試合

"セルジオ節"、健在!「予選全勝で評価することはない!」


日本代表は17日、AFCアジアカップUAE2019・グループステージ第3戦でウズベキスタン代表と対戦し、2-1で逆転勝利。この結果、3戦3勝でグループF首位通過を決めた。
試合後、サッカー解説者のセルジオ越後氏にグループステージ3試合を総括してもらった。
「予選全勝で評価することはないね。全勝したけど第1戦、2戦は酷い試合だった。しかも、現状のベストメンバーで。 メンバーを大幅に入れ替えてウズベキスタンに勝ったけど、次の試合のスタメンはもう決まっているようなものでしょ?
この休息を生かして、いい状態で次の試合に臨めればいいけどね」
日本は中3日で“負けたら終わり”の決勝トーナメント1回戦に臨む。セルジオ氏は「アジアカップ本番はここから」と話す。
「ここまで3連勝でも、次の試合で負けたらもう終わり。ここからは全試合で勝たないと優勝はないわけだからね。グループ1位にはなったけど、弱い相手と戦うことはまずない。
勝てば勝つほど強い国と対戦するわけだし、優勝までの道のりはそう簡単ではないと思う」
「今大会から出場国が増えたけど、ここまでの顔触れを見れば全て順当。アジア強豪国を脅かすような力を持った国はそう出てこないし、全く“ハプニング”のない大会になっている。
ただ、アジアカップ本番はここから。グループステージの3カ国と比べて、対戦相手のレベルが違うことは想定しないといけないね」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00893768-soccerk-socc
1/18(金) 7:00配信

続きを読む

【日本代表視聴率】サッカーアジア杯オマーン戦は関東14.3%!北川効果で20%超の静岡が全国トップ!


テレビ朝日系列で13日に生中継されたサッカーアジア杯1次リーグ「日本-オマーン」(午後10時26分~深夜0時30分)について、静岡朝日テレビでは同時間帯1位となる視聴率21・3%を記録した。
15日発表のビデオリサーチの調査で分かった。系列24局の中でトップ。関東地区では14・3%だった。
J1清水FW北川航也が先発したため、ゴールへの期待感が数字を押し上げた。
日刊スポーツ
北川効果で20%超、静岡での視聴率が全国トップ
https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/201901150001103.html

続きを読む

あのドラゴン久保が語るサッカー界の“久保ブーム”!


W杯最終予選を戦うA代表、U-20W杯が間近に迫ったU-20代表、そしてJリーグと、日本サッカーの各カテゴリーで“久保”が存在感を発揮している。
いずれもFWである各選手への期待を、これまた元日本代表の名ストライカー、久保竜彦さん(40歳)に聞いた。
現役時代はいつも「ん~、あんまわかんないっす」といった調子で極端に口数が少なく、インタビュアー泣かせで有名だった“ドラゴン”がたくさん喋ってくれたぞ!(笑)
■「解説の仕事はすぐにシーンとなる(笑)」
―早速ですが、いま久保さんは何をされているんですか? 2011年までは金沢(当時JFL、現J2)でプレーされていたようですが。
久保 金沢を退団した後もチームを探していたんですけど、なかなか見つからなくて。その後はしばらく、広島の廿日市(はつかいち)市で小中学生のコーチをやっていました。でも、13年に広島時代の先輩が広島県社会人リーグの廿日市FC(現中国リーグ)で現役復帰するというので、俺も一緒にやることになったんです。それから昨季まで選手登録をしていましたが、実際にプレーしたのは一昨季までです。
―それからは何を?
久保 教えるほうですね。広島県内の知り合いのチームを中心に、幼稚園を含めちょくちょく顔を出しています。
―大変失礼ながら、現役時代の久保さんの印象からすると、指導者というのはイメージしにくいのですが…。
久保 面白いですよ。自分の経験でもサッカーをやっていて一番楽しかったのは小学生の頃ですし。子供って何考えてるかわからないじゃないですか(笑)。
―将来的にはJリーグの監督になりたいとか?
久保 いや、うまいこと喋れないし、免許(S級ライセンス)もない。興味ないっすね(笑)。環境があるなら、子供がやっていて楽しい練習を考えていたいです。
―久保さんといえば、極端に口数が少なく“取材者泣かせ”の選手として有名でした。現役時代はあまり取材も受けていなかったと思います。正直、今日も広島に来るまで本当に話が聞けるのか不安でした(笑)。
久保 現役の時はサッカーのことしか考えてなかったし、外からギャーギャー言われて、いちいちそれに答えるのも面倒じゃないですか。まして試合後の取材なんて、腹減ってるし、早く(お酒を)飲みたいし。他のことを考えたくなかったんですよ。
―そういう素っ気ない取材対応について、奥さんに何か言われなかったんですか?
久保 「アホやないか」って笑ってました(笑)。
―若い頃からお酒好きで知られていましたね。
久保 試合の後は飲まないと眠れんかったから飲んでましたけど、そんなに飲めないですよ。お酒ってヒマ潰しになるし、気持ちよくなれるじゃないですか。最近は飲まない選手が多いけど、試合の後とか何してんのかな(笑)。試合で負けてイライラしても、飲まないで平気なんすかね?
―解説の仕事とかはやらないんですか?
久保 何回かやりましたけど…すぐにシーンとなっちゃって(笑)。
―何か話さなきゃダメじゃないですか!(笑)
久保 いや、自分は何も考えてないけん。タダで試合が見れるけんいいかなと思ったんですけど…。試合中は「ワー!」とか「オー!」とか言ってるだけで、試合後の監督インタビューも「感想は何かありますか?」しか言えませんでした。それ以来、仕事の話が来ないから…ダメだったってことですかね(笑)。
つづく
週プレNEWS5/8(月) 11:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170508-00084315-playboyz-socc

続きを読む

タイ戦前日!ハリルホジッチ監督会見!「選手を批判するのではなく、選手を励ますことに努めてきた」

日本vsタイ 試合前日のハリルホジッチ監督会見要旨
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?197968-197968-fl

●バヒド・ハリルホジッチ監督
「1試合目が終わってかなり悲しんだが、そこから元気を取り戻さないといけなかった。タイもサウジアラビア戦ではとても良い試合をした。敗北とは異なる結果をもらう資格があった。彼らも少し不正義な状態に陥ったと思う。タイの観客は熱狂しているし、日本国民も期待してくれている。日本代表の選手は元気で、良いトレーニングをしてくれている。勝利を探しに行く準備はできている」
―タイはホームで強く、サポーターの後押しもあるが?
「スタジアムの雰囲気はよく分かっている。数試合、映像も見た。フットボールに対する観客の熱意はすごく感じる。ホームで良い試合ができるのがタイ代表だと思っている。早いプレーで、連続プレーも早い。しかし、日本には経験、クオリティーがある。試合をコントロールすることができると思う。日本も戦う準備はできている。最終予選に簡単な試合は一つもない。どこに行っても強い気持ちで勝ちにいかないといけない」
―UAE戦ではプレースピードが上がらなかったと話していたが、明日の試合はどうか? 初戦敗退のショックは残っているか?
「我々はバルセロナではない。ただ、前回の試合は25本のシュートを打ち、13回ほど得点チャンスがあった。16mの中から17回シュートを打った。統計上はどんな国にも劣らない数のビッグチャンスをつくり出した。ただ、得点を仕留めるところで少し問題がある。得点を取ったにも関わらず、時々拒否される。これが最後の拒否であってほしい。
負けに関しては受け入れがたかった。審判の笛によって、不正義な状況で我々はやられてしまった。長い時間をかけて準備してきたが、我々の庭で盗まれてしまった。本当にうれしくない状況だ。ただ、人生は続くし、選手を批判するのではなく、選手を励ますことに努めてきた。相手にFKとPKというプレゼントを与えてしまったが、選手をしっかり励ますことに努め、ホテルの横にある日本食レストランに夕食を食べにも出かけた。時々、日本食以外のものも食べてほしいと思うが、励ましてポジティブな状況に持っていくことに努めた」
―タイで警戒する選手は?
「タイの守備の仕方、攻撃の仕方は研究している。タイがどんなプレーをしてくるか、選手にも伝えてある。ディテールについても説明した。どの国もお互いを分析し、知り尽くしていると思う。私たちもしっかりと戦術的な準備をしている。とはいえ、守備をするためだけにここに来たわけではない。攻撃もしたいと思っている。我々のチームにはリアリストになってほしいと思う。特にオフェンス面で得点を仕留めるところだ」
―フィジカル的な準備については1試合目より良くなったか?
「今までで最も調整の難しい合宿だった。3、4人以外はいつも何かが足りない状況で合宿に参加してくる。ゲームのプレー時間、パフォーマンス、疲労。国内組は我々の求めているプレーのリズムになかなか適応できない状態で参加してくる。パフォーマンスを上げるために少し選手を休ませ、国内組もだんだん我々に適応してきたと思う。フィジカル面に関しては1試合目よりかなり良い状態になると思う。メンタルのコントロールもしないといけない。UAE戦は我々を痛めつけた。ただ、明日の試合では我々のキャラクターを見せないといけない。批判は受けるが、いつも言うように私を批判してほしい。私は何をすべきかを分かっている。理想にはまだまだだが、伸ばすところは分かっている。この数か月で選手がいくつかのことを忘れている感じもする。そういうこともあって、プレーの原則に関するドキュメントも作って選手に渡した。チームはより良い状態になっている。彼らの答えをグラウンドで見たいと思っている」
(取材・文 西山紘平)

続きを読む

「オマーン戦は簡単な試合ではない・・・我慢強く厳しい試合を覚悟して準備したい」by日本代表・森保一監督


UAEで開催中のアジアカップで2大会ぶりの優勝を目指す日本代表は12日、13日に対戦するオマーン代表戦を前に練習を行った。日本代表を率いる森保一監督が前日会見に臨んでいる。
乾、武藤、塩谷など、森保ジャパンになってから初めてチームに来た選手。合流して短い時間だが、試合に出てもチームのコンセプトの中で力を発揮できる状態になっているのか聞かれると「はい、その通りに思っています。乾にしても武藤にしても塩谷にしても、チームとしては初招集ですけど、スカウティングに関しては彼らのゲームは見ています。実際3人とも私が監督・コーチとして一緒に試合や大会を戦った経験のある選手たちなので、チームにどうフィットするかも彼らの特徴を踏まえた上で招集させてもらっているので。いつ試合に出てもフィットして彼らの良さを出してくれるとともに、チームに貢献してくれると思っています」と、期待感を示した。
もしも勝てれば決勝トーナメント進出がその場で決まる。そうなると選手起用で余裕も出てくると思うが、それを踏まえての明日の試合の位置付けについては「まずは3戦目ということを考えるよりも、明日の試合に勝つために最善の準備をしていきたいと思っています。できれば明日の試合に勝って、グループリーグ突破が決まればそれはチームにとっていいことかもしれませんけど。そこを目標としつつ、3戦目でグループリーグ突破になっても、まずは突破することが重要だと思います。選手にもメディアの皆さんにも言ってきた通り、目標はありますが、一戦一戦最善の準備をして向かっていくということ。まずは明日の試合に全力で向かっていけるようにいい準備をしたいと思います」と、答えている。
アル・アインでプレーしている塩谷の良さについて質問されると「塩谷とは広島時代に一緒に仕事をしてきましたけど、非常に身体能力が高い選手で、高い技術を持っている選手だということ。彼のプレーについてはアル・アインでも証明していると思いますし、昨年12月に行われたクラブワールドカップでも、世界の舞台でも戦えるというところを証明してくれたと思っています。彼の良さは先ほども言った通り、身体能力が高い、高い技術があるというところに、基本的には守備、ボランチと守備のポジションであればどこでもできる選手だと思っています。アル・アインでもボランチをやっていれば、センターバックやサイドバックもやっていますし、彼の柔軟性を見せてくれると思います。攻撃面では得点能力もある選手だと思っています」と、説明した。
初戦を踏まえて改善すべきところをどう考えているか聞かれると「初戦の試合を振り返って、改善する部分で言えば、攻守全てを改善しなければいけないと思いますし、コンディションを上げていかなければいけないとも選手には伝えています。相手が守備を固めてカウンターを狙ってくるチームだったということもあって、まずは攻撃のところでボールを動かしながら、お互いチームとして画を合わせて相手のディフェンスラインを突破していくことをさらにやっていけるように。ディフェンスラインの背後に相手のゴールに向かっているチャンスがあれば、そこを逃さないようにということ。初戦の前半と後半で改善できた部分、選手たちが改善してくれたところを、次の試合でスタートから使い分けていけるように出していってもらえればなと思います。
守備の部分では相手がカウンターを狙ってくることに対してリスクを管理するところ、カウンターをゼロに抑えるのは難しいと思いますので、そうなった時に冷静に対応して相手の攻撃の芽を摘めるようにチームとして準備していきたいと思います。オマーンは速攻もできれば遅攻でボールを握っても戦えるチームだと思いますので、カウンターに対応するとともに、彼らはボールを動かせるチームだということで、我々も我慢しながらやっていかなければいけないということをしっかり準備してやっていければと思っています」と、意気込みを語った。
トルクメニスタンに苦戦したが、オマーンに対しても同じように苦戦することを想定しているか質問されると「はい。簡単な試合はないと思います。理想は我々が主導権を握って試合を進める、試合に勝つということですけど。トルクメニスタン戦にしても次のオマーン戦にしても厳しい戦いになることは覚悟して戦わなければいけないと思っています。試合前のゲームプランと実際の試合内容が我々の思い通りになればそれに越したことはないですけど。そう簡単なことは明日の試合はないと思いますので、しっかり気を引き締めて試合に臨まなければいけないと思いますし、我慢強く厳しい試合を覚悟して準備したいと思います」と、気を引き締めている。
1/12(土) 20:47配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190112-00304666-footballc-socc

続きを読む

日本代表・遠藤「オマーン戦でもまずは縦を突く」柴崎岳「オマーンはコンディションは非常に良さそう」


遠藤、次戦オマーン戦に準備万端「まずは縦を突く」
【AFCアジア杯2019 1次リーグF組 日本3―2トルクメニスタン ( 2019年1月9日 )】 MF遠藤は次戦オマーン戦に向け、準備は万端だ。発熱により合流が遅れたが、この日も元気にフルメニューを消化した。
出場すればボランチでの出番が濃厚。「まずは縦を突くのが自分たちの生命線。うまくいかなかったら幅を使うのがいいと思う」と話した。初戦のトルクメニスタン戦では後半からサイドの幅を使ったことで攻略に成功したが、まずは攻撃のスイッチとなる“縦パス”を軸としてイメージを膨らませていた。
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2019/01/11/kiji/20190111s00002014005000c.html

続きを読む

まさかの失態!?日本代表には香川、本田がいなきゃダメなのか?


まさかの失態だ。
アジアカップ1次リーグF組初戦に臨んだ国際サッカー連盟(FIFA)ランキング50位の日本は、同127位のトルクメニスタンに先制を許すなど大苦戦した。
ロシアW杯組の奮闘で逆転し、3―2と辛勝したものの、躍進を期待して送り出した若手の“森保チルドレン”たちがミスを連発する大誤算。アジア王座の奪還に向けて暗雲が垂れ込めてきた。
日本は0―1で迎えた後半の3得点で逆転勝ちした。後半11分、FW大迫勇也(28=ブレーメン)が巧みな切り返しから右足で同点ゴール。
4分後にDF吉田麻也(30=サウサンプトン)のロングボールを起点に左を崩して再び大迫が決め、同26分にはMF堂安律(20=フローニンゲン)が加点した。
守備陣は前半26分にロングシュートを浴びて先制を許し、後半34分にはPKで失点。相手への寄せやカウンターのリスク管理に課題を残した。
日本は序盤から押し込まれると、前半に先制を許し、焦りから空回り、後手後手の展開。
後半にはロシアW杯のヒーロー・大迫の2得点などで何とか逆転したが、実力差のある格下の相手に薄氷を踏むギリギリの勝利となった。
主将の吉田は「前半は体が動いていなかった。自分たちで試合を難しくしてしまった。本当に覚悟と決意を持って試合に臨めたのか自問自答しなければならない」と自身を含めて苦言を呈し、
DF槙野智章(31=浦和)も「引いて守る相手への工夫をもっとやらないといけない」と厳しい表情だった。
チーム全体としてパフォーマンスが低調だったが、特に目立ったのが森保一監督(50)が抜てきした若手だ。最初の失点は、堂安のパスミスから相手にカウンターを許したことが原因。
2点目も途中出場のFW北川航也(22=清水)が簡単にボールを奪われてピンチを招き、PKを与えてしまった。
ゴールこそ奪ったが試合を左右しかねない失敗を犯した堂安は「僕が取られてからの失点だった。それは感じている。試合後に『僕が苦しくしてすんません』と(周囲に)言った」と頭を下げれば、
北川も「自分が入って(試合の)流れを変えることができず、相手を勢いづかせてしまった」とうなだれた。
また森保ジャパン発足後に5試合で4得点を決め、今大会でエースとしての働きを期待されていたMF南野拓実(23=ザルツブルク)もリズムを生み出すことができず、
後半27分にチーム最初の交代を命じられた。「細かいミス、イージーミスもあった。修正していかないといけない」と反省の弁を口にした。
ここまで躍動してきた若手が揃って直面した大きな壁。かねてDF長友佑都(32=ガラタサライ)が「アジアカップは若手だけで戦えるわけではない」と危惧していた言葉が的中した格好。
やはりMF本田圭佑(32=メルボルンV)やMF香川真司(29=ドルトムント)不在の穴は予想以上に大きいようだ。
森保監督が「自分たちで新しい日本代表を築いていくという考えから、この(若手)メンバーを選んだ」という“チルドレン”たちは巻き返せるのか。アジア王座奪還に向け、次戦以降に真価が問われそうだ。
1/10(木) 16:32配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190110-00000030-tospoweb-socc

続きを読む

キングカズ、「1月11日11時11分」に契約更新!前人未踏52歳シーズンへ!


J2横浜FCは代名詞でもある背番号11にちなみ、1月11日の午前11時11分、FW三浦知良(51)との契約更新を正式発表した。
カズはクラブを通じて「2019シーズンの契約を更新しました。これもいつもサポートしていただいている皆さんの支えがあってこそと感謝しています。ありがとうございます。1試合でも多く試合に出場し、1分、1秒無駄にする事なく、サッカーと向き合い全力で日々のトレーニングに臨んで行きたいと思います」とコメントした。
Jリーグ最年長選手で、来月26日に52歳の誕生日を迎えるカズ。2018年シーズン、横浜FCは3位でJ2リーグ戦を終えながらJ1参入プレーオフ2回戦で同6位の東京Vに敗れて12年ぶりのJ1昇格を逃し、自身もリーグ戦9試合、合計59分間の出場にとどまり、4年ぶりのシーズン無得点に終わった。
現在は南国グアムで新年恒例の第2次自主トレの真っ最中。昭和、平成に続いて5月以降は3つめの元号で現役プロサッカー選手…という偉業を達成することになるカズは、前人未踏となる52歳シーズンへ日々、厳しい鍛錬を続けている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000081-spnannex-socc

続きを読む