監督

エスナイデル監督電撃解任の千葉、新監督は江尻篤彦コーチ!


3月17日をもってフアン・エスナイデル監督との契約解除を発表していた千葉が、同18日、江尻篤彦コーチの新監督就任を発表した。

10年目のJ2を戦う今季の千葉はスタートダッシュに失敗。開幕戦はアウェーで愛媛とスコアレスで引き分けると、続くホームでの新潟戦(1-4)、山口戦(2-5)に連敗。4節の敵地での水戸戦は先制点こそ奪ったが、試合終了間際に追い付かれてリーグ戦での今季初勝利を逃していた。
この苦戦を受け、チームはエスナイデル監督との契約解除を選択。エスナイデル監督の下でコーチを務めていた江尻篤彦氏に指揮権を委ねることを決めた。
江尻コーチは千葉の前身・古河電工(1990~91年)や市原(現・千葉、1991~99年)でプレー。引退後は指導者の道に進み、千葉のコーチなどを務め、イビチャ・オシム監督らを支えた。2009年には残留争いを強いられた千葉の監督に就任するも、チームはJ2に降格。翌年も引き続き指揮を執ったが、リーグ4位でJ1昇格は叶えられなかった。
チームの苦境に再登板となった江尻コーチは「エスナイデル監督と2年間やってきた良い部分は継承し、課題となっている部分を着実に修正し、目の前の1戦1戦を一歩ずつ選手と共に闘っていきます。その為にはサポーターの皆さんの力が必要です。ぜひスタジアムにお越しいただき、選手の後押しをお願いします」とコメントしている。
3/18(月) 12:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190318-00055809-sdigestw-socc

続きを読む

ベシクタシュ監督、不満を露わ!?「リャイッチと香川を一緒にプレーさせてみんなを失望させた」


<トルコリーグ:ベシクタシュ1-0ギョズテペ>◇16日(日本時間17日)◇第26節◇ベシクタシュ
トルコ1部ベシクタシュのMF香川真司(29)が、29歳ラストマッチで移籍後2度目の先発出場を果たした。無得点に終わったものの後半45分までプレーし、2連勝に貢献。香川の加入後、チームは5勝2分けとなった。
ホームにギョズテペを迎え撃った一戦。香川は、これまで不動のトップ下だったセルビア代表MFリャイッチと初めて同時にスタメン起用され、リャイッチを左に回して堂々、トップ下に陣取った。
開始すぐの前半12分、元ブラジル代表DFアドリアーノが負傷退場するアクシデント。前バルセロナの左サイドバックは前節、香川の決勝点をお膳立てしていただけに痛い離脱となったが、その中で背番号23はターンや得意のワンタッチプレーで攻撃陣を操った。
しかし「相手も非常にアグレッシブで、なかなかやりたいことができなかった。カウンターに手を焼いて思う通りいかなかった」と話した通り、相手の堅いブロックにスペースを消され、なかなかチャンスをつくれなかった。
前半は0-0で折り返したが、後半すぐ先制する。開始30秒、右MFクアレスマのクロスにFWユルマズが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。
元ポルトガル代表の“魔術師”から、元トルコ代表のエースへピンポイントで通り、均衡を破った。香川も歓喜の山に飛び込んで喜びを分かち合った。
1点リードのまま迎えた後半25分には、ゴール正面の細かい連係から香川にパスが入る。迷わず左足を振ったが、DFの体に当たって、はね返された。38分にもリャイッチからパスを預かるや左足を素早く振ったが、今度は味方のユルマズに当たって枠から外れた。
香川は後半45分までピッチに立ち、お役御免。このまま1-0で試合は終了した。得点こそなかったが、徐々にボールタッチ数が増えて変化もつけ「後半は(ギュネシュ)監督からポジショニング修正があって、今日1試合を通してプレーできたことは非常にポジティブ。
課題はたくさんありますが、次、修正して続けてやっていきたい」と納得しながら振り返った。
14日の日本代表メンバー発表では、W杯ロシア大会以来となる復帰を飾った。上り調子で近日中に帰国する。「若い選手たちと一緒になるのでフレッシュですし、楽しみです。
日本人の(森保)監督はコミュニケーション、文化も関係してくるので非常にメリットを感じます」と、初招集の森保ジャパンへ思いをはせていた。日本での国際親善試合キリンチャレンジ杯では22日にコロンビア(日産ス)、26日にボリビア(ノエスタ)と対戦する。
[2019年3月17日7時0分] 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/201903170000018.html
ベジクタシュのMF香川真司は現地時間16日、リーグ第26節ギョズテペ戦でトップ下としてスタメン出場し、1-0の勝利に貢献した。これまでトップ下で起用されていたセルビア代表MFアデム・とともに先発したなか、
シェノル・ギュネシュ監督は2人の内容に不満を露わにし、「攻撃での効果がなかった」と語っている。トルコメディア「futbolarena」が伝えた。
香川とリャイッチの共演で期待感は高まっていたなか、2人のパフォーマンスについてギュネシュ監督が試合後に言及。
我々はもっと攻撃をするべきだった」と指摘した。また、記事では指揮官のコメントを受けて、「リャイッチとカガワを一緒にプレーさせてみんなを失望させた」とまとめている。
香川は要所でキレのある動きを見せるなどコンディション状態は上々だったが、指揮官は2人への期待を込めて厳しい言葉を残したようだ。
3/17(日) 6:01配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190317-00176849-soccermzw-socc

続きを読む

「僕にとってトルシエ監督は歴代代表監督の中ではトップ!」by小野伸二


トルシエ監督は、今の時代であれば、パワハラで訴えられてもおかしくないほどの、高圧的で、威圧的な言動を繰り返していた。ファイトする姿勢が表立って見えない選手に対しては、胸ぐらをつかみ、罵声を浴びせた。ゆえに、最初は露骨に嫌な表情を見せ、文句を言う選手も絶えなかった。
ただ、時間が経過するにつれて、選手たちもトルシエ監督の対応に慣れ、その対処法をつかんでいった。そのうち、選手と監督との間にも、徐々に”あうんの呼吸”のようなものが出来つつあった。
そんなトルシエ監督から、小野は大きな影響を受けたという。
「トルシエ監督は(試合に向けての)ムード作りがすごくうまかった。練習ではいつもピリピリとした空気のなかでやれていたし、試合直前のスタメン発表まで誰が試合に出るのかわからない雰囲気を作ってくれたので、レギュラー選手でさえも『もしかしたら外されるんじゃないか』という緊張感を、常に保つことができました。
たしかに最初はみんな、トルシエ監督のやり方に対してブーブー言っていましたね(笑)。日本人って、怒られるのが嫌いじゃないですか。でも、トルシエ監督はその怒り方もすごくうまいんですよ。それで、選手がピリッとするし、『何くそ!』って思って、選手みんなが団結していくんですよね。
まあ、トルシエ監督の性格を知れば、愛情を持って自分たちに厳しいことを言ってくれたんだ、というのはわかりますからね。僕は、トルシエ監督があのときの若い自分たちにすごく合っていたと思います。いろいろな監督のもとでやってきましたが、僕にとっては、歴代代表監督の中ではトップですね」
トルシエ監督が、当時の日本の若きタレントたちに示したのは、サッカーだけではない。大会期間中、わざわざ現地の孤児院まで行って、その国の現実などを目の当たりにさせ、選手たちに自らがいる立場や現状について考えさせた。
「トルシエ監督は”世界を知る”という意味で、孤児院にも連れていってくれた。ただサッカーをやるだけじゃない。自分たちがどれほど裕福な環境でサッカーをやっているのか、ということを教えてくれた」
孤児院に到着し、小野ら選手たちは、最初はやや戸惑いを隠せずにいたが、しばらくして慣れてくると、笑顔で子どもたちを抱き上げて、ふれあいの時間を過ごした。そして、選手間で集めたお金を孤児院への支援として寄付した。
選手たちを孤児院に連れていくことで、トルシエ監督は「プロのアスリートは、積極的に社会貢献活動をする模範となるべきだ」という姿勢を示したのだ。
1部抜粋
3/9(土) 6:42配信 スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190309-00010001-sportiva-socc&p=1

続きを読む

【正式発表】ジダンが再びレアル監督に!


モウリーニョが本命視されていたが…。
レアル・マドリーが3月11日(現地時間)、サンティアゴ・ソラーリ監督の解任とジネディーヌ・ジダン監督の就任を発表した。契約期間は2022年6月30日まで。
2016年1月から2年半に渡ってマドリーの監督を務め、昨シーズン終了後の5月31日に退任したジダンは、わずか9か月での復帰となる。
今シーズンのマドリーは開幕から調子が上がらず、10月末にジュレン・ロペテギ監督の解任に踏み切った。Bチームを率いていたソラーリに後を託し、一時は持ち直したかに思われたが、ここにきて失速。4連覇が懸かったチャンピオンズ・リーグではラウンド・オブ16でアヤックスに不覚をとり、コパ・デル・レイでも宿敵バルセロナに準決勝で敗れた。
ラ・リーガでもそのバルサに12ポイント差をつけられており、タイトル獲得は絶望的な状況だ。

求心力を失ったソラーリの下では、主将のセルヒオ・ラモスがフロレンティーノ・ペレス会長と口論、イスコがチームへの帯同を拒否するなどピッチ外でもゴタゴタが続き、後任探しが急ピッチで進行。10年夏から3シーズンに渡りマドリーを率いたジョゼ・モウリーニョが最有力候補と見られていた。
だが、ペレス会長がこの窮地に再建を託したのは、前人未踏のCL3連覇に導き、選手やファンからの信頼も厚いカリスマ指揮官だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190312-00055371-sdigestw-socc

続きを読む

【日本代表】東アジアE-1はハリルホジッチの「能力テスト」として注目すべき!?

東アジアサッカー連盟に加盟する10協会が参加する国際大会「東アジアE-1サッカー選手
日本、韓国、中国、北朝鮮の4ヵ国による、その決勝大会が12月9日に幕を開けた(女子は8日に開幕)。
日本の初戦の相手は北朝鮮。ハリルホジッチ率いる日本代表は後半アディショナルタイムに井手口陽介が決勝ゴールを決めて、辛くも1-0で白星スタートを切ったものの、
格下の北朝鮮に対してかなり乏しい内容の試合を演じてしまった。スタジアムやTVで試合を観戦したファンも日本のプレーぶりに落胆してしまったのではないだろうか。
今大会の日本のメンバーは国内でプレーする選手だけで編成された急造チーム。この試合のスタメンもGK中村航輔(柏レイソ
DFが室屋成(FC東京)、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、昌子源(鹿島アントラーズ)、車屋紳太郎(川崎フロンターダブルボランチは今野泰幸、井手口(ともにガンバ大
2列目は小林悠(川崎フロンターレ)、髙萩洋次郎(FC東京)、倉田秋(ガンバ大阪)、そして1トップに金崎夢生(鹿島アントラーズ)と、代表キャップ数の少ない選手が名を連ねた(システムは4-2-3-1)。
個々のクオリティにおいて、いつもの日本代表と比べてある程度はレベルダウンしてしまうのは仕方ない部分もあるが、
一方で監督のハリルホジッチはかねてからこの大会を来年ロシアで開催されるワールドカップに向けた“国内組メンバーの最終選考会”と位置づけていた。
実際、試合後の会見でも「特に若いGK(中村)がいろいろな場面で解決策を見つける姿を見せてくれた。
伊東(純也)もボールを持ったら仕掛けて相手を抜くことができていた」と指揮官がふたりの選手名を挙げて評価すると、各メディアもその言葉を第一報として報じている。
指揮官が言う通り、確かにこの試合が代表デビュー戦となったGK中村のプレーは光っていた。持ち前のアジリティの高さをいかんなく発揮し、好セーブを連発。
何よりもこの試合の中村にはGK特有の雰囲気が漂っていて、近い将来の日本代表正GKになりうる選手であることを証明したといえる。
しかしながら、そもそも北朝鮮を相手にGKの活躍が目立つこと自体が皮肉だった。「わずか1週間のトレーニングで連携を深めるのは難しいので仕方ない」といった声も聞かれるが、
1週間ありながらほとんどチーム戦術の落とし込みや連携面で成果を上げられなかったことは大きな問題として捉えるべきだろう。
今回のメンバーは、急造とはいえ国内リーグのトップレベルの選手を集めた正真正銘のプロ集団だ。ハリルホジッチ監督は、彼らの特長を理解した上で招集したはずである。
にも関わらず、相変わらず小林をサイドで起用してみたり、金崎を1トップにしてみたり、これまでトップ下で起用していた倉田をわざわざ左サイドにして、
FC東京では中盤の底でプレーする高萩をトップ下で使ってみたりと、理解に苦しむ采配が目立っていた。
本大会に向けたメンバー選考という点でいうならば、適材適所の原則に従って選手を適正ポジションでチェックしなければ、そもそもなんのためのテストなのかもわからなくなってしまう。
試合中の選手交代も冴えなかった。ほとんどチャンスを作れない状況から打開を図るべく、後半11分にトップ下の高萩を下げて右サイドに伊東を投入し、
小林をセンターに移して2トップ気味にしてみるも、今度は2トップを好む金崎と1トップに慣れている小林がバラバラに動いてしまい、前線中央は機能不全の状態に。
そこで金崎に代えて川又堅碁を投入してみたが、ゴール前で仕事をしたいタイプがふたりになってしまったことで、この選手交代も大きな効果を示すことができずに終わっている。
井手口の決勝ゴールも監督采配が呼び込んだとはいえないものだった。
その他にも、最後まで北朝鮮のカウンターに苦しみながら、そこも修正できなかった点も含めると、この試合で監督の采配に残された課題は多い。
12/12(火) 6:00配信 週プレNEWS
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171212-00096424-playboyz-socc

続きを読む