浦和

天皇杯準決勝・試合結果!浦和が3大会ぶりの決勝へ!“みちのくダービー”は仙台に軍配!


天皇杯JFA第98回全日本サッカー選手権大会の準決勝2試合が5日に行われた。
浦和レッズとACL王者・鹿島アントラーズの一戦、27分にCKからマウリシオが打点の高いヘッドを決め、浦和が先制する。このゴールが決勝点となり、浦和が3大会ぶりのファイナルへ駒を進めた。
ベガルタ仙台対モンテディオ山形の“みちのくダービー”は前半だけで3-2と打ち合いの展開に。後半はスコア動かず、そのままタイムアップ。仙台がクラブ史上初の決勝進出を果たした。
この結果、決勝のカードは浦和対仙台に決定。決勝は今月9日(日)、埼玉スタジアム2002にて行われる。試合の模様はNHK BS1で生中継。キックオフは18時を予定している。
【スコア】
浦和レッズ 1-0 鹿島アントラーズ
【得点者】
1-0 27分 マウリシオ(浦和)
ベガルタ仙台 3-2 モンテディオ山形
1-0 14分 ジャーメイン良(仙台)
2-0 19分 矢島慎也(仙台)
2-1 32分 阪野豊史(山形)
3-1 36分 平岡康裕(仙台)
3-2 44分 阪野豊史(山形)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181205-00873113-soccerk-socc

続きを読む

12/9(日曜日)18時!天皇杯決勝はチケットが完売!満員の埼玉スタジアム2002で浦和レッズvsベガルタ仙台


日本サッカー協会(JFA)は7日、来たる9日に埼玉スタジアム2002で行われる天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝のチケットが完売したことを発表した。
決勝に進出したのは浦和レッズとベガルタ仙台で、浦和は2015年の第95回大会以来3大会ぶりの決勝進出となる。浦和が最後に天皇杯で優勝したのは2006年の86回大会。12年ぶりの優勝と来季ACL出場権獲得を目指す。一方の仙台はクラブ史上初となるファイナル行きを決めた。仙台は優勝すれば、1993年のJリーグ発足以降、東北勢で初のチャンピオンとなる。
今年の天皇杯は、本来ならば16日に準決勝、24日に決勝が行われる予定だったが、鹿島アントラーズがAFCチャンピオンズリーグを制覇し、かつ天皇杯で4強に進出したため、12日から22日の間で開催するFIFAクラブワールドカップの日程と重なることから、準決勝と決勝の日程が前倒しになっていた。
キックオフは18時を予定している。
12/7(金) 14:50配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00010008-goal-socc

続きを読む

【サッカーダイジェスト・J1順位予想!】本命は鹿島、2位浦和とマッチレースか?残留争いは新潟、清水、札幌、甲府


総合1位は鹿島。2位・浦和との差は、わずか3ポイント。
2月25日に、いよいよJリーグのレギュラーシーズンが開幕する。1シーズン制に戻るJ1で、今季はどんなドラマが生まれるのか。ここでは、サッカーダイジェスト編集部員8名が新シーズンの順位を予想し、順位に応じたポイントを付けて『総合ランキング』を作成。各編集部員の予想理由と合わせてお届けする。
【総合ポイントの算出方法】1位のチームに18ポイント、2位のチームに17ポイント~(中略)~17位に2ポイント、18位に1ポイントと、順位に応じてポイントを付け、チーム毎に合計したものを「総合ポイント」とする。

―――◆―――◆―――◆―――
●総合ポイントランキング
1位 鹿島 137pts.
2位 浦和 134 pts.
3位 G大阪 115 pts.
4位タイ 川崎 107 pts.
4位タイ FC東京 107 pts.
6位 広島 99 pts.
7位タイ 柏 86 pts.
7位タイ C大阪 86 pts.
9位 神戸 81 pts.
10位 横浜 70 pts.
11位 磐田 68 pts.
12位 大宮 66 pts.
13位 鳥栖 65 pts.
14位 仙台 50 pts.
15位 新潟 29 pts.
16位 清水 28 pts.
17位 札幌 22 pts.
18位 甲府 18 pts.
総合ランク1位は、王者・鹿島だ。鹿島番記者の広島のほか、3名が1位に推した。レオ・シルバ、ペドロ・ジュニオールら即戦力を獲得した常勝軍団は、ゼロックス・スーパーカップで浦和を下し、ACL開幕戦でも韓国の蔚山現代から勝点3を奪った。チーム状態は良好で、リーグ戦でも優勝候補の本命と言えそうだ。
ただ、2位につける浦和も、1位の鹿島に3ポイント差と劣らぬ人気を集めている。ゼロックス杯では鹿島に敗れたが、昨季は年間勝点1位と安定感抜群の戦いぶりを見せた。今季もその力に陰りはなく、鹿島とともに優勝戦線をリードするのは間違いないだろう。
下位を見ていくと、16位以下のJ2降格圏に入ったのが甲府、清水、札幌の3チームだ。また、15位の新潟も、16位・清水との差はわずか1ポイントと肉薄している。昨季も残留争いに巻き込まれた甲府と新潟、そして昇格組の清水と札幌はいずれも戦力が乏しく、新シーズンで厳しい戦いを強いられるかもしれない。
つづく
各記者の予想順位はこちら
SOCCER DIGEST Web2/24(金) 19:01
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170224-00022800-sdigestw-socc

続きを読む

ドルトムントDFスボティッチ「浦和レッズのプレイスタイル、メンタリティは世界のどこでも戦える」


明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017が7月15日に埼玉スタジアムで行われ、浦和レッズとボルシア・ドルトムント(ドイツ)が対戦。
試合は3-2でドルトムントが勝利。試合後、ドルトムントのDFネヴェン・スボティッチがゲームを振り返った。
後半から出場したスボティッチは「とても難しい立ち上がりになった」と語り、「対戦相手は素晴らしく、アグレッシブにプレスを掛けてきた。
そのため、ポゼッションすることや得点することが前半は難しかった。後半はボールを持てるようになり、90分間戦い続けた偉大な相手に対し、得点を奪うことができた。
結果はラッキーなもので、逆の結果もあり得たと思う」と分析。
「浦和のチーム、ファンにお礼を言いたい。素晴らしいゲーム、そしてフェアでした。皆さんに感謝したい」と対戦相手をたたえた。
浦和の印象について問われると、「インターナショナルなレベルにあると思う。特にメンタリティ。90分間アグレッシブな姿勢を見せ、得点を狙っていた。チームのプレイスタイルもリスペクトしたい。今日のプレーであれば、世界のどこでも戦えるだろう」と賛辞を惜しまず、
「よく組織されたアグレッシブなチームは戦いにくいものだ。特に前半、穴らしい穴は見つからなかった。常にプレッシャーを掛けて穴をふさぎ続けたからだ。
そうするにはコレクティブでないといけないし、それが試合をタフにした原因だ。一人の選手ではなく、チーム全体が連携していた」と浦和の組織力に驚いた様子だった。
7/15(土) 23:18配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170715-00000028-goal-socc

続きを読む