柴崎

イニエスタの神戸移籍についてに日本代表のコメント!乾「来年もやりたかった」柴崎「関係ないので・・・」

GAKU△

イニエスタ神戸入りに日本代表ざわめく…乾「見習って」、昌子は公私の「存在感」に興味
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00000143-dal-socc
> スペインで対戦経験のあるMF乾貴士(エイバル)は「人間性も含めてすごいプレーヤー。ぜひチームメートになる神戸の選手も、対戦する日本の選手も見習ってほしい」とその人物像を紹介。具体的なプレー面の特長として「ボールの置き所や前にいくタイミングだったり、あとは戦術的なところも」と話した。その上で、「来年もバルセロナと対戦するときはやりたかった」と漏らした。
「すごいですね。神戸の人はチームメートって言えるんですよ。イニエスタを」と興奮気味に話したのはDF昌子源(鹿島)。「僕らは名前では負けてはいけない立場になるし日本にはこれだけレベルが高いチームがあるというのを知ってほしい」とライバルとして対戦する覚悟を口にする。その上で、「クラブW杯のときにイニエスタが地下鉄に乗って誰1人気付かなかったことがあったけどそういうものかな。三宮とか歩いていて1人も気付きひんもんなのかな。存在感とかピッチで抜群だけど、私生活はほんまに(存在感が)ないのかもしれんし。そういうのも神戸の選手は知れるわけやし、うらやましいですね」と興味津々だった。
同じスペインでプレーするMF柴崎岳(ヘタフェ)は「今はその質問は代表とは関係ないので、コメントは控えさせてもらいます」と話した。
続きを読む

【画像】テネリフェ柴崎岳を支援する女子チームのメンバーが結構美女でナイスバディ!?

テネリフェ女子チームが環境適応に苦しむ柴崎を支援
デイリースポーツ 2/16(木)
サッカースペインの女子1部リーグ、グラナディージャが環境適応に苦しむスペイン2部、テネリフェの日本代表MF柴崎岳(24)に助け舟を出した。セルヒオ・バティスタ会長が同じ島を本拠地にしているテネリフェと柴崎本人に対し全面協力を申し出た。
16日のスペイン紙マルカなどが伝えている。グラナディージャには元U-20日本代表MF堂園彩乃が昨季から所属しており日本人のチーム適応のノウハウを持つ“先輩格”にあたる。
すっかりテネリフェでの生活に馴染んでいる様子の堂園自身は「(柴崎は)偉大なプロ選手だからアドバイスなんてない。テネリフェでの生活は快適で人々は家族のように温かい対応をしてくれる。
ただ1つ言うとすれば時間帯が(日本と)まったく違うことには注意しないといけない」と経験に基づいた助言をしている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00000104-dal-socc
続きを読む

体調不良の原因を「不安障害」と指摘された柴崎岳・・・日本代表マネジャーもテネリフェを訪問


鹿島からスペイン2部テネリフェに移籍し、7日から胃の不調のため離脱しているMF柴崎岳(24)について、クラブは13日、公式サイトに「柴崎の適応過程における新たなステップ」と題する文書を掲載した。
この中で、クラブの医療部門は、柴崎の体調不良の原因について 「不安障害」の可能性を指摘。専門医の診察を受けることになったという。
柴崎は13日午後に、代理人2人とともにセラーノ・スポーツディレクター(SD)らクラブ幹部とミーティングを行い、 「体調を直して復帰し、テネリフェとスペインで成功したい」という強い決意を表したとしている。 その直後には日本代表マネジャーの津村尚樹氏もクラブを訪問し、セラーノSDらと会談を行ったという。
柴崎について、地元メディアは「現地の生活になじめず日本に帰りたがっている」
「現地の食事が合わず体重が6キロ落ちた」などと報道。
代理人、日本代表マネジャーの現地入りは、柴崎を心身ともにサポートするためとみられる。
スポニチアネックス 2/14(火) 15:22配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-00000119-spnannex-socc


Nuevos pasos en el proceso de adaptacion de Gaku Shibasaki
http://www.clubdeportivotenerife.es/noticia/nuevos-pasos-en-el-proceso-de-adaptacion-de-gaku-shibasaki
続きを読む