移籍

代表候補合宿に初招集の杉本健勇が複雑な表情!?「いろんな意見があると思う・・・」

J1川崎のFW杉本健勇(22)は8日、川崎市内で次節名古屋戦(10日、豊田ス)に向けて調整し、複雑な表情を見せた。

今季先発出場1試合と定位置をつかみ取れない中で、前日7日に日本代表候補合宿(12、13日・千葉県内)に初招集された。 「いろんな意見があると思う。まずチームで活躍することが最優先」と控えめ。
日本代表・ハリルホジッチ監督が視察した4月4日の新潟戦で、今季唯一のゴール。
プラチナ世代の22歳は「選ばれたからには死ぬ気でやってチャンスをつかみたい」と決意を明かした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150508-00000083-dal-socc

続きを読む

「移籍話もあったのでかなりのスロースタートだった・・・今は良いリズムを取り戻しつつある!」byドルトムント香川真司


香川真司、積極的なシュートで得点狙い「良いリズムを取り戻しつつある」と手応え
(フットボールチャンネル)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180927-00290919-footballc-socc
結果を残せない状況が続いているが「乗り越え方、そうですね、もちろん不可能なことはないんで。ただ、やっぱり今のメンバー見ても、非常に多いんでね、ただでさえ。それを納得させるには何より結果が必要ですし、信頼を得るには結果が必要です。地道にやっていくしかないです。それ以上、答えはないんで。その答えを勝ち取るためには日々やっていくだけなんで。ただ、こうやって勝ったことは、非常に良い一日を明日からまた迎えれる。それを自分自身ポジティブに捉えて、また明日から頑張りたい」と、意気込みを語った。
続けて「かなりのスロースタートを切ったんで。それも、移籍の話もあったなかで、自分自身もなかなか先のことがわからない状況だった分、難しさは非常に感じていた。
ただ、ここにきて徐に自分も練習含め、普段の生活含め、良いリズムを取り戻しつつあるんで。これからもっと厳しくやっていきたいなと思います」とコメントし、調子を取り戻しつつあることを明かした。
いい感じみたいだな

続きを読む

ドルトムント香川のイタリア訪問で、気になる今夏の移籍・・・

試合後に香川は、ある“こだわり”を口にした。
「パワーを含めて、スピードを含めて、トップスピードの中でどれだけやれるかっていうのをこだわってやっていきたいです」
ドルトムントには「個の力」が強い選手が多い。「個の力」を、香川は「前に行く力」とも言い換える。3トップのオーバメヤン、ロイス、ムヒタリアン、
または新星プリシッチ…速くて技術のある選手に「本当に刺激を受ける」のだという。
「トップスピードの中でどれだけやれるか」
そういった意味では、シュトゥットガルト戦での先制弾は、香川の“こだわり”が生んだとも言えるだろう。左サイドで、ロイスとのワンツーから、ムヒタリアンが「トップスピード」に入ると、
香川もギアを上げて加速して、エリア内に入っていった。
そして難しいボールを集中して決めきったが、「まだまだ足りない」と、決して満足することはない。「パワー」、「スピード」、「球際」…「前に行く力」を身に付けていくために、「まだまだやれることはある」。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160424-00010014-footballc-socc

続きを読む