日本

U16日本代表がメキシコに5-0大勝、堂々の全勝優勝!!


U-16日本代表がメキシコに5-0大勝、堂々の全勝優勝!:U-16インターナショナルドリームカップ
[6.16 U-16インターナショナルドリームカップ第3節 U-16日本代表 5-0 U-16メキシコ代表 ユアスタ]
「U-16インターナショナルドリームカップ2019 JAPAN presented by 朝日新聞」は16日、宮城県仙台市のユアテックスタジアム仙台で第3節を行い、U-16日本代表はU-16メキシコ代表と対戦した。日本はMF中村仁郎(G大阪ユース)が前半だけで2ゴール。さらに、14日のU-16ナイジェリア代表戦でハットトリックのFW勝島新之助(京都U-18)とMF豊田晃大(名古屋U-18)も得点して前半を4-0で折り返す。後半にもFW千葉寛汰(清水ユース)が加点して5-0で大勝し、3戦全勝(1PK勝ち)で2年ぶりの優勝を決めた。
90分で敗れなければ優勝という状況だったが、「引き分け狙いだと、メキシコがガツガツやってきて、軽い気持ちだと足をすくわれると思った」という勝島の言葉どおり、勝って優勝を決めたい日本は、立ち上がりから圧巻の攻撃力を見せつけた。
前半12分、FW河野孝汰(山口U-18)の縦パスをゴール前で受けた中村がDFをかわして先制。19分にも、豊田が右サイドに出したパスを受けた中村が、GKのポジションを冷静に見極めてシュートを決めた。早い時間帯での2ゴールで試合の流れを引き寄せた中村は「前の2試合では点を決められず、自分を出せませんでした。今日は落ち着いてシュートを打てました」と笑顔を見せた。
日本の勢いは止まらない。37分にはDF森田翔(FC東京U-18)のクロスを河野が後方に落とす。これを拾った豊田が前方の勝島にパス。勝島がフェイントでDFをかわしてから3点目を決めた。45+3分にもMF山崎太新(横浜FCユース)、勝島と繋ぎ、中盤から飛び出した豊田が落ち着いてゴール。日本は前半だけで4点をリードし、勝敗の行方と優勝をほぼ決定づけた。
後半も危なげない試合運びでメキシコを封じ、13分には河野のシュートのこぼれ球を拾った途中出場のFW千葉寛汰(清水ユース)がゴール右からシュートを決めた。その後、日本はは前節負傷してベンチ外となったDF波本頼(金沢U-18)以外全員を起用。終盤のピンチも凌いで5-0で圧勝し、優勝を決めた。なお、今大会の得点王(4得点)となった勝島がMVP、この試合2得点の中村が朝日新聞社賞を受賞した。
山橋貴史監督は「(当初は)おとなしい選手が多かったが、勝島や諏訪間幸成(横浜FMユース)など明るい選手が多く、みんなが一つになって戦うことができました」と団結して戦えたことを優勝の要因として挙げた。「国内の試合では余裕のある選手たちだと思いますので、目指すところはもう分かったと思いますから、今回の経験を生かし、質を追求して欲しい」と選手たちに望んだ。技術の高さだけでなく、たくましさや団結力を見せたU-16日本代表。今後、世界の舞台での活躍が大いに楽しみだ。

(取材・文 小林健志)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-43468287-gekisaka-socc

続きを読む

久保建英のレアル移籍にドイツも大注目!


様々なクラブへの移籍が噂されながら、FC東京の日本代表MF久保建英はスペインの名門レアル・マドリードへの加入が決定した。13日にスペイン紙「マルカ」が契約に近づいていると報じた時点から、ドイツメディアも大きな関心を寄せており、「シュポルト・ビルト」誌は「日本のメッシを巡る闘い、レアルが宿敵を蹴落としたか?」と報じている。
久保のレアル移籍は、14日にクラブから正式発表された。前日にスペイン紙「マルカ」が契約間近と報じたことを受け、ドイツ誌「シュポルト・ビルト」は「彼はかつてバルセロナのユニフォームを着ていた。このカタルーニャのクラブの思いどおりに事が運べば、彼は再びそうなるはずだった。ところが、バルサは日本の才能、タケフサ・クボを巡る闘いで敗北を喫することになりそうだ。よりによって宿敵レアル・マドリードに!」と報道。バルセロナも久保獲得に関心を抱いていたものの、「レアルのほうが良い手札を持っているようだ」とバルセロナにとって打撃になると綴っていた。
「バルサにとってこれは2倍のダメージだろう。というのも、クボはすでにスペイン王者のユースチームでプレーしていたことがあり、11歳当時、ラ・マシア(バルセロナの育成組織)で『日本のメッシ』と称されるほど、忘れられない印象を残したからだ」
久保は今季、FC東京の主力として首位を走るチームをけん引。9日の国際親善試合エルサルバドル戦(2-0)で日本代表デビューを飾り、現地時間14日にブラジルで開幕するコパ・アメリカの日本代表メンバーにも選出されている。レアル移籍が決定した今、そのプレーは海外メディアから大きな注目を集めそうだ。
6/15(土) 15:50配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190615-00196199-soccermzw-socc

続きを読む

U20W杯・決勝戦に挑む韓国代表・・・′99年準優勝の日本を超えられるか?

韓国サッカー界に新たな歴史の一ページが刻み込まれようとしている。
FIFA U-20ワールドカップ(W杯)で、快進撃を続けている韓国代表が準決勝でエクアドル代表を1-0で下して、韓国サッカー史上初の決勝戦に進出した。
16日(日本時間1時)の決勝の相手はウクライナ代表。奇跡の瞬間に立ち会おうと、いま韓国はU-20代表の話題で持ちきりだ。
ただ、当初は韓国がまさか決勝の舞台に立つとは、予想もしていなかった。
大会前、U-20韓国代表の合言葉は“アゲイン1983”だった。チョン・ジョンヨン監督は最終メンバー発表会見で、「個人的には(目標を)“アゲイン1983年”と言っておきたい」と語っていた。
これまで韓国の同大会の最高成績は、36年前の1983年にメキシコで開催されたFIFAワールドユース選手権(U-20W杯の前身)のベスト4。
それさえも達成できるのか懐疑的だったが、今大会で韓国代表は、目標を達成したばかりか、初の決勝進出という快挙を成し遂げたのである。
初戦敗北あとの快進撃
ここまでの戦いぶりを振り返ると、まさに死闘の連続だった。
グループFに入った韓国は初戦のポルトガルに0-1で敗れたが、2戦目の南アフリカに1-0で勝利。3戦目はグループリーグ突破を掛けて、強豪アルゼンチンと戦い2-0で退けて、グループ2位で決勝トーナメントに進出した。
決勝トーナメントの相手は日本。アジアのプライドを掛けたライバル同士の対戦では、韓国が1-0で日本に勝利してベスト8へ。
準々決勝で韓国はセネガルを相手に死闘が繰り広げられた。セネガルに1-2でリードされ、そのまま試合終了かと思われた90分のアディショナルタイムにCKから劇的な同点弾。
さらに延長戦では3-2でリードしたが、後半アディショナルタイムにセネガルに決められて3-3。勝負はPK戦にゆだねられ、3-2で勝利した韓国が準決勝に進出した。
この試合ではVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定が7回もあり、途中何度も試合が中断したが、韓国の選手の冷静な対処が光った試合でもあった。
準決勝は前述の通り、1-0で韓国がエクアドルを下した。
韓国にとってはFIFAが主管する大会で初の決勝戦進出。大会前に韓国のサッカー担当記者に話を聞いたときはこんな見解だった。
「正直、期待しすぎるのは早い。今回招集された欧州組でさえもクラブでは主力ではない。試合を見守る必要がある」
それが、ふたを開けてみれば驚くべき結果が待っていたわけだ。
バイエルンのチョン・ウヨンが抜けたが…
開幕前からその予兆はあったのかもしれない。
一つは、欧州組を最大限に招集したことだ。大韓サッカー協会(KFA)が発表した21人のうち、5人が欧州のクラブに所属する選手だった。
GKチェ・ミンス(ハンブルガーSV)、DFキム・ヒョヌ(ディナモ・ザグレブ)、MFキム・ジョンミン(FCリーフェリング)、MFイ・ガンイン(バレンシア)、FWチョン・ウヨン(バイエルン・ミュンヘン)がメンバー入りした。
しかし、バイエルンのチョン・ウヨンが大会前にチーム側から招集を見送られため、これが「大きな戦力ダウン」と見られていた。
チョン・ウヨンはリザーブチームで今季13ゴールを挙げており、昨年のUEFAチャンピオンズリーグでもトップチームにデビューするなど、実力が認められていたからだ。
重圧はねのけたイ・ガンイン
そんな彼を抜けた穴を埋めるかのように、18歳の“神童”イ・ガンインが背番号10を背負い、チームを引っ張った。
彼の実績を見ると、期待されて当然だ。10歳のときにバレンシアのカンテラに入団。順調に成長して、16歳のときにプロ契約。今年1月にリーガデビューを果たすと、2月にはヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32の第2レグ・セルティック戦にも出場した。
続きはこちらで↓
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimmyungwook/20190615-00129856/

続きを読む

【リオ五輪】ナイジェリア、不手際で三たび飛行機逃す失態・・・日本戦前日にブラジル到着へ!

リオデジャネイロ・オリンピックに出場するナイジェリア代表チームは、またしてもブラジルへ飛び立つことができなかったようだ。3日、ナイジェリアメディア『Wolexis.com』が報じた。
五輪ナイジェリア代表チームは、大会本番に向けて7月末からアメリカ・ジョージア州のアトランタでトレーニングキャンプを行っていた。8月4日(日本時間)にはグループステージ初戦で日本代表と対戦するが、チームはトラブルによってアメリカで立ち往生しているという。当初の予定では7月29日にブラジルへ出発する予定だったが、不手際によってチケットを手配できず、出発を8月1日に延期していた。しかし、1日のチケットを取ることができなかったために2日の便へ変更したことが報じられていたが、再度チケットを入手できず、出発を三たび先延ばしすることになってしまったようだ。
これを受けてチームはチャーター便を手配することに決め、直接アトランタから試合会場のマナウスまで向かうという。アトランタからマナウスまでは8時間を要するため、チームは前日に現地入りすることになる。選手やスタッフは度重なるトラブルによってフラストレーションを溜めているが、これに加えて現地との時差にも苦しめられることになる。
なお、ナイジェリアメディア『Sports Day』によると、ノルウェーのハウゲスンでプレーするDFウィリアム・トルースト・エコンは、クラブから直接チームへ合流することになっていたため、スケジュール通りにブラジルへ到着。遅れて現地入りするはずが、結果的に一番乗りでマナウスへ着いた模様だ。また、トルコのオスマンルスポルに所属するFWアミヌ・ウマルはヨーロッパリーグ(EL)3次予選のノーメ・カリュ戦に出場する見込みなため、日本戦は欠場するという。
今回のトラブルの責任は同国スポーツ省とナイジェリアオリンピック委員会(NOC)にあるが、スポーツ大臣のソロモン・ダラング氏はオリンピックのプログラムを把握していなかったと伝えられている。

http://news.mynavi.jp/news/2016/08/03/374/

続きを読む

久保建英が自身のレアル移籍についてコメント!「大会に集中したいので・・・」


スペイン1部の名門レアル・マドリードへの完全移籍が決まった日本代表MF久保建英(18)が、参加している南米選手権(コパ・アメリカ)に集中する姿勢を強調した。移籍発表後、現地での練習後に初めて取材に対応。日本人史上初となるビッグクラブ挑戦を控える中、あくまで大会初戦のチリ戦(日本時間18日)での勝利に全力を注ぐことを誓った。
現地時間13日夜。Rマドリード移籍という、日本サッカー史に残る久保の海外挑戦が発表された。一夜明けたこの日の練習では冒頭約15分が公開され、18歳はいつもと変わらずリラックスした表情も見せながらランニングやボール回しで汗を流した。練習後には発表後初めて取材に対応し、始めに一言「大会に集中したいので、大会の間は大会のことだけでお願いします」。移籍についての言及を避けた。
発表を受けて訪れたスペインメディアにはスペイン語で対応。「日本のメッシ」と呼ばれていることについて聞かれ「誇りに思うが、自分はそのレベルではない」と答えた。またスペイン紙マルカの取材には「(移籍が決まって)うれしいし幸せだが、落ち着いている。日常の1日」とした。
各国から集まる注目を、力に変える。「いいニュースは2倍、3倍に大きくなっていくし、つまずいたら悪くも取り上げられる。こうなったら、いいニュースを届けられたら。自信がないわけではないので」。バルセロナから帰国した15歳の頃から、期待を背負ってきた。Rマドリードが認めた逸材は今、重圧を受け止める器量を備えている。
今大会については「W杯と同じ強度、親善試合とはレベルが違うと勝手に思っている」。南米勢が最高の権威として奪い合うタイトルの重さを感じている。初戦の相手は大会を連覇しているチリだ。「軽く見られている印象がある。むしろ初戦がチャンス」と、相手の油断も勝ち点3につなげる好材料と考える。
東京オリンピック(五輪)世代を中心にしたメンバー構成で臨む日本。「余裕がなく、優勢になる時間は少なくなると思う」と、厳しい戦いを強いられる覚悟はある。一方で「言い訳にはしたくない」とも言い切った。「ピッチでただ90分を過ごすのはもったいない。どこまで自分のプレーを出せるかだと思う」。最高峰といえる公式戦の舞台に、気負うことなく立つ。
6/15(土) 11:21配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-06150214-nksports-socc

続きを読む

「なでしこのボール回しがすごすぎ!手に負えない!」byスコットランド代表・カー監督


(14日、サッカー女子W杯1次リーグD組第2戦 日本2―1スコットランド)
敗れたスコットランドのミシェル・カー監督は、日本の連動性に脱帽した。
ボール回しを封じようと、序盤からパワープレーを仕掛けていく作戦だったが、「うまくできなかった。特に最初の10分間は、日本のボール回しがすごすぎて手に負えなかった」。日本のパス交換が予想以上に速く、スコットランドの選手がボールを奪おうと日本選手に詰め寄っても、体格の差やパワーを有利にいかせる間合いに近寄らせてもらえなかったという。
世界ランキングで7位の日本に対し、スコットランドは20位。その差を痛感し、「日本にはワールドクラスの選手がそろっている」とたたえた。
一方で、シュートがゴールポストに嫌われるなどして、監督は「不運だった」とも嘆いた。特に後半39分過ぎ、日本選手の手にボールが当たったようにも見えた場面に触れ、「PKをもらえるべきだった。(得点になれば)試合の結果は変わっていたかもしれない」と悔しがった。
6/15(土) 8:09配信 朝日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00000008-asahi-spo

続きを読む