日本

豪メディア「我々は日本を過大評価する傾向にある」


今回も変わらず日本代表に選出された本田圭佑、香川真司、岡崎慎司らは、海外で結果を出してきたことからアジアでは非常に有名な存在だ。31日に2018ロシアワールドカップ・アジア最終予選で日本と対戦するオーストラリア代表のサポーターも、本田や香川のことをよく知っている者が多い。
しかし、豪『The Roar』は日本の選手たちのことを過大評価しすぎではないかと伝えている。ミランの10番を背負った本田、ドルトムントでブンデスリーガ制覇を達成してマンチェスター・ユナイテッドでもプレイした日本の10番香川、レスター・シティで奇跡のプレミアリーグ制覇を成し遂げた岡崎はアジアのスーパースターであり、その功績からオーストラリア側がリスペクトするのも当然だ。しかし、数年前とは状況が異なっている。
本田は現在メキシコのパチューカでプレイしており、デビュー戦では豪快なゴールも決めている。しかし同メディアは「ホンダが先週パチューカで決めたゴールは彼のポテンシャルやパワーを思い出させるものがあった。しかし、なぜ彼はメキシコでプレイしているんだ?」と伝えており、本田の状況は4年前と異なっている。
香川も怪我の影響で本調子ではなく、今季もドルトムントで出場機会が限られている。ヘルタ・ベルリンの原口元気、ヘントの久保裕也も万全とはいえず、ケルンの大迫勇也も怪我明けだ。日本のFW陣には不安の方が大きいかもしれない。
同メディアは「日本がサッカールーズを攻撃する力がないという意味ではないが、我々は日本の選手の能力や影響力を過大評価する傾向にある。実際、埼玉でプレッシャーがかかってるのは彼らの方だ」と伝えており、日本のことをリスペクトしすぎるべきではないとの考えだ。
日本はグループBで首位に立っているが、2位サウジアラビアと3位オーストラリアとの勝ち点差はわずかに1。日本は埼玉でオーストラリアを撃破すればワールドカップ出場が決まる有利な立場にいるはずだが、プレッシャーがかかっているのは日本の方だ。日本のサポーターも期待よりは不安の方が大きくなっているかもしれない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-00010021-theworld-socc
続きを読む

日本代表がロシアW杯をボイコットする可能性!?英紙報道

ロシアで開催されるW杯まで100日を切った。そんななか、『Daily Mail』が気になる情報を伝えている。
それによれば、日本が今夏のワールドカップ参加をボイコットする可能性があるという。
その理由は開催国ロシアとイギリスとの関係悪化によるものとされている。
英国では先日、亡命したロシアの元スパイが何らかの薬物の影響によって重体に陥るという事件が起きた。
英国政府はウラジーミル・プーチン大統領らロシア政府の関与を疑っており、それが明らかになった場合にはイングランド代表がワールドカップをボイコットすることも示唆している。
国防関係筋は「ワールドカップのボイコットは間違いなくありうるオプションのひとつ」と述べているそうで、他国にも賛同を求めるかもしれないとのこと。
そして、その動きに日本、ポーランド、オーストラリアも続く可能性があるとされている。
日本代表とポーランド代表は奇しくも同じグループH。政治的な問題により、ボイコットなどということはあり得るのだろうか…。

2018年3月11日 7時40分 Qoly
http://news.livedoor.com/article/detail/14416043/
続きを読む

【悲報】ブラジル、日本戦は"1.5軍"・・・イングランド戦の練習扱い

サッカー・日本代表公式練習(9日、フランス・リール)2018年W杯ロシア大会出場を決めた国際連盟(FIFA)ランキング44位の日本は10日、同2位のブラジルとの親善試合に臨む。
“最強軍団”を相手に日本の試金石となる一戦だが、9日の会見でブラジル代表チチ監督(56)は“1・5軍”の先発起用を公表。
見下された形の日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(65)は、「ブラジルを完全に把握している」と金星奪取を口にした。
なめられたものだ。ブラジルが大幅にメンバーを変更。“1・5軍”を先発起用し、練習モードで日本戦に臨むことが明らかになった。
「親善試合だがW杯に向けた試合はすべて大事な試合。しっかりと準備していきたい。いつもとは違う選手も試したい」
ブラジル代表チチ監督は余裕を漂わせ、予定を大幅にオーバーする約50分の熱弁。いとも簡単に先発11人を公表した。
会場となるピエール・モーロワでの前日練習。
冒頭15分が公開された練習で、左足のけがで出場が危ぶまれたFWネイマールは軽快な動きを披露。けがの不安を払拭するかのように終始笑顔で調整した。
しかし、これには裏があった。ブラジルのラジオ局「ガウシャ」のアンドレ・シウバ記者は
「ネイマールは出るが、後半で下がる見通しだ。(左太ももを痛めていた)コウチーニョもプレーできるが、監督はイングランド戦で起用すると明かしている」と激白した。
ブラジルは、W杯ロシア最終予選を戦った主力メンバーを中3日で迎えるイングランド戦(14日=日本時間15日)に向けて温存する構え。
日本はMF長沢をトップ下で抜擢(ばってき)する方針だが、ブラジルは主要6選手を入れ替える方針だという。
試合だけでない。パリからのチャーター機で約1時間、空路移動した前夜。スター軍団が選んだ宿舎は1泊平均約1万3000円(2泊)のホテルチェーンだった。
日本が同2万5000円の5つ星ホテルに5泊するのに対して、だ。
アンドレ記者は「大事なイングランド戦に向け、早めにコンディションを整えられるように市街地ではなく、空港近くにしたんだ」。あくまでイングランド戦ありきのプランなのだ。
このまま軍門に下るつもりはない。極東からきたサムライ軍団が、ハリルホジッチ監督の母国でサッカー王国を見返す。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000503-sanspo-socc
11/10(金) 5:00配信

続きを読む