
豪州メディア「News.com.au」は「2019アジアカップ:日本、韓国、イラン、サウジアラビアがオーストラリアの最大のライバル」と特集。
日本を「2018年のワールドカップでアジアベストのパフォーマンスを見せたチーム」と称し、「ワールドカップ後にアキラ・ニシノが退いてから、ハジメ・モリヤスはまだ負けていない」とここまでの足跡について触れている。
キープレーヤーにはDF吉田麻也(サウサンプトン)を挙げ、「日本の守備に豊富な経験を与えている」と守備の要を分析した。
日本はトルクメニスタン、オマーン、ウズベキスタンと同居するグループF、オーストラリアはシリア、パレスチナ、ヨルダンと同じグループBで、早ければ決勝トーナメント1回戦で対戦が実現する。
記事では「日本は2011年決勝と2007年準々決勝でサッカルーズを打ち負かしている」と、優勝した2011年大会をはじめ2度、オーストラリアの前に立ちはだかってきた日本を警戒している。
なおその他の3か国では、イランがFWサルダル・アズムン(ルビン・カザン)、韓国はFWソン・フンミン(トットナム)、サウジアラビアはFWファハド・アル=ムワッラド(アル・イテハド)と攻撃の中核がキープレーヤーに挙げられている。
森保ジャパンはアジアの厳しい戦いを制し、頂点に返り咲くことができるだろうか。
1/1(火) 20:40配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190101-00158534-soccermzw-socc

続きを読む

「日本のFWはゴールに向かうところがちょっと足りない」by長友佑都


1月にアジアカップを控える日本代表は30日に国内合宿を終えたなか、取材に応じたDF長友佑都(ガラタサライ)が“日本人FWに足りないもの”について語った。日本代表で歴代6位の110試合に出場し、長年海外リーグで戦い続ける男はある意識について強調している。
30日に流通経済大とのトレーニングマッチを行った日本代表は、2-0と勝利して合宿を打ち上げた。合宿にはトレーニングパートナーとしてDFの菅原由勢(名古屋グランパスU-18)と小林友希(ヴィッセル神戸U-18)、MFの三苫薫(筑波大)と伊藤洋輝(ジュビロ磐田)、FWの旗手怜央(順天堂大)と上田綺世(法政大)の6選手が参加。試合でも代表戦士に交じって溌剌としたプレーを披露した。
そんな若手6人に対して、長友は「日本の未来を背負っている。彼らが貪欲にA代表に入っても、俺が中心ぐらいの気持ちで、ギラギラしたやつが出てきてほしい」とエールを送っている。
その一方で、日本人FWに不足しているものについて言及。「ゴールの意識があるから、動き出しを含めてすべてが変わってくる。今日一つの動き出しをレオ(旗手)にも話していたんだけど、日本のFWはゴールに向かうところがちょっと足りない」と指摘した。
「ゴールに向かう怖さのある選手が増えないと日本サッカーも変わっていかないと思っている。そういうところも意識の部分で変えていかないと」
特大のポテンシャルを秘めた若手たちにアドバイスをしたという長友。「年を重ねるごとに、どんどん熱くなって困ってるんですよ。情熱だけがどんどんレベルが上がっている」と冗談交じりにもらしたが、世界を知る男の言葉は日本サッカー界にとって金言と言っても過言ではないだろう。
9日にグループリーグ初戦トルクメニスタンを迎える日本。2011年大会以来の優勝を目指すなか、“ゴールの意識”をどれだけ強く持ち、プレーとして表現できるかも王座奪還のポイントになりそうだ。
2018/12/31(月) 6:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181231-00158179-soccermzw-socc

続きを読む