本田

「Jリーグは戦術的に成熟していない・・・日本の若手は海外に行くべき」by本田圭佑


サンフレッチェ広島 2-1 メルボルン・ビクトリー ACL第2節】
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループリーグF組第2節の試合が12日に行われ、サンフレッチェ広島がオーストラリアのメルボルン・ビクトリーとホームで対戦した。
メルボルンに所属する元日本代表MF本田圭佑は、2008年に海外移籍して以来初となるJリーグチームとの対戦。キャプテンマークを巻いて中盤右サイドで先発出場し、約11年ぶりにクラブチームの試合で日本のピッチに立った。
本田は1点をリードされた71分、ルーの折り返しのクロスを左足で合わせ、同点ゴールをマーク。その後、広島に追加点を許し、試合には敗れたが、日本での凱旋で見せ場を作った。
試合後、本田はJリーグについて
「これだけを見ても全部はわからない。最近はイニエスタがきたんでたまにヴィッセル(神戸)の試合見るが、やっぱり
俺がいたときからあまりスタイルは変わっていない。相手の嫌なことをするディフェンスとか、戦術的に成熟していない印象が強い

と苦言を呈した。
さらに畳み掛けるように
「なんて表現したらいいか……、どのチームもとりあえずはつなぎたいというのはわかる。攻撃はいいけど、
ディフェンスで色を出すチームがあってもいい。そうすると、たぶん攻撃でやりたいことができない可能性がある。でもそこ挑戦しないと一歩二歩違う次元の選手にはなっていけない
と持論を展開。
そして、選手として成長するためには
「Jリーグにいるとなかなか難しいので、海外に行けと言っている。まだJリーグに居座るのは早いと思いますけどね、日本の若手の話ね」
と自身と同じように海外への挑戦の大切さを説いた。
また、本田はかねてより2020年東京五輪の出場を目標にすることを公言している。五輪については
「怪我なくやれれば絶対に出られると思っている。それだけじゃなくメダルを取りにいけるプロジェクトで動いていける」
と自信を見せた。
本田はいつも通り自信満々だったが、この試合に勝利したのは広島で、メルボルンはACL2連敗。五輪に出場するには、欧州の海外組と比較しても遜色ないほど圧倒的な結果を出す必要があるが、現状ではそこまで至っていない。
東京五輪開幕まで500日を切った。3枠しかないオーバーエイジに入り込むのは簡単ではない。
3/12(火) 22:39配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190312-00312982-footballc-socc

続きを読む

「まずAFCのルールを変えたほうがいい」by本田圭佑


12日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)サンフレッチェ広島対メルボルン・ビクトリー戦。
メルボルンの主将としてスタメン出場したMF本田圭佑。試合は広島に1-2で敗れたが、随所に見せ場を作り、攻撃の起点となった。
後半26分には右サイドからDFストーム・ルーが折り返したクロスに、中央に走り込できた本田がスライディングシュートで同点ゴールを決め、久しぶりの日本で躍動した。
この日、広島はチケットが完売したと発表。このニュースは“本田効果”も相まって、ある程度、予想されていたかもしれない。
ただ、ホームスタジアムの「エディオンスタジアム広島」に足を運んでみると、異様な光景が目に飛び込んできた。
スタンドの空席が目立っていたのだ。そもそも、同競技場の最大収容人数は約3万5000人だが、この日、集まった観客は8968人。
何も知らない人の中には「なぜそんなに少ないの?」と感じる人がいてもおかしくはないだろう。
「背もたれの座席が必要」のAFC規定
結論から言えば、“完売”したのはアジアサッカー連盟(AFC)の規定に沿って販売した席ということだ。
では、そのAFCの規定とは一体なんなのか。
もっとも分かりやすいのが、ACLの試合では「背もたれがないシートは使用できない」と定められていることだ。
エディオンスタジアム広島は今季、長椅子形式のシートから“背もたれ”のある新しい座席に一部、改修しているのだが、その部分のチケットが完売した。
ただ、ゴール裏や上層席は長椅子なので、AFCの規定に沿って開放されなかった。空席が目立ったのはそれが理由だ。
久しぶりの日本での試合を楽しみにしていた本田が、この光景に気づかないはずがない。
「満員でないスタジアムに違和感」
試合後、本田はこのことについて自身を見解についてこう語った。
「日本に来ているのに、スタジアムが満員じゃなかったのは、違和感しかありません。まずAFCのルールを変えたほうがいい」
用意された座席分がすべて完売したことについては、本田も知っていた。そのうえでこう持論を展開しはじめた。
「やっぱり空いているスペースがもったいないですよ。広島はプロ野球のカープが人気があるって聞きました。サンフレッチェもいいサッカーをしているのに、今日みたいな日は、もっとたくさんの人が応援してもいいんじゃないかなと思います」
本田はベンチシートでも、見たい人たちがいるなら、もっと観客を入れるべきだという考えだ。
次の話題は東京五輪か
確かにこの日、Jリーグと違う限定数の座席のため、チケット完売が早く、当日券は販売されていなかった。
広島のサポーターやファンだけでなく、本田を一目見てみたいとスタジアムに足を運んだ人、運んでみようと思った人もいたに違いない。
そんな人たちの足を遠ざけてしまうような形にもなりかねないAFCの規定と観客の少なさに敏感に反応していた本田。
日本に凱旋してから感じることがたくさんあったのだろうか、口数も多かったように思う。
気づいたことをたくさん口にして問題提起し、足跡を残していった。それに、最後はゴールという結果を残して日本を去った。
次は2020年東京五輪でオーバーエイジ枠での出場を本気で狙っているが、まだまだ話題が尽きることはなさそうだ。
3/13(水) 7:00
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimmyungwook/20190313-00118013/

続きを読む

本田が言う個の能力とは?“スピードのない10番“はもう2列目で生き残れない!?

スピードあるスソ見て何思う
これまでミランに所属する日本代表MF本田圭佑は、事あるごとに個の力が重要だと主張してきた。
確かに日本と世界の強豪国では個の能力に大きな差があり、その差を組織力だけで埋めるのは無理がある。
そして現在個の力の差を1番痛感しているのが本田自身ではないか。
本田はミランで出場機会を失っており、昨季まで守ってきた右サイドのポジションを22歳のスソに奪われてしまっている。
しかもそれは指揮官の戦術的理由によるものだけではなく、スピード、1対1の強さなどスソとの個の能力の差が主な理由となっている。
本田には相手DFを振り切るだけのスピードがなく、1対1の場面で違いを生むことができない。
守備面などはスソの方が多少雑かもしれないが、それでも指揮官のモンテッラがスソに期待をかけるのも無理はない。スソには1人でフィニッシュまで持ち込む能力がある。
そして本田のようにスピードのない司令塔、2列目の選手が近年のサッカー界では非常に苦労している。
少々レベルは異なるが、レアル・マドリードのハメス・ロドリゲス、インテルのステファン・ヨヴェティッチらもそれに該当すると言えるのではないか。
彼らには1人で局面を打開するだけのスピードがなく、チームによっては彼らを上手く活かすことができない。
現代の10番の多くはチェルシーのエデン・アザール、バルセロナのネイマールといったようにスピードを備えており、1人で違いを作れてしまう。
最近はスピードを失ってしまったマンチェスター・ユナイテッドFWウェイン・ルーニーが中盤深くまで下がってボールに触るシーンが多く見られるが、スピードのない10番はポジションを下げざるをえない。
しかし、本田はポジションを下げることを好んでいない。本田をボランチで起用しようとする指揮官もいたが、本田はあくまで前線で勝負したいとの考えを抱いている。
そこで若いスソとの差を痛感することになっているわけだが、本田はこれをどう捉えているのか。
本田はトップ下からサイドにポジションを移し、余計にスピード不足が目立つようになった。
相手DFとしては縦に突破される可能性が限りなく少ないため、相対した時に怖くない。
本田を中心にチームを作ってくれるならまだしも、現在のミランで本田がサイドから違いを作り出すのは難しいだろう。
先日のワールドカップアジア最終予選のタイ代表戦でも、スピードのある原口元気が攻守に奮闘し、
やはりサイドの選手には最低限のスピードが欲しい。今回の代表2連戦で本田のパフォーマンスが最高だったと感じた人は少ないはずだ。
チェルシーのセスク・ファブレガス、バイエルンのシャビ・アロンソなどスピードのない司令塔はたいてい中盤深くでプレイしており、
現代サッカーにおいて本田のようなスピードのない10番は使い方が非常に難しい。
最近の本田は個の能力の差を痛感する機会が増えているはずだが、本田は今後ミランと日本代表で何の能力を強みに戦っていくのだろうか。

theWORLD(ザ・ワールド) 9月11日(日)17時50分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160911-00010025-theworld-socc

続きを読む

【本田タッチ集!】本田圭佑、「美しい」絶妙アシスト!連敗ストップ!


本田圭佑、「美しい」絶妙アシストで勝利に貢献 メルボルン・V、公式戦連敗「3」でストップ
第22節ブリスベン・ロアー戦、先発した本田のスルーパスから先制ゴール
オーストラリア1部メルボルン・ビクトリーの元日本代表MF本田圭佑は、16日の第22節ブリスベン・ロアー戦に先発出場し、前半24分に4人の間を狙った絶妙なスルーパスを通して先制ゴールをアシスト。チームも2-1と勝利し、公式戦連敗を「3」でストップさせた。
本田は12日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ第2節のサンフレッチェ広島戦に出場。本田にとって初の国内凱旋試合となったなか、前半3分に被弾するも、後半26分にスライディングシュートを叩き込んで1-1に追いついた。しかし終盤に決勝弾を決められて1-2と惜敗している。
リーグ第21節ニューカッスル・ジェッツ戦(0-2)、ACL開幕戦・大邱FC戦(1-3)に続き公式戦3連敗を喫していたメルボルン・Vだが、ブリスベン・ロアー戦で底力を見せつけた。その原動力となったのが本田だ。
スタメンに名を連ねた本田は前半24分、敵陣中央でボールを受けると前を向いて左足を振り抜く。本田の前方には2人の相手が立つなか、相手最終ラインの間に走り込んだFWコスタ・バルバルセスにスルーパスを供給。4人の間を射抜くパスから最後はバルバルセスが流し込み、メルボルン・Vが先制に成功した。リーグ公式やクラブ公式ツイッターがすぐさまゴール映像を投稿。返信欄では「美しい」と称賛の声が上がっていた。
さらに同39分にバルバルセスが追加点を奪ってメルボルン・Vがリードを広げ、前半を2-0で折り返す。後半早々の5分に被弾して1点差に詰め寄られたが、そのまま逃げ切ったメルボルン・Vが2-1と勝利した。
負傷でリーグ戦9試合連続欠場など一時戦線から離脱していた本田だが、この日1アシストで貢献。リーグ戦13試合出場で6ゴール5アシストと結果を残すなか、日本人アタッカーの復調とともにチームも連敗を止めた。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190316-00176731-soccermzw-socc

続きを読む

【ACL試合結果!】本田圭佑、ラストマッチを勝利で飾れず…


今季限りでのメルボルン・ビクトリー退団が決まった元日本代表MF本田圭佑が、自身にとって現クラブでのラストゲームとなるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ最終節サンフレッチェ広島戦に先発出場。試合は3-1で広島が勝利した一方で、本田は決定機を創出するなど存在感を発揮した
クラブ公式サイトを通じて今季限りでメルボルンを去ることを明かした本田。前日の会見ではJリーグへの復帰を否定するなど、海外でのプレーを目指す本田にとってのオーストラリアでのラストゲームはすでにグループステージ首位突破の決まっている広島との対戦となった。本田は4-4-2の右サイドハーフでキックオフの笛を聞いた。
試合が動いたのは前半5分、広島がスコアを動かす。右CKをMF松本大弥がニアサイドですらすと、ファーサイドでフリーとなったMF松本泰志が頭で押し込み先制点をゲット。1-0と広島がリードを奪った。
広島が先手を取った状況で、本田は前半20分から1分以上にかけてメルボルンがボールポゼッションした際に、パスの出し入れをして積極的に絡んでいくなど、攻撃のリズムを作ろうと模索した。同26分にはカウンターからボールを素早く持ち運んだ本田がトイボネンに絶妙のスルーパスを通したが、トイボネンがGK林卓人との1対1を枠外に外してしまい、決定機を逃した。
後半に入ると20分には自陣のコーナーキックを拾った本田がドリブルで持ち運び、カウンターの起点になるなど必死のプレーを見せた。メルボルンもそれに応える。後半25分にゴールやや左正面25メートルの位置で得た直接FKで、本田とトイボネンのプレースキッカーに立つなかで、トイボネンが右足を一閃。そのシュートがゴール左隅に突き刺さり、1-1の同点となった。
このゴールで目が覚めたのは広島。後半28分、MF野津田岳人のドリブルを起点にゴール正面に入り込むと、最後はFW皆川佑介が右足で鮮やかに流し込む。その2分後にはMF森島司が鮮やかなミドルシュートを叩き込み、一気に3-1と突き放した。
試合はこのままタイムアップ。本田は見せ場を作ったものの得点には絡めずオーストラリアでの戦いを終えた。一方、J1リーグ戦で5連敗と苦しむ広島は、若手選手たちが苦境のなかで救世主となりうることをアピールしたと言えるだろう。
5/22(水) 20:48配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190522-00190725-soccermzw-socc

続きを読む

「本田圭佑はACL・広島戦がクラブ最後の試合。新天地での成功を祈っています!byメルボルン・ビクトリー


Football ZONE web
本拠地ACL広島戦で本田は先発予定、クラブが発信「新天地での成功を祈っています」
今季限りでオーストラリア1部メルボルン・ビクトリー退団を明言していた元日本代表MF本田圭佑だが、21日にクラブから退団が正式発表された。公式サイトで「明日夜、ケイスケ・ホンダはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のサンフレッチェ広島戦でクラブ最後の試合をする」と表明。本田は先発が予定されているという。
メルボルン・Vは22日、ACLグループステージ第6節で広島と対戦する。この本拠地での一戦が本田にとってラストマッチになるとクラブが発表した。メルボルン・VのCEOを務めるトレント・ジェイコブス氏は「彼はピッチ上での素晴らしい才能を持っている」と評した一方、「この1年間の貢献をケイスケに感謝し、彼の最善の将来を祈っている」とエールを送っている。
昨夏のロシア・ワールドカップ後に加入した本田は、前半戦で8試合5ゴール3アシストと圧巻のパフォーマンスを披露。チームはファイナルステージに進出したが準決勝でシドニーFCに1-6と敗れた。本田は今季リーグ戦18試合7ゴール5アシストの結果を残していた。
クラブ公式ツイッターでも本田の写真を投稿。「ありがとう、新天地での成功を祈っています!」とメッセージを発信している。
ラストマッチとなる広島戦でファンに勝利を届けられるか。クラブは「すべてのファンがホンダに別れを告げる」と記しており、そのパフォーマンスに注目が集まる。(Football ZONE web編集部)
http://news.livedoor.com/article/detail/16491263/

続きを読む