日本

「ゴールは本当に足が当たったという感じ・・・日本には勝てると思っていた。みんなガッカリしている」byセネガルFWマネ

[6.24 ロシアW杯グループリーグ第2節 日本2-2セネガル エカテリンブルク]
先制ゴールを決めたセネガル代表FWサディオ・マネがマン・オブ・ザ・マッチに選ばれ、試合後、記者会見に出席した。
セネガルは前半11分、DFムサ・ワゲが右サイドの高い位置からクロス。ファーサイドでクリアしたMF原口元気のヘディングが小さくなり、
こぼれ球を拾ったDFユスフ・サバリが右足でシュートを放つと、GK川島永嗣のパンチングが目の前のマネに当たってゴールマウスに吸い込まれた。
得点シーンについて「私の足に当たってネットに入った」と指摘したセネガルの背番号10は「本当に足が当たったという感じだった」と、自身のW杯初ゴールを振り返った。
2度リードしながらそのたびに追いつかれる展開に「ちょっと残念に思っている。勝てると思っていた」と悔しさを隠さなかった。
「得点をして、同点にされて、後半も同じことが起きた。たくさんのチャンスもつくり、いいプレーをしたが、2点目も同点にされてしまった」。
初戦を白星で飾ったチーム同士の第2戦は勝ち点1を分け合い、日本とセネガルが勝ち点4で並んだまま最終節を迎えることになった。
「正直に言って、みんなガッカリしている」。そう率直に認めるマネは「(グループリーグ突破は)次の試合に懸かっている。
準備をしないといけない」と自分たちに言い聞かせるように話した。
6/25(月) 2:18配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180625-01655506-gekisaka-socc

続きを読む

パラグアイ戦で躍動した乾と香川真司は日本代表スタメン当確!?

日本代表は現地時間12日、ロシア・ワールドカップ開幕前最後の国際親善試合パラグアイ戦に臨み、先制を許すも後半にMF乾貴士が2ゴールと活躍。冷静な様子を保っていた西野朗監督も、得点直後の乾とガッチリ握手を交わして祝福した。
日本は前半32分、左サイドからロングスローを放り込まれると、こぼれ球から左足ボレーを叩き込まれて失点。西野体制3試合連続で先制点を与える苦しい形のまま前半を折り返した。
0-1と劣勢の状況で輝きを放ったのが乾だ。後半6分、縦パスに反応したトップ下の香川真司が横に落とすと、近くに寄っていた乾がボールを受けてドリブルからシュート。鮮やかなキックでゴール右隅に吸い込まれた。
乾の勢いは止まらず、さらに後半18分には右サイドハーフの武藤嘉紀が横パスを通し、香川がそらすと、中央に走り込んだ乾が右足シュート。相手GKに触られながらもネットを揺らして逆転に成功した。
乾は日本ベンチに駆け寄ってチームメイトと喜びを分かち合うと、冷静沈着に様子を見守っていた西野監督の下へ歩み寄る。すると、指揮官は2ゴールのアタッカーを評価するように手を差し出し、ガッチリと握手を交わした。
8日のスイス戦で左サイドハーフには宇佐美貴史が起用されていたが結果を残せないまま乾と交代していた。そして、このパラグアイ戦で先発のチャンスを得た乾は後半34分にピッチを退いたものの、2ゴールと自らの存在価値を証明した。
フットボールZONE 6/12(火) 23:46
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180612-00110623-soccermzw-socc

続きを読む

日本のパスサッカー"TikiTokio"!コロンビア戦パス成功率は87%!なお、本家スペインはポルトガル相手に・・・

◆W杯ロシア大会▽1次リーグH組 日本2―1コロンビア(19日、サランスク)
日本がコロンビアを2―1で破り、白星発進を飾った。W杯では、日本のみならず、アジア勢として初めてとなる、南米勢からの勝利だった。この勝利は、アルゼンチンでも驚きをもって伝えられた。
アルゼンチンのスポーツ紙「Ole」電子版は、「Tiki Tokio」と見出しを付け、日本がパスサッカーを披露してコロンビアに勝利したことを伝えた。
「Tiki Tokio」の元ネタは、スペイン代表やバルセロナの細かいパス回し「Tiki Taka」(チキタカ)。日本がW杯の大舞台で披露したサッカーは、強豪国にも驚きを与えた格好だ。
FIFA公式サイトのデータによると、日本はパス本数で565―354と圧倒。パス成功率は87%でだった。
なお本家「Tiki Taka」のスペイン代表は初戦のポルトガル戦でボール保持率61%。パス本数は727―366と圧倒し、パス成功率は93%だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000023-sph-socc

続きを読む

【朗報】あの"神様"イブラヒモビッチが日本代表のロシアW杯16強入りを予想している模様!

FWズラタン・イブラヒモビッチ(LAギャラクシー)は賭け業者「BETHARD」とスポンサー契約を結び、日本代表のロシアW杯16強入りを予想している。公式サイトが“ズラタン予想”を公開した。
イブラヒモビッチは各グループリーグのスコア、順位予想を行い、日本代表の2位通過を展望した。初戦のコロンビア戦は1-1のドロー、セネガル戦、ポーランド戦はいずれも1-0で日本の勝利を予想した。H組首位はコロンビア、2位に日本、3位はポーランド、4位はセネガルと続いている。
日本以外のアジア勢に目を向けると、韓国とイランは最下位、サウジアラビアとオーストラリアは3位に予想されている。アジアで唯一、日本が決勝トーナメントに進出すると期待しているようだ。一方、2016年のユーロを最後にスウェーデン代表から引退したイブラヒモビッチは、スウェーデンのF組2位通過を予想している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-01655004-gekisaka-socc

続きを読む