移籍

ドルトムント香川真司さん、移籍金最大80%オフのスーパーセールへ!


ドルトムントのMF香川真司は出場機会を求めて今冬の移籍が噂されている。
ドイツ紙「ビルト」によれば、ドルトムントは香川の移籍金を最少で200万(約2億5000万円)~300万ユーロ(約3億7500万円)に設定し直したという。
2012年にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍した当時の1600万ユーロ(約20億円)から市場価格は5分の1以下にまで落ちたが、移籍市場が閉まるまで残り5日を切っても去就は決まっていない。
今年3月には30歳を迎える香川。移籍の希望先はリーガ・エスパニョーラのチームと公言するなか、「ビルト」紙では文末に香川の移籍に関する問題点を挙げている。
「顧客がおらず、移籍市場の扉はあと5日で閉まる。時間はない……」
ドイツメディアのなかでは、移籍は難しいとの見解が少なからずあるようだ。
Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190127-00166002-soccermzw-socc

続きを読む

【悲報?】中島翔哉、カタール移籍が決定した模様・・・


ポルトガル1部ポルティモネンセの日本代表FW中島翔哉(24)が、カタール1部の名門アルドゥハイルに移籍することが決まった。
30日、クラブ関係者が「中島は既にメディカルチェックを受け、契約書にサインをした。移籍金の額は明かせないが、既にクラブ間契約も終わった」と明かした。
現在はビザなどの事務手続きを進めており、2月1日以降に正式発表される見通しという。
ポルティモネンセのフォリャ監督は29日、中島の退団を明言。地元メディアによると、中島がベンチ外だったシャベス戦後に「ポルティモネンセの選手ではなくなる。既に獲得されたからだ」と説明。
移籍先については「知らないし、知りたくもない」と明かさなかった。「彼と一緒に仕事ができたのは素晴らしいことだった。これからも凄いプレーをして成功してくれることを願っている」とエールを送った。
1/30(水) 18:05配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000136-spnannex-socc

続きを読む

中島翔哉はカタール経由で即PSG移籍できるのか?


ポルトガル1部ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉(24)がカタール1部アルドゥハイルに移籍する件について、これはパリサンジェルマン(フランス)が「ファイナンシャル・フェアプレー・ルール(FFP)」をかいくぐる方策だと、30日の英紙サン(電子版)が報じた。
FFPとはクラブの財政健全化を目指し、支出が収入を上回ることを禁じるなど欧州連盟が独自に施行しているルール。
アルドゥハイルのオーナーはカタール王室であり、パリSGも所有している。同時にパリSGは高額な選手への報酬や移籍金などを厳しく調査されている状態で、中島の移籍金は3500万ユーロ(約43億8000万円)とされる。そんな中、アルドゥハイル経由で期限付き移籍という形を取れば、同ルールに抵触せずに中島を獲得できることが可能になるという説だ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00464855-nksports-socc
即レンタル移籍や

続きを読む

【正式発表】<動画>香川真司、トルコ1部ベシクタシュ移籍!現地入りした香川はもみくちゃ!一時パニック状態にw


2/1(金) 4:50配信
ドイツ1部ドルトムントのMF香川真司(29)が移籍期限最終日の31日、トルコ1部の名門ベシクタシュ移籍に向けてイスタンブール入りした。
熱烈な歓迎だった。雨の中、アタテュルク国際空港には多数の地元メディア、サポーターが集結。香川がターミナルから出ると一時パニック状態になった。もみくちゃにされながらも笑顔でサポーターの声援に左手を上げて応え、無言のまま迎えの車に乗り込んだ。
トルコ紙ミリエト(電子版)など地元メディアは30日、ベシクタシュがドルトムントから香川を今季終了まで期限付き移籍で獲得することで合意したと報道。レンタル料は無料でシーズン終了後に移籍金160万ユーロ(約2億円)で完全移籍するオプションが付く。香川には半年間の給与として110万ユーロ(約1億3750万円)と出来高を支払うという。ドルトムントのツォルク・スポーツディレクターは31日に「今日(移籍の)最終交渉のため、香川にチームを離れる許可を与えた」と説明。
香川に近い関係者もベシクタシュ移籍は「決まり」と明言し、現地でメディカルチェックと契約書へのサインを残すだけだった。香川は今季就任したファブレ監督の下で公式戦出場は4試合のみと、事実上の戦力外となっていた。1月2日に渡欧する際には「小さい頃からの夢。今も変わっていない」とスペイン移籍を希望。同1部セビリアのほか、フランス1部ボルドー、モナコなども候補として報じられたが、最終的に盟友の長友もプレーするトルコで復活を目指すことになった。
▽ベシクタシュ 1903年創設。リーグ優勝15回(歴代3位)、トルコ杯優勝14回(同2位)の名門。同じイスタンブールが本拠地のガラタサライ(リーグ優勝21回)、フェネルバフチェ(19回)とともにビッグ3と称される。昨季はリーグ4位で、欧州CLで決勝トーナメント進出(16強)。今季は現在リーグ6位。元トルコ代表GKのシェノル・ギュネシュ監督(66)。ホームはボーダフォン・パーク(4万1188人収容)。
▼トルコ1部リーグ 正式名称はスーパー・リーグの現地読みのシュペル・リグ。地方リーグを統合する形で1959年発足。18チームで構成され、優勝、2位が欧州CL出場権、3、4位が欧州リーグ出場権を獲得。下位3チームが2部降格。UEFAのリーグランクは10位(11位はオランダ)。06~07年にMF稲本がガラタサライ、15~16年にMF細貝がブルサスポル、MF瀬戸がオスマンリスポル、18年~DF長友がガラタサライでプレー。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000005-spnannex-socc

続きを読む

「ベシクタシュ移籍が完了しました!新たな挑戦を楽しみにしています!」by香川真司


MF香川真司がスュペル・リグ(トルコ1部)のベシクタシュにレンタル移籍が決まり、自身のインスタグラム(@sk23.10)でドルトムントにメッセージを送った。
香川は今シーズン前半戦で公式戦4試合の出場にとどまり、昨年11月にスペインへの移籍希望を公言。今冬の移籍市場でセビージャ、モナコ、ハノーファーなどが噂されたが、最終的に今シーズン末までのレンタルでベシクタシュ移籍が決まった。
香川は8枚の写真とともにドイツ語でサポーターや現在ブンデスリーガ首位のチームにメッセージを送った。「ドルトムントのファン、チームメイト、クラブ関係者のみなさんへ。ベシクタシュの移籍が完了しました。今季はドルトムントで貢献できませんでしたが、今までの素晴らしいサポートに感謝しています。今は新たな挑戦を楽しみにしています。心から、ありがとう。ドルトムントの優勝を願っています」
2/1(金) 8:13配信サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00900778-soccerk-socc

続きを読む

香川真司のベシクタシュ移籍・・・買い取りオプションは付いていない模様!


MF香川真司がドルトムントからトルコ1部ベシクタシュにローン移籍が決定した。地元メディアは以前、香川に買い取りオプションが付いていると報じていたが、クラブのŞafak Mahmutyazıcıoğlu氏がこれを否定した。
トルコ『フットボール・アリーナ』の取材に答えた同氏は、「報道されていることは事実ではない。香川の移籍について、私から話したとされる内容は誤りだ。香川には買い取りオプションは付いていない」と説明した。
香川のキャリアはセレッソ大阪から始まり、2010年7月にドルトムントに加入し、2連覇に大きく貢献。マンチェスター・ユナイテッド移籍を経て2014年8月に復帰した。ドルトムントでは112出場29ゴール16アシストを記録。ルシアン・ファブレ監督体制となった今シーズンは出場機会が激減し、新天地はトルコに決定。香川は今シーズン終了までベシクタシュのユニフォームを着てプレーする。
同氏は「クラブはオプションを主張しなかったが、シンジ・カガワは世界のスターだ。ベシクタシュのフィールド内外で貢献してくれることを願っているよ」とコメントしている。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?265345-265345-fl

続きを読む

ドルトムント・オーバメヤンはマンC加入有力か?移籍金は90億円超!

日本代表MF香川真司のドルトムントに所属するガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが、マンチェスター・Cへ移籍する可能性が高まっているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が8日に報じている。
報道によると、マンチェスター・Cがオーバメヤン獲得に迫っているようだ。同クラブは移籍金5800万ポンド(約90億2000万円)を用意し、「獲得の準備が整った」と報じられている。マンチェスター・Cは2日にドイツ人MFイルカイ・ギュンドアンを獲得しており、オーバメヤンの加入が決まると、今夏の移籍市場でドルトムントから2人目の選手補強となる。
オーバメヤンは1989年生まれの26歳。ミランの下部組織出身で、レンタル移籍でフランス国内のクラブを渡り歩いた。2011年からはサンテティエンヌでプレーし、2013年にドルトムントへ移籍。今シーズンはブンデスリーガ31試合に出場、得点ランク2位の25ゴールを記録した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160608-00452998-soccerk-socc

続きを読む

「アル・ドゥハイルでも思う存分楽しみたい!これからもサッカーを楽しんでどんどんサッカーが上手くなれるように頑張ます!」by中島翔哉


ポルトガル1部のポルティモネンセに所属していた日本代表MF中島翔哉は、カタールのアル・ドゥハイルへ移籍したことが現地時間3日に正式発表された。中島はマネジメント会社を通して移籍についてコメントしている。
中島は2017年夏にFC東京からポルティモネンセに期限付き移籍し、ポルトガルリーグで二桁の10得点を挙げるなど活躍。ポルティモネンセに完全移籍した今季も引き続き好プレーを見せて評価を高めていた。
移籍の発表を行った中島は、「これからもサッカーを楽しんでどんどんサッカーが上手くなれるように頑張ります!」とコメント。「ポルティモネンセではとても素晴らしい時間を過ごせました。クラブ関係者、スタッフ、チームメイトにとても感謝しています」と古巣への思いを述べた上で、「アル・ドゥハイルでも思う存分楽しみたいと思います!」と意気込みを見せている。
クラブによれば中島はすでにアル・ドゥハイルの練習に参加しているとのこと。デビューに向けて準備を整えていくことが期待される。
2/4(月) 11:22配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190204-00308199-footballc-socc

続きを読む