相手

まさかの失態!?日本代表には香川、本田がいなきゃダメなのか?


まさかの失態だ。
アジアカップ1次リーグF組初戦に臨んだ国際サッカー連盟(FIFA)ランキング50位の日本は、同127位のトルクメニスタンに先制を許すなど大苦戦した。
ロシアW杯組の奮闘で逆転し、3―2と辛勝したものの、躍進を期待して送り出した若手の“森保チルドレン”たちがミスを連発する大誤算。アジア王座の奪還に向けて暗雲が垂れ込めてきた。
日本は0―1で迎えた後半の3得点で逆転勝ちした。後半11分、FW大迫勇也(28=ブレーメン)が巧みな切り返しから右足で同点ゴール。
4分後にDF吉田麻也(30=サウサンプトン)のロングボールを起点に左を崩して再び大迫が決め、同26分にはMF堂安律(20=フローニンゲン)が加点した。
守備陣は前半26分にロングシュートを浴びて先制を許し、後半34分にはPKで失点。相手への寄せやカウンターのリスク管理に課題を残した。
日本は序盤から押し込まれると、前半に先制を許し、焦りから空回り、後手後手の展開。
後半にはロシアW杯のヒーロー・大迫の2得点などで何とか逆転したが、実力差のある格下の相手に薄氷を踏むギリギリの勝利となった。
主将の吉田は「前半は体が動いていなかった。自分たちで試合を難しくしてしまった。本当に覚悟と決意を持って試合に臨めたのか自問自答しなければならない」と自身を含めて苦言を呈し、
DF槙野智章(31=浦和)も「引いて守る相手への工夫をもっとやらないといけない」と厳しい表情だった。
チーム全体としてパフォーマンスが低調だったが、特に目立ったのが森保一監督(50)が抜てきした若手だ。最初の失点は、堂安のパスミスから相手にカウンターを許したことが原因。
2点目も途中出場のFW北川航也(22=清水)が簡単にボールを奪われてピンチを招き、PKを与えてしまった。
ゴールこそ奪ったが試合を左右しかねない失敗を犯した堂安は「僕が取られてからの失点だった。それは感じている。試合後に『僕が苦しくしてすんません』と(周囲に)言った」と頭を下げれば、
北川も「自分が入って(試合の)流れを変えることができず、相手を勢いづかせてしまった」とうなだれた。
また森保ジャパン発足後に5試合で4得点を決め、今大会でエースとしての働きを期待されていたMF南野拓実(23=ザルツブルク)もリズムを生み出すことができず、
後半27分にチーム最初の交代を命じられた。「細かいミス、イージーミスもあった。修正していかないといけない」と反省の弁を口にした。
ここまで躍動してきた若手が揃って直面した大きな壁。かねてDF長友佑都(32=ガラタサライ)が「アジアカップは若手だけで戦えるわけではない」と危惧していた言葉が的中した格好。
やはりMF本田圭佑(32=メルボルンV)やMF香川真司(29=ドルトムント)不在の穴は予想以上に大きいようだ。
森保監督が「自分たちで新しい日本代表を築いていくという考えから、この(若手)メンバーを選んだ」という“チルドレン”たちは巻き返せるのか。アジア王座奪還に向け、次戦以降に真価が問われそうだ。
1/10(木) 16:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000030-tospoweb-socc

続きを読む

日本代表のアジアカップ初戦苦戦は優勝へのフラグ!?


【日本 3-2 トルクメニスタン AFCアジアカップ グループリーグ第1節】
日本代表は9日、AFCアジアカップ・グループリーグ第1節でトルクメニスタン代表と対戦し、3-2と逆転勝利を収めた。
苦しみながらも勝ち点3は逃がさなかった。アジアにおける日本は強豪国であり、相手から警戒される存在だ。それだけに思わぬ展開に持ち込まれることも少なくない。
今回のトルクメニスタン戦も26分に失点し、0-1で前半を折り返した。相手は守備に枚数を割き、手数をかけずに攻撃を仕掛けてきた。
アジア勢と対戦する際、日本は攻めあぐねた挙句にカウンターでピンチを迎えることが多いが、この試合の前半もそうした展開だった。
それでも、後半に入ると経験豊富な選手たちが意地を見せる。56分と59分に大迫勇也が連続ゴールを奪って逆転に成功。71分には新鋭・堂安律にも得点が生まれ、森保ジャパンは白星発進となった。
一筋縄ではいかない相手からしっかり勝利を掴んだことは評価できる。また過去のアジアカップを振り返ると、日本代表は初戦で苦しむほど頂点への視界が開けてくる傾向がある。
例えば2004年。ジーコジャパンはオマーン代表と対戦し1-0で何とか逃げ切っている。前半開始から日本はなかなかチャンスを作れず、逆に相手のセットプレーからヒヤリとするシーンがあった。
この試合は中国の重慶で行われたが、当時は反日感情が高まっており、日本は完全アウェイの状況で戦っていた。
それでも34分、日本が試合を動かす。相手がゴール前でクリアミスすると、中村俊輔がいち早くボールに駆け寄る。華麗なタッチで2人をかわすと、左足アウトで技ありゴール。ファンタジスタが輝きを放ち、初戦をモノにした。
例えば2011年。前年に南アフリカワールドカップでベスト16進出を果たした日本は、アルベルト・ザッケローニ監督の下でアジア大会に臨んだ。
本田圭佑、長友佑都、香川真司らを擁したザックジャパンだったが、ヨルダンに大苦戦。前半終了間際の45分に失点してしまう。
後半もゴールを奪えぬまま時間が経過したが、アディショナルタイムにドラマが待っていた。ショートCKから長谷部誠がゴール前にクロスを送ると、走り込んだ吉田麻也が頭でねじ込み、土壇場で引き分けに持ち込んだ。
圧倒的な強さで頂点まで駆け上がった2000年大会や、アジアで存在感を放ち始めた段階の1992年大会は別として、04年と11年は初戦で厳しい戦いを経験したことが優勝に繋がった。
一方、2015年大会は初戦を4-0で勝利するなどグループリーグを3連勝で突破した。しかし、準々決勝ではUAEにPK戦で敗れ8強止まりだった。
出場している選手がそれぞれの大会で異なるのはもちろんだが、強者という日本の立ち位置はそのまま。今回も優勝候補の一角に挙げられている。相手に研究される中、森保ジャパンはどのように勝ち進んでいくのか。
トルクメニスタンという伏兵に苦しめられたことは次節以降の糧となるはず。苦戦によって課題が見つかり、試合を重ねる中でチームの成長につなげることもできる。改めて気を引き締め、優勝を目指したいところだ。
1/10(木) 8:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190110-00304277-footballc-socc

続きを読む

トルクメニスタン戦の日本代表を金田喜稔が採点!


◆格下のトルクメニスタン相手に3-2と辛勝 2ゴールの大迫に最高評価
1970年代から80年代にかけて「天才ドリブラー」としてその名を轟かせ、日本代表としても活躍した金田喜稔氏が、トルクメニスタン戦に出場した全17選手を5段階で評価(5つ星が最高、1つ星が最低)。
金田氏は日本を勝利に導く2ゴールを奪った大迫に最高評価を与えるとともに、左サイドのコンビが見せた修正力も称賛した。
<FW>
■大迫勇也(ブレーメン)=★★★★★
大会初戦の前半に相手に先制点を奪われるという難しい状況のなか、自らの2ゴールで流れを一変させた。文句なしのこの試合のMVPであり、一番点を取ってほしい選手が、今大会に最高の形で入っていけたのは、チームとしてとても大きい。
ポストプレーではもっと収めてほしいシーンはあったものの、FWとしては守備的な相手に囲まれスペースを見出しに難い試合。そのなかでも得点にしっかりと絡んだポジショニング、決定機での冷静さを見ると、
やはりチームで最も代えがきかない選手だと再認識させられた。
■柴崎 岳(ヘタフェ)=★★★
経験の浅い冨安とコンビを組んだなか、パスやポジショニングなど特に前半は不安定だった。後半はビルドアップでサイドチェンジを多用するなど、相手の足を止めるパスワークはさすがだったが、
今季所属クラブで思うようにプレーできないことで、コンディションを取り戻せていないと感じるシーンもあった。個人的に一番がっかりしたのは、後半42分頃にハーフウェーライン付近で柴崎が完璧に自分の足下にボールが収めてルックアップし、
右サイドを走る堂安の姿を見て相手の背後へと狙いすましてパスを送った場面。柴崎なら、あれは目をつぶっても堂安にパスを通せた場面だが、この時はキックがインフロントにかかってしまい、相手GKへと流れてしまった。
前半には堂安のヘディングを導く好パスを出していたが、全体的には本調子とは言い難いパフォーマンスだった。
<DF>
■酒井宏樹(マルセイユ)=★★★
いつもに比べると、パスミスなどが多かった。前半にイエローカードを受けたこともプレーの積極性に影響したのかもしれないが、全体的なフィジカルコンディションが落ちていた印象で、いつもの酒井らしさを発揮できていなかった。
引き続き堂安と右サイドで縦関係を組んでいるが、もう少し2人で崩す形を作りたかった。
■吉田麻也(サウサンプトン)=★★★
そんなに悪い出来ではなかったが、格下相手の2失点というのはディフェンスリーダーとして不満の残る内容だ。槙野とのベテランコンビでセンターを組みながら、簡単に1本のパスで背後を取られるシーンもあり、
前述したボランチのポジショニングについても、実際に指示は送っていたのだろうが、1試合を通じてバランスの悪さを修正できなかったのは、後方に構える彼らにも責任はある。クラブからの合流が遅かった点も踏まえて、
第2戦以降でパフォーマンスを上げてくることに期待したい。
■槙野智章(浦和レッズ)=★★★
的確なカバーリングで相手の突破を防ぐシーンが見られた一方、1対1の局面では振り切られる場面もあった。吉田とのコンビは経験豊富なだけに、中央の守備は大崩れすることなく安定。
もっとも格下相手に2失点を喫した日本の守備組織を、吉田とともに試合中のコーチングなどでもう少し修正したかった。
<GK>
■権田修一(サガン鳥栖)=★★
1失点目のミドルシュートは、堂安がボールを失って中盤でつながれて、打ってくるような位置ではないところから決められた。相手のシュートは確かに素晴らしいものだったが、初戦という難しい一戦で何が起こるか分からないなか、
あまりにも警戒感がなく、打ってくるかもしれないという構え方ができていなかったと思う。経験のあるGKだけに、そこは慎重に入ってほしかった。今大会のボールがJリーグでの使用球と異なり、伸び方や曲がり方が異なった点も影響したのだろうが、
前半にはCKを1本被って決定機を与えていた。好セーブでピンチを凌いだシーンもあったが、PK献上による2失点目も含めて守備に安定感を生み出せなかった。
1/11(金) 11:42配信 フットボールzone 全文はこちら 一部抜粋
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190111-00161059-soccermzw-socc

続きを読む

「リバプールにもマンUにも怖い相手いない!」by日本代表・武藤嘉紀


イングランドのプレミアリーグで研鑽を積み、自信を深めた26歳アタッカーが森保一体制の日本代表に初合流した。FW浅野拓磨(ハノーファー)の負傷を受けて追加招集のFW武藤嘉紀(ニューカッスル)が6日から代表トレーニングに合流。各国からトッププレーヤーが集うリーグで戦うなか、「特に怖い相手はいない」と断言している。
今夏のロシア・ワールドカップ(W杯)では苦汁をなめた。出場はグループリーグ第3戦ポーランド戦(0-1)の1試合にとどまり、不完全燃焼のまま大会を終えている。大会後、3シーズンプレーしたドイツのマインツを離れ、新天地ニューカッスルでの挑戦を決断。開幕戦トットナム戦(1-2)で途中出場ながらリーグ戦デビューを飾った。第8節マンチェスター・ユナイテッド戦(2-3)でリーグ戦初先発&プレミア初ゴールをマークし、一躍脚光を浴びている。
「出ればやれているという自信がある」
そう豪語する武藤は、第4節を除き開幕から第11節まで連続出場も、左ふくらはぎの負傷で戦線から一時離脱。12月26日の第19節リバプール戦(0-4)で復帰し、フル出場を果たした。1月2日の第21節マンチェスター・ユナイテッド戦(0-2)で途中出場し、追加招集の形で日本代表に合流している。
復帰以降、心身の状態は徐々に上向いているようだ。「リバプール戦もこの間出ましたけど全然できましたし、マンUも変わらず。特に怖い相手はいない」と言い切る。最高峰のプレミアリーグで戦い続ける男は自信を滲ませた。
全文はこちらから↓
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190107-00159812-soccermzw-socc

続きを読む

1アシストのセビージャ清武、反省!「もっとゴールに向かう姿勢を出さなければ・・・」

ガンソ、ビトロと並び高評価
日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャは17日、リーガ・エスパニョーラ第4節でエイバルと対戦した。清武は2試合ぶりに先発出場を果たし、27分にはFWルシアーノ・ビエットの得点をアシストする活躍を見せるも、チームは退場者2人を出したエイバルから追加点を奪えず1-1で引き分けた。
清武はスペイン『as』による試合後の採点(4段階評価で3が最高点)で、MFガンソ、MFビトロと並びチーム最高評価となる「2」の評価を獲得している。清武はエイバル戦を振り返り、自身のブログで「自分自身は1アシストをしましたが、もっとゴールに絡まないといけないし、もっとゴールに向かう姿勢を出さなければ」と綴っている。
清武はインターナショナルマッチウィークを挟んでラス・パルマス戦、UEFAチャンピオンズリーグのユヴェントス戦では出場機会を得られなかった。サンパオリ監督はエイバル戦ではユヴェントス戦に出場した主力を温存。その結果、先発出場のチャンスを得た清武は「迷いながら自分を探して、地位を確立していかなければいけない現状」だと分析する。
セビージャはミッドウィークの21日に行われる次節、ベティスとのセビージャ・ダービーを迎える。試合は本拠地サンチェス・ピスフアン。絶対に負けられない一戦となるだけに、現状のベストメンバーが選ばれることになるだろう。清武はスタメンに名を連ねるだろうか。注目が集まる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-00010017-theworld-socc

続きを読む

「プレーしていて、苦しすぎて。きつすぎて。相手が涼しそうにプレーしているのを見て、悔しいという感情を超えました」by鹿島・安部裕葵


【鹿島】安部裕葵、悔し涙「本当に勝ちたかった。悔しいという感情を超えた」
「プレーしていて、苦しすぎて。きつすぎて。相手が涼しそうにプレーしているのを見て、悔しいという感情を超えました」
「前半の30分ぐらいで強度の違いを感じた。自分のコンディションは悪くないと思っていた。でも自分の息が上がっているのに気付いて。相手の強度、パススピード、展開の速さ、判断のスピード、全部が速い。それで気付きました。」
https://www.hochi.co.jp/soccer/national/20181220-OHT1T50026.html

続きを読む