移籍

「カタール移籍は自分の意思で決めたこと!後悔はしません!」by中島翔哉


ポルトガルのポルティモネンセからカタールのアル・ドゥハイルへ移籍したことが3日に発表された日本代表MF中島翔哉は、移籍を決断した理由や、欧州ビッグクラブではなく中東のクラブを移籍先に選んだ理由について自身の公式ブログで説明を行っている。
ポルティモネンセでの活躍で大きく評価を高めた中島に対しては、欧州の有力クラブなどが獲得に関心を示していると盛んに噂されてきた。プレミアリーグのウォルバーハンプトンが一時は中島の獲得に近づいていると報じられていたほか、ポルトガルの名門ポルトや、スペインのセビージャなどが特に具体的な移籍先候補として報じられたことがあった。
しかし移籍先となったのは、一般的には欧州クラブからの「ステップアップ」であるとはみなされない中東のクラブだった。チャンピオンズリーグ(CL)やプレミアリーグなど、世界からの注目度も高い華やかな舞台で中島が活躍することを期待していたファンの中には、今回の移籍を残念に感じる者もいたかもしれない。
4日に公式ブログを公式した中島は、こういった見方に対して「僕自身も様々なニュースが流れていることは知っていました。その中でニュースを見ている方やいつも応援してくれている方々が今回の移籍に関して少し誤解をしているかもしれないと感じています」と述べた上で、移籍を決断するに至った思いについて説明している。
まず中島は、アル・ドゥハイルへの移籍はポルティモネンセや代理人ではなく「自分の意思で決めました」と強調。ポルティモネンセに対しては強い感謝の思いを表し、「僕の中でまた戻ってきたいと思えるようなクラブです」と述べている。
その上で、移籍を決断するにあたっては「お金や名声、リーグのレベルやチームの知名度ではなく、一般的な知名度やレベルを一度忘れて、自分の目で見て、自分の中でそのチームの強さを決め、自分のプレースタイルに合っているかどうかを見極めること」を何より重視していると中島は語る。
「CL等の大会自体には大きなこだわりはありません」としつつ、それよりも移籍先が自分に合っていることや、「一番楽しそうだなと思えるプレースタイルであり、普段の生活でも楽しいと感じる環境であること」が重要だと中島は語る。実際にカタールを2回訪れてアル・ドゥハイルの環境を熟考した上で、自身のサッカーを楽しめる場所、家族とともに幸福に暮らせる場所だと判断したとのことだ。
「もしかしたら甘いと言われるかもしれないですが、僕はこれから先ずっとあくまでもサッカーは楽しいスポーツとしてやっていきたいと思っています」と中島。「自分の意思で決めたことに対して後悔はしません。そして、これからも必ず自分の中のサッカーのレベルを上げて行こうと思っています」と述べ、自身の決断について理解と応援を求めている。
2/4(月) 17:08配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190204-00308215-footballc-socc

続きを読む

キングカズと中村俊輔がチームメイトに!?


スポーツ報知
J2横浜Cが今夏の移籍市場で、元日本代表MF中村俊輔(41)=磐田=の獲得に乗り出していることが1日、分かった。2007年以来、13季ぶりのJ1昇格を目指しているが、今季はここまで7勝5分け8敗と負け越して13位と出遅れている。巻き返しの切り札として、日本を代表するレフティーに白羽の矢を立てた。交渉がまとまれば、FW三浦知良(52)との夢のレジェンド共演が実現する。
日本サッカー界のレジェンド2人がJ2、横浜Cを舞台に共演する可能性が出てきた。今夏の移籍マーケットが開く19日を前に、横浜Cが、磐田MF中村の獲得に動いていることが判明。関係者によると13季ぶりのJ1復帰を目指すチームが、13位からの巻き返しを図るための起爆剤として白羽の矢を立てた。磐田との移籍交渉がまとまれば、カズとの夢のタッグが実現する。
中村は今季リーグ戦で出場2試合(先発1、途中出場1試合)にとどまり、現在は左内転筋の肉離れで別メニュー調整中。ただ、横浜Cは41歳を迎えても左足から繰り出される日本最高峰のFKと技術、試合を読む力は衰えることはないと高く評価。負傷、シーズン途中の加入など不確定要素がある中でも、豊富な経験からチームに上積みをもたらせる存在としてラブコールを送った。
カズは過去に、中村と一緒にプレーすることを望んでいた。2009年6月30日に初めて2人で会食。その後、「同じ横浜なんだからマリノスではなく、横浜FCでもいいだろ、とオファーを出しておいた。いつか一緒にプレーしたいね」と口説いたことを告白していた。当時、中村をめぐってはスコットランド1部セルティックから古巣・横浜M復帰が取り沙汰されており、争奪戦にカズも“参戦”したが、最終的に中村はスペイン1部エスパニョール移籍を決めた。
10年前のカズの願いがかなう可能性は、ある。中村にとっては地元のクラブであり、尊敬する「キング・カズ」の存在は大きい。何よりもクラブから戦力として高く評価されており、次なる新天地として選んでも不思議ではない。得点源FWイバとのホットラインが完成すれば、他クラブにとっても脅威になるはずだ。夏の選手登録期間は19日~8月16日。日本のキングと天才レフティーの邂逅(かいこう)は、大きな話題となりそうだ。
◆カズと俊輔 年齢は11歳差だが、98年フランスW杯直前のオーストラリア合宿で対面して以降、カズは「本物のサッカー小僧」、俊輔は「ベテランという域を超えた存在。憧れ」と尊敬し合う間柄。日本代表では4試合で共演。俊輔が初得点した00年2月のアジア杯予選ブルネイ戦では“アベック弾”を記録している。
◆中村 俊輔(なかむら・しゅんすけ)1978年6月24日、横浜市生まれ。41歳。桐光学園高3年時の高校選手権で準V。97年に横浜Mへ加入し、2000年のシンガポール戦で日本代表デビュー。同年シドニー五輪出場。02年にレッジーナ(イタリア)移籍。セルティック(スコットランド)、エスパニョール(スペイン)、横浜Mを経て17年に磐田へ移籍。日本代表通算98試合24得点。178センチ、71キロ。家族は妻と4男1女。
https://hochi.news/articles/20190702-OHT1T50017.html

続きを読む

【悲報】柴崎岳、スペイン2部デポルティボ・ラ・コルーニャ移籍にサインもしていた!


サッカースペイン1部リーグ、ヘタフェの日本代表MF柴崎岳が、1月の移籍市場でスペイン2部デポルティボ・ラ・コルーニャへレンタル移籍すると書面サインまで達していたものの、ヘタフェが最後に翻意。最終日に破談になったと6日までにスペイン紙などが報じた。
デポルティボ・ラ・コルーニャのスポーツ・ディレクター、カルメロ・デル・ポソ氏が明かした。同氏によるとデポルティボ、ヘタフェ、選手は1月29日午後、レンタル移籍で合意。各種資料の送付のほか、柴崎自身もアジア杯決勝の前日に契約サインをした。
状況が変わったのはヘタフェが態度を硬化させたため。柴崎放出に伴う選手の獲得に動いていたが実現せず、それまでの合意を一方的に破棄したという。
2/6(水) 20:14配信 ディリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000116-dal-socc

続きを読む

「日本代表の"10番"、香川と中島の移籍に明暗!」by夕刊フジ


本来は欧州のビッグクラブへの移籍を画策していた中島が選んだのは、2022年W杯開催国であるカタールの強豪アルドハイルだった。とにかく条件は破格だ。
43億円を超える移籍金は、2001年に中田英寿氏がローマからパルマ(ともにイタリア)に移籍した際の約32億円を上回り、香川が全盛期にドルトムントからマンチェスターユナイテッドに移籍した際の21億円の2倍以上。年俸も350万ユーロ(約4億4000万円)にはね上がった。
日本サッカー協会幹部が「Jリーグに一銭も入らないのが残念」と嘆く。中島は17年8月、当初は18年6月30日までの期限付きでポルティモネンセに移籍したが、18年5月に完全移籍に切り替えた。この時点で保有権を手放したFC東京は、今回の大型契約の恩恵にあずかることはできない。
そもそも、ポルティモネンセも中島を放出する意志はほとんどなかった。昨オフ、ポルトガルリーグのライバルであるポルトが移籍金800万ユーロ(約10億円)で中島の獲得をオファーしたが、これを断り、中島の移籍金を2000万ユーロ(約26億円)と設定。欧州ビッグクラブ以外への移籍は消えたとみられていた。
ところが、資金力だけなら世界でも英プレミアリーグに次ぐカタール・リーグのアルドハイルが、ポルティモネンセ側の想定をはるかに超える金額で、フォリャ監督ら現場が残留を熱望していた中島をかっさらった。
それだけではない。アルドハイルは、ネイマールやエムバペを抱えるフランス・リーグのパリ・サンジェルマン(SG)とオーナーが同じ(カタール人のナセル・アル・ヘライフィー氏)。欧州のメディアは、中島のアルドハイル移籍は単なる補強ではなく、パリSGが、欧州サッカー連盟(UEFA)がクラブの健全経営のために定めた規約をすり抜けるための方策との見方も示している。
パリSGが中島を獲得するため、アルドハイルを経由し、規約に抵触しない範囲で移籍金を再設定するか、期限付きで獲得する可能性が指摘されているのだ。これが本当だとすれば、欧州屈指の強豪にとって中島は、謀略をめぐらしてでもほしい選手-という言い方もできる。
カタール行きを選択した背景には様々な憶測が飛び交っているが、中島は自身のブログで説明。
「今回の移籍に関して少し誤解をしているかもしれないと感じています。(中略)今回カタールのアル・ドゥハイルへ移籍することはポルティモネンセや代理人が決めたことではなく、自分の意思で決めました」
中島は森保一監督(50)の就任とともに日本代表の「10」を香川から引き継ぎ、キリンチャレンジ杯で大活躍。しかし先のアジア杯を前に右下腿を痛め離脱した。日本が決勝で敗れ、2大会ぶり5度目の優勝を逃した要因として、チームの軸となった中島の不在を挙げる関係者は多い。アジア杯では追加招集の乾(アラベス)が10番を付けたが、今も実質的なエースは中島である。
一方、香川が置かれた立場は対照的だ。20年6月まで契約があるドイツのドルトムントで“戦力外”状態。本人はスペイン・リーグへの移籍を希望していたが、トルコのベシクタシュへ、半年間のレンタル移籍が決まった。半年の給料は110万ユーロ(約1億4000万円)で、“都落ち”の感が否めない。しかも「シーズン終了後、ベシクタシュが160万ユーロ(約2億円)を払えば優先的に契約を結べる」(関係者)内容で、レンタル料は“タダ”(無料)。ドルトムントからていよく追い払われた格好だ。
途中出場で2分半の間に2ゴールを奪ったデビュー戦(3日のアンタルヤスポル戦)は、確かに衝撃的だった。しかし、4-1と大量リードした後半36分からの登場で、相手が試合を諦めた状況だったことを差し引かなければならない。「1試合だけなので。次に切り替えて、こういう結果を常に出せるようにやっていきたい」と冷静にコメントした香川自身が一番よくわかっている。
森保ジャパンは3月からキリンチャレンジ杯4試合、6月14日開幕の南米選手権出場をへて、9月から22年W杯カタール大会アジア予選に臨む予定。森保監督は今月中にも選手選考のため欧州視察に出かけ、“海外組”との面談も行う意向だ。
トルコ経由で代表復帰と10番奪回を目指す香川にとって、アピールできる時間は極めて短い。
2/6(水) 16:56配信 夕刊フジ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000007-ykf-spo

続きを読む

中島翔哉のカタール移籍に見る日本人選手とキャリアアップ


■驚かされたアル・ドゥハイルへの移籍、欧州でのステップアップを失うリスクも
ポルトガルのポルティモネンセからカタールのアル・ドゥハイルへ――。中島翔哉の移籍は正直、予想外だった。
ロシア・ワールドカップ(W杯)後の日本代表でエース格として活躍、ポルティモンセでも大活躍だったので、少なくとも今季終了後の移籍は確実と見られていた。次の移籍先は中島本人はもちろん、日本代表にとっても重要だった。
中島のプレースタイルはチームを選ぶ。守備が得意なわけではないので、守備的なスタイルのチームには合わない。しかし、攻撃的にプレーできる強豪クラブではポジション争いが厳しい。出場機会を失えば、本人にとっても日本代表にとっても大きなマイナスになってしまう。香川真司(ベジクタシュ)がマンチェスター・ユナイテッドで、キャリアのピークを空費してしまった例もある。
移籍はあくまでも本人の職業選択の話であって、外部がとやかく言うようなことではない。ただ、ヨーロッパのクラブへ移籍するものとばかり思っていたので、カタールという選択には意表を突かれた。
ポルティモンセにとっては「売り時」だ。戦力的にキープしたいのは山々だが、今なら高額の移籍金を手にできる。実際、アル・ドゥハイルへの移籍金は約44億円、日本人の移籍金額としては史上最高と言われている。
アル・ドゥハイルは素晴らしい施設を持ち、ルイ・ファリア監督はジョゼ・モウリーニョの右腕だった人物だ。チームメートにはアジアカップの得点王で、日本のゴールへオーバーヘッドシュートを決めたアルモエズ・アリもいる。年俸も高いだろうし、生活もしやすい。リーグのレベルも懸念されるほど低くはないと思う。「楽しくプレーしたい」という本人の希望どおりだろう。2022年W杯の開催国であり、その時に日本代表のメンバーとしてプレーすればホームゲームの感覚でやれるメリットもありそうだ。
難しいのは、リーグのレベルが低くないと言ってもヨーロッパのトップレベルとは比較にならないこと。厳しい競争の中でレベルアップを図るという道は閉ざされる。24歳ということもあり、ヨーロッパでのステップアップの機会は失われたかもしれない。アル・ドゥハイルがパリ・サンジェルマン(PSG)と関係が深いことから、カタールを経由させてPSGへ移籍するのではないかという噂もあるが、ネイマール、キリアン・ムバッペ、アンヘル・ディ・マリアのいるPSGで中島の出番があるようには思えない。PSGで塩漬けにされるぐらいなら、そのままアル・ドゥハイルでプレーしたほうがいい。
■Jリーグもカタールリーグも欧州から見れば“ほぼ同じ”
移籍金が高額に設定されるはずなので、次の移籍はかなり難しくなる。PSGのような特別なルートを別にすると、獲得するためのハードルはかなり上がってしまう。ビッグクラブへ売る目的での獲得はなくなり、年齢から言っても純粋な戦力補強になる。高額の移籍金を払い、それを回収する見込みがない選手を獲得したいクラブは、そんなに多くはないだろう。カタールで素晴らしい活躍をしても、それが評価されるとも考えにくい。ヨーロッパ市場でのステップアップという意味で言えば、カタールでのキャリアは空白期間になるわけだ。
しかし、ヨーロッパサッカーの中で上昇を目指すだけがキャリアの積み方ではない。前記したように移籍は本人が決めればいいことだ。カタールリーグは日本には全く馴染みがないために、「何もカタールでなくても」という意見もあるようだが、Jリーグもカタールリーグもヨーロッパから見ればほぼ同じである。カタールがダメなら、ヨーロッパでの成功を目指す24歳の選手がJリーグでプレーするメリットもないのだ。移籍金が高くなるので移籍しにくくなる以外、カタールでプレーするのはJリーグよりデメリットが大きいわけではない。
日本の感覚だと海外移籍は「武者修行」のイメージだが、より高年俸の職場を求めて移籍するのは当たり前。より高いレベルでプレーできるからといって、年俸が下がるのを望んで移籍する選手はいない。高年俸の中東クラブへの移籍は、本来ならもっと増えてもいいはずなのだ。
UAEで塩谷司(アル・アイン)が成功し、カタールで中島が道を拓けば、Jリーガーにとって中東移籍という選択肢も有力になっていくのではないか。
2/7(木) 20:19配信フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190207-00169120-soccermzw-socc&p=1

続きを読む

中島翔哉はPSGに行けるのか?


1月の移籍マーケットに関しては、想像を上回るほどの大型移籍は行われませんでした。また前回述べたようなトレード型も行われず、結果的には大きな動きは少なかったと言えます。
この背景には、確実ではありませんが、やはりFIFAファイナンシャルフェアプレー(FFP)の影響があったと考えられてもおかしくはありません。現場からは多くの移籍話が浮上したものの、そのほとんどが金額面で折り合わなかったという話が多く聞こえてきたのは事実ありました。
その中で1つだけ驚くニュースがありました。中島翔哉選手のカタール・アルドハイルへの移籍です。その金額は30億円とも40億円とも言われておりますが、この裏には大きな政治の動きとビッグクラブの思惑があるように感じます。今回はそのビッグクラブの思惑、そして日本からは見えにくい部分を整理してみたいと思います。
今回の移籍を裏にいると言われているのはフランス・パリを拠点に置くパリサンジェルマン(PSG)です。デロイトによると2017~18シーズンを終えてレアル・マドリード、バルセロナ、マンチェスターU、バイエルン、マンチェスターCに次ぐ6番目の売り上げを誇り、その額は約700億円になります。
約58%がマーケティング収入、24%が放映権、そして残りの18%がチケットなどの試合関連と報告されておりますので、全体的にはマーケティング面に力が割かれているように感じます。
クラブ設立は1970年と比較的新しいクラブで、現在ではカタールのスポーツ投資会社と呼ばれるカタールの投資庁の子会社がクラブを保有しており、実質カタールの国が運営していると言っても良いかもしれません。現在そのカタールは周辺国であるサウジアラビアやUAEと政治的な理由から国交を断絶している状況にあり、先日行われたアジア杯決勝もカタール人のサポーターはUAEに入国することが許されていないという報道があったほどです。
実際のところ、そのメインスポンサーがUAEの国営航空会社でもあるエミレーツであることは少し奇妙に感じますが、混沌(こんとん)としていることは間違いありません。
そしてその財源は一体どこからなのか? と疑問になりますが、カタールは世界で一番裕福な国であるとされており、1人当たりの国内総生産(GDP)は日本が4万ドル(約440万円)と言われているところその3倍を超える13万ドル(約1430万円)にもなると言われています。
私もレアル・マドリード大学院の同期が1人いるのですが、市民は多くのサービスが無料で受けられるどころか国から大学卒業祝いとして土地が用意され、夏は暑いので外出できない代わりに、補助金として給与同額の金額が支給されるなど、想像をはるかに超える裕福さになります。
裕福であるのは当然オイルマネーであるのですが、そのお金でPSGが運営されており、アルドハイルと同資本で関係者が多くいることを考えると、中島選手の将来はPSGが見えてくるのは当然かもしれません。
しかもそのPSGは先ほどマーケティング面での売り上げ割合が高いと述べましたが、世界的にマーケティングを仕掛けており日本にもその影は迫っております。
先日も16歳の日本人選手が2名下部も組織に加入しました。日本でのアカデミーやキャンプの実施を検討し、さらには日本企業をスポンサーとして招致する動きを見せるなど活発になってきております。
こうした世界的な規模でのマーケティング活動が大きな売り上げを作り出していることを考えると、わずか50年で700億近くも売り上げるクラブを作り上げてしまうその力は本当に大きいものであると感じます。
中島選手のPSGへの移籍を含め今後の活動に注目されます。【酒井浩之】
2/10(日) 11:18配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00477163-nksports-socc

続きを読む

ベルギー移籍の久保が会見!背番号は31!「縁起がいい。好きな番号」


スイス1部ヤングボーイズからベルギー1部の強豪ヘントに移籍したFW久保裕也(23)が26日、入団会見を行った。
背番号はプロデビューしたJ2京都で付け「縁起がいい。好きな番号」というヤングボーイズ時代と同じ「31」を志願して決定。移籍の決め手について「ここに来たら、サッカー面で自分がもっと成長できると思った。成長したいという思いが一番強かった。(ベルギーは)スイスよりレベルは高いと思う」とステップアップのためと説明した。26日午前に初めて練習に参加し「日曜日に可能であれば、気持ち的にいけるつもり」と29日のホーム・クラブ・ブリュージュ戦でのデビューに意欲を示した。
契約期間は20年6月までの3年半。ベルギーメディアの報道によると、移籍金は350万ユーロ(約4億2700万円)でクラブ歴代最高。スイスリーグで通算104試合26得点をマークし、今季欧州CL予選3回戦でウクライナの強豪シャフタル・ドネツクから2得点を挙げたことなどが高く評価された。デビッテ会長は昨夏にも獲得に動いていたことを明かし、2度目のラブコールで移籍が実現。「スポンサーは関係ない。スポーツ面だけで獲得を決断した」と説明した。
ヘントは14~15年に国内リーグで初優勝し、昨季は欧州CLで16強入りした強豪。今季はリーグ6位から巻き返すために積極的に補強に動いており、久保はこの冬7人目の新加入選手となった。ベルギーでは過去にFW鈴木隆行(ゲンク、ゾルダー)、GK川島永嗣(リールセ、スタンダール・リエージュ)、FW小野裕二(Sリエージュ、シントトロイデン)らがプレーした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00000133-spnannex-socc

続きを読む