日本

「ベルギー戦は“惜敗”ではない。世界との差を直視するべきだ!」byセルジオ越後

立ち上がり15分は良かったが…。
[親善試合]日本0-1ベルギー/11月15日/ブルージュ(ベルギー)
先日のブラジル戦(1-3)に続き、ベルギー戦も0-1で落とした日本は、今回の欧州遠征を2連敗で終えた。
ベルギー戦は圧倒されたブラジル戦の反省を活かしたのか、立ち上がり15分はよく走り、攻守で上々のパフォーマンスを見せた。
でも、時間が経つごとに日本の足は止まってしまった。
当たり前だがサッカーは90分トータルで考えなくてはいけない。
今回は6人交代制だったから体裁を保てたけど、終盤にはスタミナを消耗し、口を大きく開けている選手が何人もいたよ。
一生懸命走って相手にプレッシャーをかける戦い方は悪くはない。
ただ、それを90分続けるのは無茶な話だ。ハリルホジッチは試合後に「可能性を感じた」と語っていたらしいが、どのへんに可能性を見出せたのか疑問だね。
失点シーンでは守備陣の集中力が切れていたし、吉田を筆頭にあんな軽い対応をしていたらワールドカップ本大会は絶対に勝てないよ。
それに自陣に人数を割いてベルギーの攻撃を凌いだからこそ、カウンターに出る力が不足していた。
大きなチャンスと言えば、前半に吉田がセットプレーからヘッドを放ったシーンと、相手のミスから杉本がドリブルで持ち運んで左足で狙ったシーンくらいだった。
アジアレベルでは的確なポストプレーが光った大迫は潰される場面が多く、浅野、原口らも仕掛けた後のアイデアが乏しかった。
ベルギーは立ち上がりこそ面を食らっただろうが、その後は楽に試合を運べたはずだよ。
現にエースのE・アザールを外し、デ・ブルイネをボランチで起用するなど、通常とは異なるメンバー構成だったけど、焦りは感じられなかったからね。
日本の選手たちは「決め切るところで決め切れなかった」と嘆いていたようだが、そこが大きな差なんだ。
目立つ活躍をした選手はいなかった。
70パーセントほどの力しか出さなかったベルギーに、日本は120パーセントの力でぶつかって敗れた。それが現実なんだ。
試合後には「惜敗」という言葉をよく目にしたけど、惜しいなんて感覚でいたら困る。
ブラジル戦を含めて世界との差は大きく開いていると危機感を持つべきだ。
今の日本代表、そして彼らを取り囲むひとたちはワールドカップ6大会連続出場という言葉に、自分たちは強くなったと錯覚しているんじゃないかな。
ベルギーのように組織的に戦うチームには善戦したように見えたが結果的に負けているわけだし、ブラジルのように個人技の高いチームには滅法弱い悪癖も変わっていない。
この4年間、どこが成長したのか僕には分からないよ。
ベルギー戦では、個人として目立った選手もいなかったね。
先発でA代表デビューを飾った長澤は“悪くない”レベル止まりだったし、ブラジル戦に続いて途中出場した森岡は違いを作り出せなかった。
スタメンで起用された浅野は粗さが目立ち、アンカーを務めた山口もパスミスが何度かあった。ほかの選手が出てもさして変わらなかったはずだ。
要するに強豪国を相手に質の高いプレーを維持できる選手が今の日本にはいないんだ。タレントの質は明らかに落ちている。
メンバー外だった本田、香川、岡崎が出場しても結果が変わったかは分からないけど、今回の欧州遠征を通じて一番得をしたのは彼ら3人じゃないかな。
2連敗して、今後は彼らへの期待感が再び高まりそうだからね。
ブラジル戦、ベルギー戦の収穫は少ないが、世界との差を体感できた点はプラスに捉えるべきだろう。
本来はもっと早く強豪国とのマッチメイクを実現し、自分たちの実力を測っておくべきだったが、ワールドカップの前でもレベルの差を知ることができた点はポジティブに考えたい。
ハッキリしたのは日本は弱者の戦い方をするしかないということ。守備を固めながら、少ないチャンスをモノにする。
そのためにはセットプレーの精度を上げる必要がある。
吉田やブラジル戦でゴールを奪った槙野らを軸にサインプレーを用意したいね。ゴールをDFに頼るのも皮肉な話だが……。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171115-00032589-sdigestw-socc
11/15(水) 17:00配信

続きを読む

ポドルスキ「日本は戦術的なサッカーはしていない」

日本のサッカーを観戦した印象については、「日本では、例えばヨーロッパほど戦術的なサッカーはしていないね。でも、とても運動量豊富で、しっかりした技術を備えている。足での得点が一番気に入っているけれど、頭での得点が少し増えるかもしれない。
身体の大きさで言えば、大きな部類に入るからね。月末には登録も完了するし、Jリーグでプレーできるのが楽しみだよ」と、すでに自身がプレーするイメージが出来ているようだ。

神戸加入のポドルスキ、独誌に日本の印象を語る…驚いた習慣とは?


続きを読む

11月に日本代表と対戦するのはキルギス!(FIFAランク91位)・・・


日本サッカー協会は20日、日本代表が11月20日に愛知の豊田スタジアムでキルギス代表と対戦すると発表した。中央アジアに位置するキルギスのFIFAランクは91位で、両国の対戦は初めて。来年1月に初の公式戦となるアジア杯(UAE)を控える森保ジャパンにとっては貴重なテストマッチとなる。
7月末に就任した森保一監督は、9月7日のチリ戦は北海道で発生した地震の影響で中止となり、同11日に初陣のコスタリカ戦に挑みMF南野拓実(23)=ザルツブルク=、中島翔哉(24)=ポルティモネンセ=、堂安律(20)=フローニンゲン=ら若手が躍動して3―0で快勝。10月12日にはパナマ、同16日の世界最強2トップのスアレス、カバニを擁するウルグアイとの対戦が決まっている。
9/25(火) 16:30
スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00000169-sph-socc
続きを読む

元レアルのDFが今夏に日本移籍熱望!


Jリーグクラブにとって今夏の“掘り出し物”となるかもしれない。
名門レアル・マドリーの下部組織で10年以上過ごし、現在はフリーとなっているスペイン人DFが日本への移籍を希望しているという。
フリーのためもちろん移籍金(移籍元クラブとの契約解除に必要な違約金)はかからない。ゼロ円で獲得できるのだ。
その選手とはダビド・マテオス。名前に聞き覚えのある人は少ないかもしれない。それもそのはず。
レアル・マドリーではトップチーム昇格こそ果たしたものの、公式戦は国内カップ戦とチャンピオンズリーグの2試合に出場したのみで、
昇格した翌年にギリシャの強豪AEKアテネに期限付き移籍。
その後、スペインのレアル・サラゴサ、ハンガリーのフェレンツバロ
アメリカのオーランド・シティとクラブを渡り歩き、今年3月にフリーとなっている。
現在マテオスは新たな所属先を探している最中だが、そこで目を付けたのが日本
実はAEKアテネ時代、現在FC東京に在籍しているオーストラリア人FWネイサン・バーンズと同僚だった。離れ離れになった今も、情報交換をする仲だという。
バーンズからJリーグの環境面の良さや過ごしやすさなど、日本の良い面を聞いたマテオスはJクラブ入りを熱望。
日本以外にも世界中にネットワークを持つマネージメント・エージェント会社である株式会社Naocastle(本社:日本、代表取締役CEO:今矢直城)に直接コンタクトをとり、
日本でプレーしたい意向を伝えたという。現在は獲得に手をあげるJクラブを待っている状態だ。
マテオスは身長191cmの大型センターバック。対人戦を得意とし、空中戦での強さも期待できる。またアメリカなどでプレーしていた経験があるため、英語でのコミュニケーションも問題ない。年俸も高くなく、フリー選手のためクラブの財政状況によっては条件面で交渉の余地もある。
レアル・マドリーでは満足な活躍を見せられなかったマテオスだが、その他のクラブではまずまずの実績を残している。J1昇格を目指すJ2クラブ、あるいは現在低迷しているが浮上のきっかけを掴みたいJ1クラブにとっては、貴重な戦力となりうる存在と言えるだろう。
マテオスはすぐにでも新天地に合流できるよう自主トレーニングでコンディションを維持している。果たして、今夏のJリーグ入りはあるだろうか。
6/26(月) 14:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170626-00218992-footballc-socc

続きを読む

【ハイライト動画】開催国ブラジル、南アフリカにまさかの無得点…リオ五輪初戦は引き分けスタート!

【ブラジル 0-0 南アフリカ リオデジャネイロオリンピック1次リーグ】
現地時間4日にリオデジャネイロオリンピック1次リーグが行われブラジル代表は南アフリカ代表と対戦。 開催国として金メダル獲得の期待がかかるブラジルだが、南アフリカを相手に0-0で引き分け初戦は引き分けスタートとなった。
オーバーエイジ枠として選出されていたネイマール、GKウェベルトン、レナト・アウグストの3人は先発出場を果たす。 強力な戦力を揃えるブラジルだが、なかなか得点を奪うことができない。
すると59分、ムバラが退場し南アフリカの選手が一人少なくなった。
その後はブラジルの猛攻が続きシュート20本以上も放ったが、それでもゴールを決めることはできず。 開催国として挑んだリオ五輪初戦は0-0となり引き分けスタートとなってしまった。
【得点者】
なし
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160805-00010001-footballc-socc
フットボールチャンネル 8月5日(金)6時13分配信
続きを読む

【日本代表】ロシアW杯の課題は「いかに点を取るか」にある!?

先週末に閉幕した東アジア4カ国の対抗戦『E-1選手権』で、日本代表は韓国に惨敗して優勝を逃した。北朝鮮、中国を連破したあとの敗戦は、どこか2017年を象徴しているような印象を与えた。
2015年6月から16年3月まで行われたロシアW杯アジア2次予選は、14年のブラジルW杯に出場した本田圭佑、香川真司、岡崎慎司らを中心に戦った。しかし、16年9月に開幕した同最終予選では、本田や長友佑都らが所属クラブで出場機会を得られず、コンディションに不安を抱える状況が続く。
ここでチームを支えたのが、原口元気、大迫勇也だった。所属クラブで好調だった二人に加え、久保裕也や浅野拓磨らの次世代も、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の選択肢となっていく。
6大会連続6回目のW杯出場を決めた2017年8月31日のオーストラリア戦は、世代交代を強く印象づけるものだった。浅野が先制点をあげ、代表出場3試合目の井手口陽介が2点目をマークしたのだ。守備陣では代表出場5試合目で24歳の昌子源が、29歳の吉田麻也とセンターバックのコンビを組んでいる。
◆W杯への課題は「攻撃」にあり
2017年最大のターゲットだったW杯の出場権は確保した。しかし、2018年6月開幕のロシアW杯の見通しは厳しい。
11月に実施した欧州遠征で、日本は世界ランク2位のブラジルに1ー3で敗れた。ブラジルが試合途中からペースダウンをしなければ、もっと点差が広がってもおかしくなかった。
直後に対戦した世界ランク5位のベルギーにも、0ー1で屈した。
世界のトップクラスが相手でも、ディフェンスのやり方を整理すればある程度は守れる。接戦に持ち込める。その一方で、チャンスを作り出すのは難しいことが、ブラジル、ベルギーとの2試合で明らかになった。攻撃に人数をかければ、カウンターを浴びるリスクが高まる。そうかと言って、人数をかけずに個人で勝負できるほど、日本人選手のクオリティは高くない。
ハリルホジッチ監督の戦術も、日本人選手の特徴を生かしきれていない。奪ったボールを素早く前線へ供給する狙いは、現代サッカーの方向性としては間違っていない。ただ、パスの受け手となる選手が孤立する場面が増え、せっかくのマイボールを失ってしまうことが少なくないのだ。結果的に、日本サッカーが大切にしてきた連動性が、担保できなくなっている。
◆W杯前最後となる3月のテストマッチはどうなるか?
各国代表の活動は基本的に国際サッカー連盟(FIFA・フィファ)の管理下にあり、次の活動期間は2018年3月だ。19日から27日までの間に、2試合を組むことができる。
日本は欧州遠征を予定する。W杯で同グループのコロンビア、セネガル、ポーランドを想定した試合を見込むが、W杯に出場する同タイプの国のなかには、すでにマッチメイクを終えたところもある。
実質的にW杯前最後となる3月のテストマッチは、選手の最終チェックの機会としても重要な意味を持つ。果たしてどのようなマッチメイクに着地するのか、注目していただきたい。
戸塚 啓
12/29(金) 20:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171229-00007994-nallabout-socc

続きを読む

「日本では、誰もやりたくないからGKをやらされるという文化」by川島永嗣

日本代表の守護神としてW杯に3大会連続で出場した川島

独占インタビュー後編、今振り返るW杯と“まだ見ぬ日本の守護神”に願うこと
サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で16強入りを果たした日本代表。全4試合にフル出場し、ゴールマウスを守ったのがGK川島永嗣(ストラスブール)だった。
ティボ・クルトワ(ベルギー)、ジョーダン・ピックフォード(イングランド)ら上位各国には絶対的な守護神が君臨し、GKの存在が脚光を浴びた大会。日本にとって課題となるのは、将来的なGKの裾野拡大だ。少年サッカーでは「やりたい人がいないから」が理由で、背が高い子供がGKを任されることも珍しくない。
日本代表歴代最多タイのW杯出場11試合を誇る守護神が「THE ANSWER」の独占インタビューに応じ、「『部活と勉強』と7か国語を話すまで」を語った前編に続き、後編ではW杯を振り返るとともに「やりたい子がいない日本のGKと未来」について思いを明かした。
◇ ◇ ◇
日本中が熱狂したロシアW杯。前評判を覆し、16強進出を果たした一方、決勝トーナメント1回戦のベルギー戦では2-0から逆転負けを喫した。川島にとって、3度目の夢舞台はどんな記憶として刻まれたのだろうか。改めて聞いた。
「悔しさを挙げれば、キリがない。それが4年に一度しかないW杯の大きさを意味していると思う。『悔しい』にもいろんな形があるけど、この悔しさは一生、常に持ち続けなければいけない感情。その中でW杯に3回行かせてもらって感じたのは、サッカーが持つスポーツとしての魅力です。
一つのスポーツで日本はもちろん、世界がこれだけ一つになれるというのはそうあることじゃない。それをピッチの上で、本当の意味で体感させてもらったのは本当に素晴らしい経験になった。そういうスポーツの価値がサッカーを通して広がっていってほしいと思った大会です」
ロシアで過ごした1か月で一番忘れられない風景を問うと「ベルギー戦で2-0になった瞬間」を挙げた。「今までにない“日本サッカーの先”を見た気がする。今まで代表に関わらせてもらった中でも見たことがない景色でした」と語る。
しかし、W杯8強という日本サッカーが誰も見たことはない景色は、ベルギーの逆襲によって閉ざされた。近くて遠かった“日本サッカーの先”を一瞬でも見ることができたからこそ、次なる課題も感じている。
「W杯で『ベスト8』『ベスト4』に行くと、口に出すことは分かりやすいし、簡単だけど『ベスト8』『ベスト4』になることの偉大さを改めて感じた大会。偉大なものに挑戦するんだという大きな志をもう一度、持っていかないといけないと思う。今回、W杯を通して見せられた日本人らしさ、日本人だからできることを、世界基準の中で発揮していくことは次につながると思います」
9/17(月) 10:30配信 the answer
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180917-00037150-theanswer-socc
続きを読む

W杯アジア最終予選・・・ハリルジャパンの負けは17.2%!ちなみに前回のW杯アジア最終予選(2012年)の初戦は31.1%

1日にテレビ朝日系で放送されたW杯アジア最終予選「日本-UAE」
(午後7時31分から124分間)の平均視聴率が17・2%(関東地区)だったことが2日、ビデオリサーチの調べでわかった。
試合は日本代表が攻めたが、ミスによるフリーキックとPKの2失点で1-2で敗れた。
W杯予選では、同じくテレビ朝日系で放送された今年3月29日の「日本-シリア」の17・1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)をわずかに上回った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160902-00000067-nksports-socc
続きを読む