武藤

「アジアカップ後、状況は思ったよりも深刻だった・・・」by武藤嘉紀


イングランド・プレミアリーグのニューカッスルに所属する日本代表FW武藤嘉紀が地元メディア『クロニクルライブ』の取材に応じた。
同メディアが現地時間の8日に武藤のインタビュー記事を掲載している。
今季からニューカッスルに加入した武藤は開幕から出場機会を重ねていたものの、昨年11月に行われたワトフォード戦で負傷交代。
同12月のリバプール戦で戦列復帰したものの、アジアカップに出場した影響もあり、
今年の1月2日に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦以降の出場がない。
アジアカップから合流後も状況は変わらず。合流後1試合も出場できていない。
厳しい状況に立たされている武藤は、同メディアのインタビューで「アジアカップ後、僕はポジションを奪う自信があった。でも、状況は思ったよりも深刻で、僕がいない間にチームの状態が良くなっていた」と話した。
同メディアによると、先月行われたスペインでのCSKAモスクワとのトレーニングマッチで45分間の出場を果たした武藤は、
試合出場に向け好感触だったと話していたようだ。
だが、結局は現地時間の2日に行われたウェストハムとの一戦ではプレーできていない。そのことに関して武藤は「タフな状況が続いている。
僕はウェストハム戦でプレーできると思ったんだ。だが、できなかった。あの日は不運だった。怪我の影響でプレーすることができなかったんだ」と説明した。
http://news.livedoor.com/article/detail/16129617/
2019年3月8日 17時0分 フットボールチャンネル

続きを読む

武藤嘉紀、2ヶ月半ぶりに試合出場・・・


【ボーンマス 2-2 ニューカッスル プレミアリーグ第31節】
イングランド・プレミアリーグ第31節が現地時間の16日に行われ、FW武藤嘉紀が所属する13位ニューカッスルがアウェイで12位ボーンマスと対戦し、2-2の引き分けとなった。
武藤はベンチスタートとなり、82分に途中出場となっている。
12位ボーンマスとの直接対決となったニューカッスルは前半ATにカウンターからMFミゲル・アルミロンがドリブルで仕掛け相手陣内に侵入。
ペナルティエリア手前の左の位置でFKを獲得。これをFWサロモン・ロンドンが強烈なシュートを突き刺した。前半終盤にニューカッスルが先制した。
これで前半が終了し、1-0でニューカッスルが前半を折り返した。だが、後半開始早々にボーンマスが追いつく。
48分、ファールの判定で奪ったPKをFWジョシュア・キングが決め、ボーンマスが同点に追いついた。
81分、右サイドを崩したボーンマスは、最後MFドミニク・ソランケがマイナスのパスを送ると、キングがペナルティエリア手前からシュート。
これがゴール左に決まり、ボーンマスが終盤に逆転した。
そして、直後の82分にアルミロンに代え、ラファエル・ベニテス監督は武藤を投入する。これで武藤は1月2日のマンチェスター・ユナイテッド戦以来の出場となった。
武藤は前線からプレッシャーをかけ、ボールを奪いに行くが、ゴールを奪うことができなかった。
その後、同点に追いつきたいニューカッスルがラストプレーでチャンスを物にする。94分、DFデアンドレ・イェドリンが右サイドからクロスを供給。
すると、ファーサイドにいたMFマット・リッチーがダイレクトボレー。強烈なシュートがゴール左に決まり、ニューカッスルが土壇場で同点に追いついた。
これでニューカッスルが2-2とし、同点で試合を終えている。ボーンマスは土壇場で勝ち点3を逃した。
【得点者】
45+5分 0-1 サロモン・ロンドン(ニューカッスル)
48分 1-1 ジョシュア・キング(ボーンマス)
81分 2-1 ジョシュア・キング(ボーンマス)
90+4分 2-2 マット・リッチー(ニューカッスル)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190317-00313674-footballc-socc
3/17(日) 2:16配信
https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/gbr/gbr-11154880.html
試合スコア
https://www.nikkansports.com/soccer/world/premier/data/standings/
順位表
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10011868
武藤 成績

続きを読む

日本代表・武藤が本田をdisってると話題に!?「きついから下がろう、ステイしようという選手が誰か一人いると上手くいかない」

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?246976-246976-fl
不慣れな右サイドで躍動した武藤、逆転弾は「3人の意思疎通が完全にできていた」
18/6/13 04:19【日本代表 一覧】

[6.12 国際親善試合 日本4-2パラグアイ インスブルック]
4-2-3-1の右サイドハーフで力強さと躍動感を見せた。日本代表FW武藤嘉紀は所属のマインツで任されている1トップではなく、不慣れな右サイドのポジションで、指揮官の期待に見事に応えた。
「右サイドはやったことがなかったので、難しいところはあったけど、みんなが高い位置からプレスをかけてくれてやりやすかった。やっていて楽しかった」。4-2の逆転勝利。興奮気味に試合を振り返った。
前線からの守備で日本代表の活路を示した。「乾くんも岡ちゃん(岡崎)も(香川)真司くんも、まず自分たちがしっかりプレスしていこうという話をしていた。4人とも体力があって、前から90分間しっかり追える力がある。今日はそれを示すことができたし、勝てたのですごく良かった」
事前の構想どおりではなかったこともプラスに転じさせた。「チームとしては、どちらかというと乾くんのほうでゆっくりいって、そこから逆サイドの僕が裏を狙ったり、そこからペースを上げていくというやり方だったけど、いざ始まると結構右からも攻めることができた。仕掛けるところと簡単にはたくところの質とタイミングが良かった」。
それが形になったのが、1-1で迎えた後半18分の場面だ。右サイドを抜け出した武藤がグラウンダーパスを中央へ供給。香川がワンタッチでコースを変え、最後は乾が勝ち越しゴールを決めた。
「乾くんも見えていたけど、真司くんがスルーしてくれればいいなと思っていたら、触って(コースを変えて)くれた。3人の意思疎通が完全にできていた」。1週間後に控えるW杯初戦のコロンビア戦に向けての手応えを聞かれると、「完全につかみ切れている」ときっぱり言った。
「だれかがきついから下がろうとか、ステイしようとか、そういう考えを持ったり、だれか一人疑問を持っている選手がいるとうまくいかないけど、今日は全員がしっかりできた。戦う、球際にいく、走る、切り替えを素早く。だれ一人欠けることがなかった」
失点についてはもちろん反省するが、「失点以外では相手を圧倒できた」。自信をつかめたことが大きいと強調する。悩ましいのはコロンビア戦にパラグアイ戦と同じメンバーが出るとは限らないことだ。
「今は2つのチームのようになっているけど、組み合わせが変わってうまくいかなかったらもったいない。今日みたいに全員がだれ一人疑問を抱えずに同じ方向を向いてプレーすることが必要」。武藤はあくまで先発の座を狙いながら、チーム全体の意思統一が重要だと訴えた。
(取材・文 矢内由美子)

続きを読む

13試合1得点・・・武藤嘉紀がニューカッスルで苦しむ理由


昨夏約950万ポンドでニューカッスルに加入した武藤嘉紀だが、度重なる負傷とアジアカップ出場もあり、満足な出場機会を得られていない。
ベニテス監督
「明らかに彼にはそれほど時間がなかったが 我々には他にフィットした選手がいたため 武藤が彼らとプレーできないのは残念に思う。
彼はここに来てハードワークし 相手選手を追いかけ、スペースへ走りこんだ それは我々が彼に期待したものだった」
武藤は英語を学んでおり進歩しているがまだ流暢には程遠い。これが武藤の進歩に影響を与えているという。
「彼はチームメイトとお互いを理解するため英語のレッスンを受けており良いコミュニケーションができるようになっている。彼の仕事量や活力について心配している人は誰もいないよ」
しかし、この冬にクラブ最高額の移籍金でアルミロンが加入したことで
武藤の序列はさらに下がった。
「彼が周りの選手との理解を深めていることは知っているが、アルミロンとの競争は続けなければならないね」
http://news.livedoor.com/article/detail/16238914/
2019年3月30日 5時15分 Sportiva
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10011868
成績

続きを読む

武藤嘉紀、思わずため息・・・「『何でかな』という疑問もあります」


「非常に悔しいです」
ニューカッスル・ユナイテッドのFW武藤嘉紀は、思わずため息を漏らした。
4月27日に行なわれたブライトン対ニューカッスルのプレミアリーグ第36節で、武藤は6試合連続となるベンチスタートを命じられた。
前半33分、その日本代表FWに出番のチャンスがまわってきた。
開始14分の時点で、FWアジョセ・ペレスが負傷。痛みを抱えながらプレーしていたが、33分に交代となった。
武藤は14分からウォームアップを開始。
ペレスの代わりに投入されると思われたが、ラファエル・ベニテス監督が声をかけたのは、武藤とともにアップを始めていたMFケネディだった。
試合後、「前半にペレスが負傷してチャンスが早めにくるかと思ったが」と記者から質問されると、武藤は短くため息をつき、冒頭の言葉を漏らしたのだった。武藤は静かに語る。
「(ため息)もう……、今日はちょっとわかんないですね。やっぱり、あそこでファーストチョイスじゃなかったというのが非常に悔しいです。 『何でかな』という疑問もありますけど、やっぱり監督が決めることなので。とにかく、やっていくしかない」
対戦相手の17位ブライトンは、直近6試合で5敗1分と絶不調。しかも、この6試合はいずれも無得点で、降格の危機に瀕している。
今回のニューカッスル戦でも、前半は攻守両面でまったく噛み合わず、守備陣は寄せもマークも甘かった。 「プレミアリーグは結果がすべて」「結果を残さないと序列は変わらない」と常々口にしている武藤にとって、このタイミングで投入されれば、ネットを揺らす絶好のチャンスだった。
それだけに、失望は大きかったようだ。
「今までやったチームのなかで(ブライトンが)一番、力がないように思えました。だからこそ、みんな試合が終わった後は、すごくフラストレーションが溜まっていたというか。雰囲気も悪かった。 自分としては、アジョセ(・ペレス)がケガしたときに出られれば最高でしたけど(ため息)。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190430-00858690-sportiva-socc
4/30(火) 8:37配信
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/10011868
成績

続きを読む

【ハイライト動画】武藤スタメン!マインツはホッフェンハイムに4失点!?【マインツ×ホッフェンハイムの結果!】


武藤は3試合連続先発も不発…マインツはホッフェンハイムに4失点大敗
SOCCER KING 2/5(日) 1:23配信
ブンデスリーガ第19節が4日に行われ、ホッフェンハイムとFW武藤嘉紀が所属するマインツが対戦した。 武藤は3試合連続でスタメン出場している。
マインツは前節のドルトムント戦を1-1のドローで終え、3試合未勝利が続いている。
上位進出するためにも、今節はなんとか勝利がほしいところだ。新加入のFWボージャン・クルキッチはベンチスタートとなった。
試合は開始早々に動く。5分、ホッフェンハイムのセバスティアン・ルディがハーフウェイライン付近でボールを持つと、前線へロングパスを供給する。
このボールに反応したマルク・ウートがワントラップからゴール左に蹴り込み、ホッフェンハイムが先制に成功した。
リードを許したマインツは武藤らがチャンスを作ったが、決めきることができずに0-1でハーフタイムを迎えた。
マインツは後半に入っても同点弾を目指したが、なかなかゴールを割ることができない。
75分には武藤を下げてボージャンを投入した。
ホッフェンハイムは78分にビッグチャンス。ナディエム・アミリが抜け出したが、ここを決めることができない。 直後の81分、エリア手前右でFKを獲得すると、ケレム・デミルバイが左足で直接狙った。
これがクロスバーを直撃したが、こぼれ球を途中出場のマルコ・テラツィーノが頭で押し込み、リードを2点に広げた。 さらに86分にはアダム・シャライが3点目を決めて試合を決定付けた。
勢いに乗ったホッフェンハイムは後半アディショナルタイム1分に、アミリのクロスからシャライがヘディングシュートを決めてさらにリードを広げた。
このままホッフェンハイムが4-0でマインツを下し、2試合ぶりの白星を挙げた。
なお、武藤は75分まで出場した。
次節、ホッフェンハイムは敵地でヴォルフスブルクと マインツはホームでアウクスブルクと対戦する。
【スコア】
ホッフェンハイム 4-0 マインツ
【得点者】
1-0 5分 マルク・ウート(ホッフェンハイム)
2-0 81分 マルコ・テラツィーノ(ホッフェンハイム)
3-0 86分 アダム・シャライ(ホッフェンハイム)
4-0 90+1分 アダム・シャライ(ホッフェンハイム)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170205-00549319-soccerk-socc
続きを読む