監督

常連組が消えた日本代表で本田圭祐が生き残った理由


常連組がリストから消えた。GKで西川周作(浦和レッズ)、DFでは森重真人(FC東京)の両ベテランが外れ、一時は司令塔を務めた清武弘嗣(セレッソ大阪)の名前も読みあげられない。
日本サッカー協会から25日に発表された、シリア代表とのキリンチャレンジカップ(6月7日・味の素スタジアム)、イラク代表とのW杯アジア最終予選第8節(同13日・テヘラン)に臨む日本代表。
ヴァイッド・ハリルホジッチ監督に選ばれたメンバーが、ポジション順にスクリーンに映し出されるたびにどよめきの声があがる。
「今回の合宿では、戦略に関して少しの変更を加えている。それは、何人かの選手のパフォーマンスに私が満足していない、ということも含めている。
GKに関してもフィールドプレーヤーに関しても、パフォーマンスがよければここに入るということ。私の場合、リストに必ず変更はある」
指揮官が不満を抱く対象が西川であり、森重であり、清武となる。
一方で逆風とはまったく無縁の選手もいる。開設したばかりのツイッターで、6月末で契約満了となるACミランからの退団を発表したばかりのFW本田圭佑だ。
今年に入ってからの出場機会が、ユベントスとのイタリア杯・準々決勝の後半アディショナルタイムだけという状況で招集された
3月シリーズでも、試合勘やゲーム体力が足りないのではと、ハリルホジッチ監督の人選は批判の的となった。
ミランに戻った4月以降も、実質的にチームの構想外となっている状況は変わらない。同23日のエンポリ戦の残り3分からピッチに立ったものの、その後も3試合続けてベンチで試合終了を迎えた。
ほんの少しながら風向きが変わったのは、今月21日のボローニャ戦。後半13分から投入され、今シーズンで2番目に長いプレー時間を得ると、同28分には直接FKを鮮やかに叩き込んで今シーズン初ゴールをあげた。
都内でメンバー発表会見に臨んだハリルホジッチ監督も、直近の本田のパフォーマンスに関しては「圭佑が戻ってきてくれたことが嬉しい」と声を弾ませている。
「いつも圭佑を信頼してきたが、間違っていなかったと思わせてくれた。確かにクラブでは多くプレーしていないが、厳しいトレーニングは積んでいる。ミランは競争が激しいからだ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000002-wordleafs-socc
THE PAGE 5/26(金) 5:06配信

続きを読む

日本代表・ハリル監督、海外逃亡!?

日本で批判の集中砲火を浴びることをおそれての“海外逃亡”ではないか。ベルギーのリエージュで行われた『サッカー・キリンチャレンジ杯』で27日、日本(FIFAランキング55位)は、ウクライナ(同33位)に1-2で敗れた。
6月14日のW杯ロシア大会開幕を控え、今月23日のマリ戦に続きW杯本戦出場を逃した国に1分け1敗。「今からでも遅くない。解任しろ」との極論まで噴出する中、バヒド・ハリルホジッチ監督(65)は日本に帰国せず、海外組視察を理由に欧州に滞在するという。(夕刊フジ編集委員・久保武司)
「よかった点を探すのは難しい」。長谷部主将(フランクフルト)が絞り出した言葉が、ハリルジャパンの深刻な現状を物語っている。
4日前のマリ戦で引き分けた後、ハリル監督は「ベストメンバーで挑む」と宣言してスタメン8人を入れ替えた。司令塔のMF柴崎(ヘタフェ)は昨年9月以来の代表復帰で、右FWの本田(パチューカ)は約9カ月ぶりの代表スタメン。ただ、これがベストメンバーだとすれば、これまで本田を外して積み重ねてきた試合は何だったのかと疑問が湧く。1トップには、国内組きってのお気に入りのFW杉本(C大阪)を起用した。
しかしこの日も、ハリル監督の指示は「縦に速く」の一点張り。イレブンはDFラインを上げ、ボールを奪ったら即、前へ送るという戦術を愚直に繰り返したが、決定力不足は相変わらず。ハリル采配にもそれを打破する「引き出し」がなかった。
前半21分には、DF植田(鹿島)に当たった相手のシュートがオウンゴールに。同41分には、柴崎のFKにDF槙野(浦和)が頭で合わせて同点に追いつくという展開。ここで、後半11分に杉本に代わってFW小林(川崎)、同20分に本田に代わりFW久保(ヘント)が投入された。
本田は試合前「最後のところで仕留める場面を数回出さないといけない」と意気込んでいたが、結局この日は仕留め役でなく、守備で手いっぱいだった。皮肉にもこの本田の交代から4分後に失点し、以降守備陣はばたつくばかり。
同34分に柴崎に代わった初招集の中島(ポルティモネンセ)が、マリ戦での初出場初ゴールに続いて奮闘したのがせめてもの収穫。後半ロスタイムに壁の右をすり抜ける絶妙のFKを放って見せ場をつくったが、相手GKの好セーブに阻まれた。
試合後、ハリル監督は、「(このベルギー遠征に)レギュラーで呼べなかった選手もいる。W杯ではよりよいイメージの日本代表を見せられると思う」とコメントした。W杯まで3カ月を切ったこの期に及んでなお、まだテストを重ねるつもりなのだ。
とにかく、戦術の引き出しの少なさ、事ここにいたってもメンバーが固定されない優柔不断さは、とても見ていられない。
この遠征に参加した日本国内組は29日早朝に帰国するが、ハリル監督は「できる限り情報を集めたい」と外国人スタッフとともに欧州に残留して海外組の視察を行う。
ハリル監督は昨年12月24日に離日して休暇をとり、今月2日に再来日したばかり。「代表候補の選手たちの試合はすべてみている」と話しているが、ほとんどはスタッフを現地に派遣し、自分はビデオで確認する形をとっている。Jリーグ軽視の傾向は相変わらずで、各クラブとの関係も決して良好とはいえない。
海外組の視察と銘打っても、故障を抱えるDF吉田(サウサンプトン)、MF香川(ドルトムント)の回復具合を確認するくらいしか、やることはないだろう。
次の再来日は、5月30日のガーナ戦(日産ス)、翌31日のW杯最終メンバー発表の直前になりそう。この時期に指揮官が国内に不在では、W杯本大会へ向けたムーブメントも盛り上がらない。
選手との関係も冷え込んでいる。マリ戦後、「縦に速く」と繰り返すハリル采配に、FW大迫(ケルン)らが「それだけでは勝てない」と疑問を投げかけると、指揮官は激高。ミーティングで「外部へ発言するな」と箝口令を敷いた上、「私は日本人だ!」と絶叫したという。
3/29(木) 16:56配信 夕刊フジ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000010-ykf-spo

続きを読む

マンU史上最低の成績・・・モウリーニョへの批判殺到!「終わりの始まり」「モイーズと同じ」


敵地アンフィールドに乗り込んだユナイテッドは、一度はジェシー・リンガードのゴールで運良く追いついたが、終盤にシェルダン・シャキリに2ゴールを許して1-3の敗戦。またしてもちぐはぐな内容に終わり、勝ち点19もの大差がついた首位リバプールとの力の開きを見せつけられた。
リーグ17節を終えたここまでの成績は、プレミア発足後ではクラブ史上最低で、4位チェルシーとは勝ち点11差。さらにはポール・ポグバやアレクシス・サンチェスらスター選手との度重なる確執も伝えられている。そしてチームがクリスマス前後の過密日程に突入しようとする中、OBからは再びモウリーニョ監督の解任を求める声が噴出している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00000025-jij_afp-socc
12月16日、マンチェスター・ユナイテッドは、プレミアリーグ第17節でリバプールに1-3と敗れた。すでに不本意なシーズンとなりつつあるなか、伝統のダービーで内容でも完璧にやりくるめられてしまったチームへは、批判が殺到している
ユナイテッドは、今シーズン、プレミアで無敗を維持して首位を走る宿敵リバプールとは、勝点19差もつけられている。チャンピオンズ・リーグ(CL)出場権が懸かる4位とも11ポイント差。振り返れば、7位ウォルバーハンプトンに1ポイント差と詰め寄られている。
英公共放送『BBC』によると、17節終了時で勝点26というのは、1990-91シーズン以来となる数字で、リバプールとの19ポイント差は、過去最大だという。17試合で29失点と守備は崩壊しており、得失点差はプラスマイナスゼロ。ここ6試合で1勝しか挙げられていない有様だ。
当然、ジョゼ・モウリーニョ監督への風当たりは厳しい。OBのガリー・ネビルは、英衛星放送『Sky Sports』で、ポルトガル人指揮官が「職を追われることもあり得る」と言及。同じくOBのロビー・サベージは、「プレーのパターンと方向性が見えない。このチームはモウリーニョの下でどこへ向かっているんだ?」と論じた。
ただ、全てがモウリーニョだけの責任でもない。元イングランド代表FWのアラン・シアラーは、「今のユナイテッドで力を発揮しているのはダビド・デ・ヘアだけだ。クラブは何かを変えなければいけない」と述べている。
「フロントは監督を取り除くか、監督を支持し、監督が望む選手を獲得しなければいけない。このチームには必要とされる仕事がたくさんあるからだ。夏にフロントはモウリーニョを明確に支持しなかった。常に監督のせいなわけじゃない。ベストを尽くしたと思っているユナイテッドの選手が多いとは思わないね」
クラブの伝説のキャプテンと言われるロイ・キーンは、「今日、月から人が来て、サッカーを何も知らなかったとしたら、ユナイテッドはプレミアリーグの平均的なチームに過ぎないと言うだろう。1980年代のユナイテッドだ」と、チーム全体を批判している。
サベージもこれに同調し、「ユナイテッドはひどかった。もう言い訳はできない」と手厳しい。
「彼らは大金を費やして補強した。それでこれだけ離されているなんて、本当にバカげている。受け入れられることじゃない」
また、G・ネビルも、「ファンは試合を見に行こうと望んでいない。それは今だけのことじゃないんだ。デイビッド・モイーズの下でも同じだった。ルイス・ファン・ハールの時も同じだ。クラブ全体がリセットを必要としている」と指摘した。
「BBC」のフィル・マクナルティ記者は、「モウリーニョは非常に不幸せな船で不満な船長のよう」と表現し、「ユナイテッドにおけるモウリーニョの終わりの始まりのようだった」と、現体制はそう長く続かないと予想している。
2013年にアレックス・ファーガソンが退任して以降、低迷から抜け出すことのできないユナイテッド。“スペシャルワン”をもってしても苦しみ続ける赤い悪魔は、一体どこへ向かうのか……。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181217-00051556-sdigestw-socc

続きを読む

金崎夢生が優等生変身!?ハリル監督「金崎が良ければ私も考える。これからも良い選手を選ぶ」


Jリーグチャンピオンシップ(CS)準決勝が23日に行われ、年間勝ち点3位で第1ステージ(S)優勝の鹿島が同2位川崎を1―0で破り、浦和(同1位、第2S優勝)との決勝に進出。決勝弾の鹿島FW金崎夢生(27)は汚名返上に成功した。
金崎の“みそぎ弾”が試合を決めた。0―0で迎えた後半5分、左クロスから強烈ヘッドをゴールに叩き込んで待望の先制点。この1点をチーム全体で守りきり、勝つしか決勝進出の可能性がなかった鹿島が第一関門を突破。
「良いところで点が取れた。うれしい」と金崎は喜びを爆発させたが、殊勲のゴールまでには紆余曲折があった。
8月20日の湘南戦で途中交代を命じられると石井正忠監督(49)に逆ギレ。反抗的態度を取る前代未聞の騒動を起こし、その影響で石井監督が一時休養した。 他の選手にも動揺が拡大。第1S覇者にもかかわらず、第2Sは11位に沈んだ一因となった。
さらに自身も調子を崩し、第2Sはわずか2得点。 シーズン終盤は勝負どころでことごとく決定機を外すなど、エースとしての働きが全くできなかった。
そうした積み重なったモヤモヤを大一番で吹き飛ばす大活躍。
「石井さんを中心にチームがまとまって良いプレーができた」と反逆児はすっかり改心し、迷惑をかけた指揮官にV弾をささげた。
この日、視察に訪れた日本代表バヒド・ハリルホジッチ監督(64)の心も動かした。金崎が造反騒動を起こしたことを重く見て、代表チームからも“追放”。 だが、試合後には「金崎が良ければ私も考える。これからも良い選手を選ぶ」と“処分解除”を示唆した。今後のプレー次第では金崎の代表復帰の可能性まで出てきた。
同僚のDF昌子源(23)は「これがエース。彼の存在はデカイ。夢生君と監督の衝突もあったけど、それを乗り越えて決勝に行ける」と頼もしい姿を称賛。
優等生に生まれ変わったエースが、名門の下克上を力強くけん引する。
東スポWeb 11/24(木) 16:31配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00000035-tospoweb-socc
◇動画ハイライト

続きを読む

ヴェルディからセレッソへ移るロティーナ監督が日本を称賛!「礼儀と敬意が何よりも優先される素晴らしい国」


今季までJ2の東京ヴェルディで監督を務め、来季からはJ1のセレッソ大阪を率いることが決定したミゲル・アンヘル・ロティーナ氏は、母国スペインのメディアに日本での体験について語った。『ABC』が16日付でインタビューを伝えている。
過去にオサスナやセルタ、エスパニョール、レアル・ソシエダ、デポルティボ、ビジャレアルなどの監督を歴任したロティーナ氏は2017年に東京Vの監督に就任。チームを2年連続のJ1昇格プレーオフ出場に導いたが、悲願のJ1復帰にはあと一歩及ばなかった。
シーズン終了後には東京Vを去り、来季からC大阪監督に就任することが発表された。日本での2年間の経験を通して、スペインとは文化的に大きな違いがあることを母国メディアに説明している。
「日本は、サッカーに関しても全く概念の異なる世界だ」とロティーナ監督。「礼儀と敬意が何よりも優先される素晴らしい国だ。サッカーも全く違う」と日本を称賛している。
その一例として、サポーターの応援態度の違いを挙げた。「ここでは相手サポーターからも拍手を受ける。彼らは毎回の試合後に相手チームを祝福している。サポーター同士も拍手を送り合っている。スペインのような敵対心は存在しない。我々は彼らから多くを学ぶべきだ」
選手たちの練習姿勢については、時には行き過ぎだと感じられるほど熱心だとロティーナ監督は語る。「日本では、選手たちは休むべきだということを理解していない。普通の日は10時から12時まで練習していたが、選手たちはさらに2時間残っていた。あり得ないことだ。試合前日までやっていた」
東京Vを去る際には感動的な形で送り出され、涙を抑えられなかったという。「ロッカールーム内で選手たちは、まず全員で、それから一人ひとり別れを告げてくれた。感動を抑えることができなかった。日本人は非常に特別な愛すべき民族だ」と振り返った。
新天地となるC大阪については、「チーム最高の選手はセビージャでもプレーした清武(弘嗣)だ」と紹介。東京Vで特に印象的だった選手としてはMF井上潮音やMF渡辺皓太らを挙げつつ、「これから移籍することになるだろう」と予想している。
12/16(日) 21:06 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=footballc-socc

続きを読む