柴崎

3月シリーズの日本代表の予想フォメ!

■予想布陣

森保一監督率いる日本代表は14日、3月シリーズのメンバー23人を発表した。ロシア・ワールドカップ(W杯)の未招集組、A代表初選出4人などアジアカップのメンバーから大量13人が入れ替わったなか、森保監督は22日のコロンビア戦(日産スタジアム)、26日のボリビア戦(ノエビアスタジアム神戸)でどのようなメンバーを起用するのか。
最大のポイントは、ロシアW杯以降では初招集となったMF香川真司(ベジクタシュ)だ。長年、日本代表の10番を背負い、トップ下として君臨してきたが、昨年9月にスタートした森保体制ではMF南野拓実(ザルツブルク)がレギュラーを担い、11試合で5得点と結果を残してきた。よりゴールに近い位置でプレーし、時にフィニッシャー役が求められる点で、香川に不安はない。ベジクタシュ移籍後、5試合で3ゴールを挙げるなど状態が上がっていることも踏まえれば、指揮官は「トップ下・香川」の可能性を探るはずだ。
ロシアW杯からエースを務めてきたFW大迫勇也(ブレーメン)が不在のFWは、「得点を期待」(森保監督)してリオデジャネイロ五輪世代の鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)と鎌田大地(シント=トロイデン)が初選出された。今季ベルギーリーグで5位タイの12ゴールと点取り屋として覚醒している鎌田だが、純粋なストライカーではなく、起用されるとすればトップ下か。鈴木の1トップを試すとともに、南野を最前線に置いて香川とコンビを組ませるといった新たなオプションを追求するかもしれない。
2列目ではアジアカップを怪我で辞退したMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)が復帰。MF堂安律(フローニンゲン)との両サイドアタックは森保ジャパンの重要な攻撃パターンになっており、森保体制で初選出のMF宇佐美貴史(デュッセルドルフ)、所属クラブで2試合連続ゴール中のMF乾貴士(アラベス)がいるなかでも、序列的に2人の優位性は変わらないだろう。
ボランチは柴崎の“相棒”の座を山口と守田が争う構図か
ボランチは、アジアカップで主力だったMF遠藤航(シント=トロイデン)がいない。代役候補の一人がMF山口蛍(ヴィッセル神戸)で、森保体制初陣となった昨年の9月シリーズは怪我で招集を辞退したが、ボール奪取能力にはかねてから定評があり、今季移籍した神戸では巧みなロングフィードやキーパスなど、攻撃面でも存在感を発揮している。負傷でアジアカップに参戦できなかったものの、昨年の親善試合2試合に出場したMF守田英正(川崎フロンターレ)とポジションを争うことになりそうだ。
もう一人の司令塔タイプは、アジアカップでも主力を務めたMF柴崎岳(ヘタフェ)を軸に、2017年10月以来の代表復帰となったMF小林祐希(ヘーレンフェーン)が挑む形になりそうだ。
守備陣では“新顔”が5人いるが、注目はDF西大伍(神戸)、DF昌子源(トゥールーズ)、GK中村航輔(柏レイソル)だろう。
DF吉田麻也(サウサンプトン)不在のセンターバックは、順当にいけばロシアW杯に出場した昌子とアジアカップで急成長を遂げたDF冨安健洋(シント=トロイデン)のコンビが有力。神戸で元スペイン代表FWダビド・ビジャや同MFアンドレス・イニエスタ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの“VIPトリオ”と共闘している西が、久々の代表でどんな風を吹かせるのかも興味深い。一方、中村は昨季シーズン中に2度の脳震とうに見舞われ、森保体制では招集されてこなかったが、セービング能力は折り紙付き。今回、初陣以降初めてGK3人の顔ぶれが変わったこともあり、2022年のカタールW杯も見据えれば期待値は高い存在だ。
「チームのレベルアップ」を目指す3月シリーズは、森保ジャパンの今後進むべき道のヒントとなる重要な2連戦となりそうだ。
2019.03.14フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/176278

続きを読む

テネリフェ柴崎岳、スペイン1部へ個人昇格の可能性!


リーガエスパニョーラ1部昇格プレーオフ決勝でヘタフェに敗れたテネリフェだが、MF柴崎岳は1部に“個人昇格”するのかもしれない。
スペイン『GOLディヒタル』によれば、リーガ1部のベティスが日本人MFを補強候補に含めているという。
『GOLディヒタル』曰く、今夏にフリーで獲得できる選手を探していたベティスは柴崎に目をつけ、テネリフェとヘタフェのプレーオフ決勝の行方を見守っていたとのこと。同メディアは、最終的にテネリフェが敗れたことで、ベティスが「6月30日で(テネリフェとの)契約が切れる彼の獲得に動ける」と報じている。
『GOLディヒタル』はまた、柴崎のテネリフェでの軌跡について「スペインへの適応に苦労こそしたが、最後の数週間はそのレベルを示した」と記載。「彼が2部で続けることは現実的にあり得ず、ベティスはリーガ1部へと飛躍するための興味深い選択肢になるだろう」と記事を締めている。
なおベティスを率いるのは、柴崎獲得の噂があったラス・パルマスを昨季まで指揮していたキケ・セティエン監督だ。
goal.com 6/26(月) 9:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170626-00010005-soccermzw-socc

続きを読む

柴崎岳がヘタフェに残留したらベンチ要因!?監督が柴崎に望むモノは・・・


ヘタフェのホセ・ボルダラス監督が、今季に十分な出場機会を与えられなかった日本代表MF柴崎岳について語っている。
18日にリーガ・エスパニョーラ最終節、ホームでのビジャレアル戦を2-2のドローで終えて、クラブ史上最高記録となるヨーロッパリーグ出場圏5位でシーズンを終えたヘタフェ。
この試合で後半途中からピッチに立った柴崎は、今季リーガの出場は7試合(フル出場2試合、先発出場で途中交代が3試合、途中出場2試合)にとどまった。
ビジャレアル戦後、記者会見に出席したボルダラス監督は今季の柴崎について、あまり多くの出場機会を与えられなかったことを認めながら、
腐ることなく練習に励み続けた同選手の姿勢を評価している。
「最初に言いたいのは、私たちがガクの振る舞いとプロ意識に満足しているということ。
確かに、今季は昨季よりも出番が少なかった。
しかし彼の振る舞いはいつだって模範的だったし、私たちはそこに満足している。
全選手が望むような出場時間を得られるわけではないし、その最終的な決定は監督である私が下す。しかし、私たちは彼に満足しているんだ」
その一方で、来季も柴崎がヘタフェに残った場合に望むこととして、「健康」であることを挙げている。
「未来について、私たちが求めるのは健康であることと、努力し続けることだ。私たちは世界最高のリーグで練習に励めることを歓迎している。
とにかく、まずは健康を望み、その後の仕事については私たちが請け負うことになる」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00010009-goal-socc
5/19(日) 7:44配信
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/920087
成績

続きを読む

【画像】テネリフェ柴崎、ゴーカートを楽しむ・・・


昇格“レース”に打ち勝て!?テネリフェ柴崎がゴーカートで同僚と仁義なき戦い
ゲキサカ 3/9(木) 23:04配信
MF柴崎岳が所属するスペイン2部のテネリフェは8日、レクリエーションの一環として屋内サーキットを訪れ、ゴーカートでレースを楽しんだ。
クラブ公式サイトが伝えている。
この日のテネリフェの選手たちが向かったのは、練習場ではなく屋内サーキットだった。
使う道具もボールやスパイクではなく、ゴーカートとヘルメット。クラブによると、レクリエーションとして用意された活動だったようで、選手たちはサッカーを忘れてレースに夢中になった。
スペイン『エル・ドルサル』では、柴崎が仲間と競い合う様子をツイッターに投稿。
チームを操作するゲームメイク術と同様(?)に、冷静かつ丁寧な操縦術を見せている。
キャプテンのMFスソ・サンタナは「非常にポジティブな活動だ。これは団結するのに役立つんだよ」とコメント。
クラブの公式インスタグラムでは「テネリフェ・ファミリー」と題して選手やスタッフの集合写真を掲載し、「フィールドとサッカーを離れて素晴らしい時間を過ごしました」とファンに伝えている。
テネリフェは現在、スペイン2部の第28節終了時点で昇格プレーオフ圏内の3位。
自動昇格圏内の2位とは勝ち点10差だが、残りの試合数が14あると考えると、十分に射程圏内だ。 12日には昇格を争う6位のヘタフェと敵地で対戦。
なお、スペイン『エル・ドルサル』では柴崎が今節にメンバー入りするのではないかと報じている。
http://headlines.yahoo.09-01637600-gekisaka-socc

続きを読む

柴崎岳をスペイン・メディアが称賛!「決勝進出の立役者はこの試合唯一のゴールを挙げた日本人プレーヤー」

すっかりチームの“顔”のひとりに。

柴崎岳の値千金弾と献身的なプレーを、スペイン・メディアが称えた。
6月18日、リーガ・エスパニョーラ2部の昇格プレーオフ準決勝、テネリフェ対カディスの第2レグが行なわれた。
ホームの声援を背に攻勢を仕掛けたテネリフェだったが、カディスの粘り強い守備に手を焼き、なかなか得点を奪えない。そんななか、殊勲のゴールを決めたのが“GAKU”だ。
34分、右サイドから放ったスソのクロスがこぼれ、ゴール前に走り込んでいた柴崎が難なく決め、2戦合計のスコアを1-1とした。
その後は両チームとも決め手を欠き、延長戦でも決着が付かずタイムアップ。規定により、
レギュラーシーズンでの順位が上のテネリフェがプレーオフ決勝進出を果たした。まさに柴崎の同点弾は値千金となったのだ。
全国紙『MARCA』は「決勝進出の立役者はこの試合唯一のゴールを挙げた日本人プレーヤーと、二度のビッグセーブを見せた守護神ダニ・エルナンデス」だと紹介。
激賞したのが地元ウェブサイトの『deporpress.com』で、「GAKUが存在感を示した。いまやすっかりスペインのフットボールを体現する男だ。
前半にスソの素晴らしい突破から得たチャンスで、慌てることなく冷静に蹴り込んだ。大きな仕事をやってのけた」と報じた。
さらに『Republica』紙は「もっとも躍動していたのは柴崎。攻守両面で献身的なプレーが光り、なにより貴重なゴールを決めた。
ゴールキーパーのダニ・エルナンデスとともに称えられて然るべきだ」と記した。
シーズン最終盤にグッと声価を高め、ここにきてチームの“顔”のひとりとして取り扱われるまでになった。“GAKU”への注目度は増す一方だ。
プレーオフ決勝の相手はヘタフェに決まった。第1レグが6月21日、第2レグは同24日に開催される。
6/19(月) 7:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170619-00026981-sdigestw-socc

MARCA Shibasaki mete al Tenerife en la final doblegando a un gran Cadiz
http://www.marca.com/futbol/segunda-division/2017/06/18/5946e2d5268e3ee64d8b4693.html

続きを読む

「今の日本代表にはリーダーがいない・・・」by柴崎岳


日本代表MF柴崎岳は、新戦力に積極的に経験を伝える役割を担っていきたいと語った。
22日のコロンビア戦では0-1で敗れた森保ジャパン。3月ラウンド最後の一戦は、26日にノエビアスタジアム神戸でボリビア代表と対戦する。
柴崎はコロンビア戦と大きく変わるテーマはないとコメント。メンバーの底上げや戦術の浸透を意識しながらも結果を求めたいと語った。
「テーマ的に大きく変わる部分はないと思います。しっかり継続して、もちろん新戦力もいますし、色々なメンバーの底上げだったり。テストマッチですので色々試すこともあるでしょうし、それでもチームとして戦うところも結果を求めながらやることをやれればと思います」
「ミーティングでも反省点も踏まえてしっかりやれましたし、戦術的なところだったり、チームのコンセプト的な部分はもっとこうしようという話し合いはできています。劇的に大きく変わることはないと思いますけど、徐々にしっかりと修正もそうですし、チームとしての戦術の浸透をやっていこうかなと」
コロンビア戦では、A代表で初めてキャプテンマークを巻いた柴崎。今回の招集メンバーでは香川真司や乾貴士らとともに、ロシア・ワールドカップを経験した数少ないメンバーの1人である。これまで多くの経験を積んできた26歳MFは、「リーダー的な存在がなかなかいない」としつつ、多くの先輩を見てきた自分が新しいメンバーに伝える役割も担っていきたいと語っている。
「リーダー的な引っ張ってきている存在というのは、今回は中々いない。色々なことを経験したりとか、そういう先輩たちの姿を見てきている自分からすると、そういった部分も多少はチームに求めていかなきゃいけないかなとは思います。ちょっとチーム内でもピリッとした雰囲気も今回はあるので、あまり何か足りないところだったりとか、もしくは新戦力というか新しく選ばれたメンバーに対してわからなそうなところがあれば、しっかり伝えたりはしていきたいです」
3/24(日) 21:16配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-00010018-goal-socc

続きを読む