相手

日本サッカーは自分たちのサッカーに「相手」が存在しなくなっていないか?

元日本代表が自ら筆をとり、「相手を見てサッカーをする」を徹底的に言語化! 岩政先生の愛称で親しまれる元日本代表の頭脳派・岩政大樹が、具体的な方法論を提示しながら、サッカーの本質に鋭く迫った3/18発売の最新刊『FOOTBALL INTELLIGENCE 相手を見てサッカーをする』から、発売に先駆けて序章を前後編で公開する。今回は前編。(文:岩政大樹)
●自分たちのサッカーに「相手」が存在しなくなっていないか
サッカーではしばしば言葉が一人歩きします。「自分たちのサッカー」という言葉はその好例でしょう。
「自分たちのサッカー」とは、言葉にすると“自分たちがやるべきこと”をやり通せた試合のことでしょうか。サッカーは相手がいるスポーツですから、本来その中には“相手云々にかかわらず自分たちがやるべきこと”もあれば、“相手(あるいは試合の流れなど)によって変えるべきもの”どちらもあります。
それは当然のこと。どちらかではなく、どちらも、です。試合の目的は常に「勝つこと」ですから、どちらも組み合わせながら、勝つための方法を逆算して戦うのが“サッカーをする”ということだと思います。
それなのに、ある時期日本では「自分たちのサッカー」から“相手”が存在しなくなったように感じました。「自分たちのサッカー」が“相手云々にかかわらず自分たちがやるべきこと”だけになり、“相手(あるいは試合の流れなど)によって変えるべきもの”が排除されたようでした。二つが二極化されて語られ、それを“善か悪か”で議論されているようにさえ見えました。
そこには、国民性のようなものが影響しているところもあったと思いますが、それ以上に、日本サッカーにおいて、相手云々によって何が変わり、何が変わらないのか、が明確にされていないことが根底にある気がしました。
●概念さえ存在していなかった「相手を見てサッカーをする」
だからでしょう、「自分たちのサッカー」の対極の言葉として、「マリーシア」とか「駆け引き」とか「相手を見てサッカーをする」とか、そんな言葉がよく聞かれます。日本人が苦手とすると言われている部分です。しかし、実際にはこれらの全てが対極に位置しているわけではなく、むしろほとんどは同じところにあります。
「自分たちのサッカー」の中に「マリーシア」とか「駆け引き」などがあり、それは「相手を見てサッカーをする」ということですが、それらも含めたものが「自分たちのサッカー」で、対極には位置していません。
それなのに、言葉が一人歩きすると面白いことが起きました。「自分たちのサッカー」という言葉にみんなが振り回されて、日本全体が「相手を見なくていい」とか「駆け引きは必要ない」などと言っているようにさえ感じました。
私が2年間、東京ユナイテッド(関東社会人リーグ1部)と東京大学ア式蹴球部(東京都大学リーグ2部)で指導をさせていただく中で取り組んだ課題も、この「自分たちのサッカー」なるものの捉え方についてでした。
トップカテゴリーではない彼らはある意味で日本サッカーを象徴していたと思います。トップ選手たちはきっとどんな指導の下でも自分で考えて道を切り開いていけるのでしょうが、私が向き合った彼らはある意味ではそうではありませんでしたから、私が彼らに“何をどう伝えるか”は非常にデリケートな判断が求められました。
語弊を恐れずに言うと、私が、日々彼らから感じたのが「相手を見てサッカーをする」ということを理解できていないことでした。というよりも「相手を見てサッカーをする」という概念さえも彼らに存在していないように感じました。
(文:岩政大樹)

3/18(月) 10:10配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190318-00010000-footballc-socc

続きを読む

日本代表はロシアW杯で10人のコロンビアにしか勝っていない・・・


ロシアW杯以来の日本代表復帰を果たし、迎える初戦の相手はW杯と同じコロンビア代表。DF昌子源(トゥールーズ)が考えるミッションは明確だ。「W杯と同じテンションは難しいにしても、相手がアウェーという違いもあるかもしれないけど、11対11で勝つことを大事にしたい」と必勝を誓った。
22日に日産スタジアムで行われるキリンチャレンジカップに迎え撃つのはコロンビア代表。ロシアW杯のグループリーグ第1節で勝利し、決勝トーナメント進出を大きく手繰り寄せた時の相手だ。そんな因縁の一戦を昌子は「僕らにとって大きな試合」と位置付ける。
それは6月に控えているコパ・アメリカを意識したものではなく、リベンジに燃えた相手を意識したものでもない。「結局これは僕の意見だけど、W杯では10人のコロンビアにしか勝っていない」。そんな負い目があるからだ。
ロシアW杯では前半3分にコロンビアのMFカルロス・サンチェスが退場。対する日本はここで得たPKをMF香川真司が決めて優位に立ち、最終的に2-1で勝った。しかし、日本が大会を通じて得た勝ち星はこの1つだけ。もし上を目指すのだとすれば、さらなる実力が求められる。
「10人でやるのもサッカーかもしれないけど、11対11でコロンビアに勝つことが大事。サッカーなのでまた相手が退場したり、こっちが退場することもあるかもしれないけど、11対11で勝つことを大事にしたい」(昌子)。ベスト16の壁を越えることを目標に掲げている4年後に向け、因縁を断ち切る勝利を求めていく構えだ。
3/18(月) 21:07配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-39805448-gekisaka-socc

続きを読む

【日本代表どこよりも早い採点!】最高点は中島!最低点は香川、宇佐美・・・


日本代表は26日、キリンチャレンジカップ2019・ボリビア代表と対戦して1-0で勝利。この試合で森保ジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。
【日本 1-0 ボリビア キリンチャレンジカップ2019】
シュミット・ダニエル 6
ピンチはなかったが、繋ぎに加わるなど持ち味の一つは見せた
安西幸輝 6
積極的に前に出て行きつつ、戻りも速く粘り強かった
畠中槙之輔 6
落ち着いたデビュー戦。プレスに来ない相手を尻目に持ち上がるシーンも
三浦弦太 6
この日の先発DF陣では最も経験豊富。カバーリングが良く、外につり出されても相手を自由にさせなかった
西大伍 6
気の利いたプレーを披露。球離れのタイミングの良さでリズムを作った
橋本拳人 6
繋ぎで呼吸が合わない場面はあったが、守備力の高さを生かして相手に挑んだ
小林祐希 5.5
ボールを散らしつつ、フリーランで相手をけん制した
乾貴士 5.5
前半のチャンスは決めたかった。得意なゾーンに入った時の怖さは示したが、ロストも少なくなかった
宇佐美貴史 5
味方との連係から逆サイドにパスを供給し、乾の決定機へと導いた。しかし見せ場は限定的
香川真司 5
違いを生むプレーは見せられず。サイドチェンジは高精度も、他の仕事も見たかった
鎌田大地 5.5
ボールを呼び込む動きは悪くなかった。存在感が希薄になったが、後半は少しずつ盛り返した
中島翔哉 6.5
ドリブル突破で試合のテンションを上げた。切り返しからのシュートでゴール
堂安律 5.5
勝負を決めるような仕事をしたかったところだが、そうした場面は訪れず
南野拓実 6
ボックス内での力強さ、怖さは香川より上
柴崎岳 5.5
攻撃をスピードアップさせるパスを出すなど落ち着いて入った
佐々木翔 5.5
疲れの見える安西に代わって投入され、堅実にプレーした
鈴木武蔵 ? 出場時間短く採点不可
森保一監督 5.5
メンバーを入れ替えて臨んだが、後半途中に主力を投入する展開に
フットボールチャンネル編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190326-00315156-footballc-socc
3/26(火) 21:24配信

続きを読む