監督

ミランも崩壊寸前!?バカヨコがガットゥーゾ監督に大暴言!


CL目指すミランに不穏な空気…バカヨコがガットゥーゾ監督に「ク●野郎」発言か
6日にセリエA第35節でボローニャに勝利したミランだが、チーム内に不穏な雰囲気が漂っているようだ。
直近のリーグ戦7試合で1勝2分4敗と苦しみ、7位まで順位を落としたミラン。今季最大の目標であるチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得のためにも絶対に勝利が欲しい状況でボローニャ戦を迎えたが、2点をリードしたものの72分に失点すると、その2分後にはパケタが退場となって数的不利に陥る。それでも1点差を守りきり、公式戦4試合ぶりの勝利を挙げた。
久しぶりに白星を取り戻したミランだったが、この一戦ではチーム内の問題が露呈してしまったようだ。
ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督はボローニャ戦で、1日に行われたトレーニングを1時間遅刻したMFティエムエ・バカヨコにベンチスタートを命じたという。そして26分、先発していたルーカス・ビリアの負傷により、指揮官はバカヨコに話しかけたが、フランス人MFは交代の準備ができておらず。怒りを見せたガットゥーゾ監督はホセ・マウリを投入することを決断したが、この決定に不満のバカヨコは指揮官の背中に「ク●野郎」と声をかけたようだ。TV中継にそのシーンがとらえられている。
ガットゥーゾ監督は先日、バコヨコの遅刻の後で「我々は違いを解決し、彼はチームに謝罪した。すべてが正常に戻っている」と語っている。
ボローニャ戦の勝利で勝ち点を59に伸ばして5位の座を死守したミラン。残り3試合となった中で、4位アタランタとの3ポイント差を維持してCL出場権獲得へ望みを繋いだが、チームは重要な時期に一枚岩になりきれていないのかもしれない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190507-00010006-goal-socc
闘犬ガットゥーゾ監督、交代を巡るバカヨコとの顛末を説明「ミランの勝利を優先」
「バカヨコにウォーミングアップを要求し、あまりにも時間がかかっていたので私はホセ・マウリを送り込んだ。8分間待ったが、彼はまだスネ当てもつけていなかった。私は自分や選手のプライドよりも、ミランの勝利を優先しなければならない」
ガットゥーゾ監督の言葉を額面通りに受け取れば、バカヨコの激怒は完全なる“逆ギレ”にしか過ぎない。この勝利で勝ち点を「59」に伸ばしたミランはローマと並んで5位に浮上。4位アタランタとの勝ち点差を3に詰めて、ラスト3試合で逆転のCL出場権を獲得の4位以内に望みをつないでいるが、こうした騒動が影を落とさないか大きな懸念の残る試合になった。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190507-00187432-soccermzw-socc

続きを読む

「カレーラスはとても素晴らしい監督だった!サガン鳥栖には忍耐がなかった・・・」byトーレス

J1最下位に低迷するサガン鳥栖が5日、同日付でルイス・カレーラス監督(46)の退任を発表した。金明輝コーチ(37)が7日付で監督に就任する。カレーラス監督は、4日に行われた九州ダービーの大分戦から既にチームから離れ、金コーチが指揮を執っていた。鳥栖がシーズン中に監督を交代するのは2年連続で、金新監督の下、J1残留と上位浮上に加え、中長期的なチーム強化に挑むことになる。
鳥栖がカレーラス監督の退任を発表した5日、佐賀県鳥栖市のチーム練習場には約280人ものサポーターが駆けつけ、低迷するチームの巻き返しを願った。
「攻撃力強化を期待しただけに、無得点が続く結果に我慢の限界がきていた」。同県みやき町の会社員亀山永昌さん(47)は、監督が目指したバルセロナ流の攻撃サッカーが一向に見られず、10試合で1得点という結果に落胆してきた。現在6試合連続無得点、5連敗中で最下位。同県基山町の20代女性は「最近は選手もファンも雰囲気が悪かったので監督交代は遅いくらい」と語った。
金明輝新監督が率いる今後に向け、福岡市の高橋優人さん(25)は「この変化をきっかけに勝てるチームになってほしい。自分たちもゴール裏から支えます」と話した。
5/6(月) 8:16配信 西スポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190506-00010021-nishispo-socc

カレーラス監督と同じスペイン出身で、同国1部アトレチコ・マドリードでともにプレーした経験がある
フェルナンドトーレスは監督の退任について「とても素晴らしい監督だったし、オフェンシブな考え方を持っていた。それが機能しなかったのは全員の責任」
と強調。状況を受け入れつつも
「今までと違うことを取り入れるのは時間がかかる。クラブに忍耐がなかった」
と苦言も呈した。新体制でリーグ戦初戦となるのは11日のホームG大阪戦。「チームのハートをもう一度取り戻すためにやっていくだけ」と前を向いた。
2019年05月06日 06時09分
https://www.nishinippon.co.jp/sp/nsp/sagan/article/507969/

続きを読む

サウサンプトンの歴代監督が吉田麻也を重用する理由


歴代監督が吉田を重用する理由
プレミアリーグでプレーしてきた日本人選手について考えるとき、私が最初に思い浮かぶのが、サウサンプトンの吉田麻也だ。
私がサウサンプトンの試合を見るとき、彼の名前はほぼ毎試合のように先発のラインアップに記されている。チームの中で自分の居場所を取り戻すため、吉田は何度なくポジション争いに挑み、そして常に制してきた。
プレミアリーグでの通算出場数は日本人最多の146試合。その数字は、絶え間ない努力とプロフェッショナリズムの賜物と言えるだろう。
吉田がオランダのVVVからサウサンプトンに活躍の場を移したのは2012年8月。それ以来、マウリシオ・ポチェティーノやラルフ・ハーゼンヒュットルなど、合計6人の監督の下でプレーしてきた。
英国メディアは、監督が変わるたびに吉田のポジションが危ないと指摘してきた。というのも、サウサンプトンが監督を変えるのは、当然ながらリーグの下位に低迷している場合が大半。そして、手っ取り早くチームを向上させる常套手段が、「センターラインの守備のテコ入れ」だからだ。
しかし、その度に吉田は生き残って、監督からの信頼を勝ち得てきた。これは、彼のフィルカル能力だけでは成し得ないものだと思っている。では、吉田の何が新監督たちに認められるのか? それは圧倒的な英語スキルと高いコミュニケーション能力にあるのではないだろうか。
彼が英語で話すインタビューを見ていて私が気付いたのは、ハッキリとした口調で、時折、ジョークも挟んでいる点だ。
英語をマスターしていない選手の場合、緊張感のあるインタビューで、ジョークを交えながら話すというのはなかなか難しい。だが、吉田はそれをいとも簡単にやっているのだ。このスキルに、私は感服している。今年3月に英国内での永住権を取得することにも繋がった語学力は伊達ではない。
また、吉田は人格者でもある。国内外から数多くの名手たちが揃うプレミアリーグで、長年に渡って生き残るためには、チームに馴染むための個性が非常に重要になる。でなければ、定位置を確保することはおろかチームに残ることも困難だろう。
5/4(土) 7:02 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190504-00010004-sdigestw-socc

続きを読む

サッカー選手&監督“最高給トップ5!


選手部門は1位メッシにC・ロナウド、ネイマールが続く 監督部門1位はシメオネ
フランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が、世界のサッカー選手と監督の最高給トップ5を公開した。予想どおりユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやレアル・マドリードのウェールズ代表FWのギャレス・ベイルといったスーパースターが上位に名を連ね、選手部門ではバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがトップ。その金額は1億3000万ユーロ(約162億円)とされている。
金額はクラブからの給与やボーナス、その他の仕事で得る収入まですべてを含めたもので計算されている。男子選手は5位から順にレアルのウェールズ代表FWベイル(4020万ユーロ/約50億円)、アトレチコ・マドリードのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(4450万ユーロ/約56億円)、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(9150万ユーロ/約114億円)。欧州の最前線で戦うタレントが名を連ねている。
2位は今季からユベントスでプレーするロナウド。全世界にファンを抱えるカリスマは1年間に約1億1300万ユーロ(約141億円)を稼ぎ出すという。
そして、そのロナウドを抑えて堂々トップに立ったのがメッシだ。サッカー界の一番星の報酬額は総額1億3000万ユーロ(約162億円)にも到達。メッシとロナウドという2大スターのみが1億ユーロの大台を突破した。
監督部門ではアトレチコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督が4120万ユーロ(約51億円)で1位。元マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督(3100万ユーロ/約39億円)、元モナコのティエリ・アンリ監督(2550万ユーロ/約32億円)がそれに続いている。
そしてマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は2410万ユーロ(約30億円)で4位、バルセロナのエルネスト・バルベルデ監督が2300万ユーロ(約29億円)で5位だった。
移籍金の高騰が話題となることの多いサッカー界だが、トッププレーヤーと監督たちの収入もかなりの額となっているようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190402-00180311-soccermzw-socc
※↓本文を整理しました
【選手部門】
1位 リオネル・メッシ 1億3000万ユーロ/約162億円(バルセロナ)
2位 クリスティアーノ・ロナウド 1億1300万ユーロ/約141億円(ユベントス)
3位 ネイマール 9150万ユーロ/約114億円(パリ・サンジェルマン)
4位 アントワーヌ・グリーズマン 4450万ユーロ/約56億円 (アトレティコマドリード)
5位 ガレス・ベイル 4020万ユーロ/約50億円 (レアル・マドリード)
【監督部門】
1位 ディエゴ・シメオネ 4120万ユーロ/約51億円(アトレティコ・マドリード)
2位 ジョゼ・モウリーニョ 3100万ユーロ/約39億円(元マンチェスター・ユナイテッド)
3位 ティエリ・アンリ 2550万ユーロ/約32億円(元モナコ)
4位 ジョゼップ・グアルディオラ 2410万ユーロ/約30億円(マンチェスター・シティ)
5位 エルネスト・バルベルデ 2300万ユーロ/約29億円(バルセロナ)

続きを読む

ドルトムントって監督よりも選手の方が実権ありそう・・・


ドルのトップ会議にはシャヒン、シュメ、ロイスも参加してたみたいだね

続きを読む

元日本代表監督のハリルさん、すでに新天地ナントのロッカールームをうんざりさせている模様・・・

あれから1年、ハリルホジッチ監督の去就がまたも…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-04300974-nksports-socc
契約はあと1年残っており、成績を評価すれば、続投は既定路線にも思えるが、どうやらそうではないようだ。
レキップ紙は「第1に監督自身が続投を希望するだろうか。冬の移籍期間でサラ選手の喪失もあり(移籍直後に飛行機事故で亡くなる)、耐え難いシーズンを経験したはずだ。第2に、バルデルマル・キタ会長と息子のフランク・キタ氏は、監督を引き留めようとするだろうか。辞任するよう仕向けるかもしれない」
どこかで聞いたことのある話だが、ハリルホジッチ監督の周辺は、また、きな臭いようだ。
指揮官のやり方、性格もよく知る同紙は
「監督は、就任後、短い時間でチーム再び活気を与えることに成功した。だが、彼のやり方と人格は、すでにロッカールームをうんざりさせており、解任となっても、惜しまれないだろう」
と厳しく書いている。
果たして、ハリルホジッチ監督はどうなるか。その情熱と、有無を言わせぬやり方で、劇薬ともなり得るわれらが? ハリルホジッチ監督。昨年4月に続き、再び解任されてしまうのだろうか。

フランス人でもハリルはダメか

続きを読む

敗戦に落胆のハリル監督「心の底からガッカリ。真の日本代表の姿ではなかった」

ホームでUAE(アラブ首長国連邦)にまさかの逆転負けを喫した日本代表。ロシア行きの道程でいきなりつまづき、落胆の表情で記者会見に臨んだヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「心の底からガッカリしている。
我々の実力が示された。これを受け入れるしかない」と開口一番にコメント。
「期待していたとおりのプレーができなかった。相手のほうがリアリストだった」と受け入れがたい敗戦について触れた。
2カ月にわたって合宿を行い、入念な調整を続けたUAEに対して、日本は全選手が揃ったのが2日前。 指揮官は「ボールを早く動かすように要求していたが、望んだようなプレーが実行できなかった」と振り返った。
その要因としてピックアップしたのが、危惧されていたコンディションのばらつきだった。
狙いどおりのサッカーができなかった理由に「疲労も考えられる。何人かの選手は狙ったプレーをするだけのフィジカルコンディションになかった」と話し、自身の選手選考に関して「なぜこのような選手を選んでしまったのか、自分でも疑問を抱いている。
ただ、それ以外にいい選手がいなかった」とした。
求めていた守備ができなかった点も反省材料に挙げた。「守備面でも能力の限界を見せたかなと思う。
最後の30メートル(ディフェンシブサード)でFKを与えてはいけない」と伝えながら相手を倒して直接FKから同点弾を許した。
PKを与えたシーンに関しては数的有利な状況で相手選手を囲い込みながら突破を許し、足を伸ばしたところで引っ掛けてしまった。
「PKの2失点目はは3対1の状況でボールを奪いに行きながらボールを奪えなかった。
それが実力です」としたハリルホジッチ監督は「守備面でも能力の限界を見せたかなと思っている」と厳しい口調で語った。
巻き返しのためには6日に行われるタイとのアウェーゲームで勝ち点3の獲得が必要不可欠となる。
いきなり迎える正念場に向けてハリルホジッチ監督は「今夜の日本代表は真の姿ではない。
コンディションを考えて、試合前から最高の試合ができないことは予想していた。
だが、我々はこれまで何度も素晴らしい試合をしてきた。少なくとも次の試合までに疲労を回復させて、フィジカル的にいい状態にしたい。
今夜は厳しい結果になってしまったが、ポジティブな面も見られた。
次の試合ではもっとプレースピードを上げてくれることを期待している。
タイ戦ではより強い気持ちを持って、勝利を探しに行く。希望は失っていない。良い試合ができると信じている」と前を向いた。
https://news.nifty.com/article/sports/soccer/12192-487819/
2016年09月02日 00時45分 サッカーキング

続きを読む

ミラン・ガットゥーゾ監督が解任間近!?幹部が緊急会議


伊メディア『スカイ・イタリア』はミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督が解任間近であると報じている。
現地時間28日、ミランはセリエA第34節でトリノと対戦し0-2で敗れた。敗戦を受けてレオナルド氏やパオロ・マルディーニ氏などミラン幹部が緊急会議を開き今後について90分間に渡って話し合いを行った模様だ。
勝ち点56で7位のミランはチャンピオンズリーグ(CL)圏内の4位ローマとのと勝ち点差わずか「2」ではあるが、直近の5試合で1勝2分け2敗と苦しい戦いが続いている。なお、伊紙『コリエレ・デロ・スポルト』では、ガットゥーゾ監督が解任された際にはレオナルド氏の監督復帰の可能性を指摘している。
「チームはやるべき事はやったと思う。我々に足りなかったのは強さと楽しんでプレーする事だった」と試合を振り返っていたガットゥーゾ監督。クラブとは2021年まで契約を結んでいるが、残りリーグ戦4試合のタイミングで解任という憂き目にあってしまうのだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190430-00319601-footballc-socc

続きを読む