試合

FC東京の試合の流れを変えたのはこの男、久保建英!研ぎ澄まされた感覚・・・


[3.30 J1第5節 浦和1-1FC東京 埼玉]
大方の予想通り、試合の流れを変えたのはこの男だった。
U-22日本代表の活動明けだったMF久保建英は今季初のベンチスタート。
後半17分、長谷川健太監督が久保を投入すると、試合の流れはFC東京に傾く。
攻撃のリズムを変えた17歳は前線でタメをつくり、先制ゴールの起点となった。
スコアレスで迎えた後半30分、久保はカウンターからMF青木拓矢のマークを振り切ってドリブル突破。
FWディエゴ・オリヴェイラへのパスは乱れたが、自らこぼれ球に反応。
この場面で浮き球のボールを頭でつなごうとする動きを見せたが、咄嗟に左足パスに選択を切り替えた。
「単純に自分のヘディングでは届かないかなと思った」。
相手3人に囲まれた状態でボールがバウンドすると、自身の背後から狙うMFマルティノスの動きを捉えた。
「食い付いていた選手が見えたので裏に出しました」。左サイドを追い越してきたMF東慶悟へ、左足ダイレクトで正確なパスを通した。
視野の広さを生かし、瞬時の状況判断から精度の高いスルーパスを供給した久保。
テクニックとアイディア、抜群のセンスが凝縮されたシーンだった。
縦に突破した東がクロスを入れると、FWディエゴ・オリヴェイラが頭で叩き込み、先制ゴールが生まれた。
今季は開幕から4試合連続で先発出場。右サイドハーフが主戦場だったが、この日は2トップの一角に入った。長谷川監督は「展開的に前線で守備の負担を減らして、出来るだけパワーを攻撃に使ってもらいたかった」と意図を説明。
久保も「押し込まれる時間帯が長い中で、いつもより前の位置でプレーさせてもらうことで、より攻撃に直結するプレーができた」と手応えを語った。
9日間で4試合目という“連戦”だった。Jリーグ中断期間はU-22日本代表の一員として、東京五輪一次予選のU-23アジア選手権予選を戦った。
40度近い酷暑のミャンマーで中1日の連戦。22日マカオ戦、24日東ティモール戦、26日ミャンマー戦の全3試合に出場。第2戦の東ティモール戦はフル出場し、FK弾を含む2ゴールという結果を残した。
疲労を考慮した長谷川監督はジョーカーとして久保を起用し、その期待に応えた。勝利はあと一歩で逃したが、チームの無敗は継続している。
疲労があるとはいえ、試合が続くことで「自分の感覚というのは保ちやすい」という言葉通り、感覚は研ぎ澄まされていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-43465359-gekisaka-socc
3/31(日) 5:55配信

続きを読む

「今後もレスターのロジャーズ監督の下でやりたいか?」→岡崎慎司「ないですね」


◆サッカー プレミアリーグ第32節(30日・キングパワー・スタジアム) ▽レスター(2―0)ボーンマス
元日本代表FW岡崎慎司(32)が所属するレスターは、ホームでボーンマスを2―0で下した。先月末にブレンダン・ロジャーズ監督(46)が就任後、初の3連勝。岡崎はベンチ入りしたが、出番は訪れなかった。
試合後、苦笑いを浮かべてミックスゾーンに現れた岡崎は「試合に関しては、もう言うことはないですね。選手が監督をリスペクトしているところがすごくありますから。これが続けば、このチームは強くなるかな」と好調のチームを分析した。かつて強豪のリバプールを率いた経験を持つ指揮官は、4―3―3システムを採用。「このシステムに自分が当てはめられるかと言えば、なかなか厳しい。でも練習はハードなので、それは自分にとっては一番の幸運。残り3か月で、この監督が来てくれたのは自分にとっては大きいですね」。新監督が就任後は4試合で1試合の出場にとどまっているが、好印象であることを明かした。
だが今後もロジャーズ監督の下でやりたいかという質問に対しては「ないですね」と即答。「僕が20代前半だったら、まだ頑張ろうかなと思いますけど。やっぱり、チームを出るのが基本路線だと思います。ヨーロッパでもう1回、自分の価値を上げていきたいと思っている」と今季終了後にレスターを離れる考えを示した。
次の移籍先の希望について「正直そんなことを考えられる立場ではないと思う」としながらも、「4大リーグ(イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ)に残れるなら残りたいですね。1年でも2年でも、どんな契約であろうと残ってプレーしたい」と断言した。
ドイツ1部マインツから加入した15―16シーズンには36試合で5得点を挙げ、リーグ初優勝に貢献。今季はここまでリーグ戦での先発はわずか1試合にとどまっているが、プレミアリーグで4シーズンを過ごした自負がある。「4年プレミアリーグでやって、やれるというのも見せられた。ここ(プレミア)でやりたいなと思うこともある。でも人生は1度しかないので、やっぱり違うリーグで、違う自分を見たいというのもある」と思いを明かした。
そのためにも、まずはレスターで出場機会をつかむことに集中している。「ハードな練習の中アピールして、試合に少しでもいいから出て結果を出して。そういう目指していく感じは楽しいですけどね」。4月16日に33歳を迎えるストライカーが、岐路を迎えている。(森昌利通信員)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-00000218-sph-socc

続きを読む

ドルトムントとヘルタ・ベルリンの一戦で香川、原口の先発が濃厚に

ヨーロッパリーグ出場と一部残留を目指す両チームの一戦
9日に行われるブンデスリーガ第32節で日本代表MF香川真司の所属するドルトムントと細貝萌、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンが対戦する。

前節終了時点で9位に着けるホームのドルトムントと13位ヘルタ・ベルリンの一戦。
独『キッカー』、『ビルト』両紙がドルトムントの予想先発のトップ下に香川を入れ、『ビルト』はヘルタの原口を右SHで先発予想している。負傷離脱中の細貝はベンチ外となった。
ヨーロッパリーグを目指すドルトムント。6位アウグスブルクとの勝点差は3ポイントと非常に僅差であり、今日を含めた残り3試合は文字通り一つも落とすことの出来ないものだ。前節はホッフェンハイムとアウェーで対戦し、1-1のドロー決着となっている。
対するヘルタは前節ホームでボルシアMGと対戦し、1-2の敗戦を喫した。
自動降格圏となる17位ハノーファーとの勝点差が4ポイントしか離れていないことを考えれば、これ以上の敗戦は一部残留を目指す同チームにとって手痛いものとなる。
香川は第28節ボルシアMG戦以降リーグ戦4試合に連続して先発し、原口は第27節パーダーボルン戦以降5試合連続で先発しているため、この試合でも日本人対決が実現する見込みだ。
試合は日本時間9日22時30分キックオフ予定。
『ビルト』による予想先発
[ドルトムント]
GK:ランゲラク
DF:ドゥルム、パパスタソプーロス、フンメルス、シュメルツァー
MF:ベンダー、ギュンドアン、カンプル、香川、ムヒタリアン
FW:オバメヤン
[ヘルタ・ベルリン]
GK:クラフト
DF:ペカリク、ラングカンプ、ブルックス、プラッテンハルト
MF:シェルブレット、ルステンベルガー、原口、シュトッカー、シュルツ
FW:カルー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150509-00010007-theworld-socc

続きを読む

日本代表、コパ・アメリカ前の国内での強化試合の相手はトリニダード・トバゴ!なお、ランキング・・・


森保ジャパン、コパ・アメリカ前強化試合の対戦相手が1カ国決定!FIFAランク93位のトリニダード・トバゴと
JFA(日本サッカー協会)は5日、6月5日に開催されるキリンチャレンジカップ2019の対戦相手が決定したことを発表した。
今年の6月にコパ・アメリカへと参戦する日本代表。招待国として、20年ぶりに南米王者を決める大会へと出場するサムライブルーは、これまでコロンビアやボリビアと対戦し、準備を進めている。
そんな日本代表にとって、大会までの強化試合は残り2試合。そして5日、JFAは6月5日に豊田スタジアムで開催されるキリンチャレンジカップの対戦相手がトリニダード・トバゴに決定したことを発表した。現在FIFAランキング93位の同国とは、2006年に対戦し、2-0と勝利を収めている。なお、フジテレビ系列にて全国放送されることが決定している。
9日にひとめぼれスタジアム宮城で行われる大会前最後の強化試合の相手については、追って発表されることになるようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-00010013-goal-socc

続きを読む

中国名物クンフーサッカー、24試合でレッドカード10枚!玉を蹴った選手は5試合出場停止!


中国リーグ開幕24試合でレッド10枚、股間蹴った選手は5試合出場停止
https://www.afpbb.com/articles/-/3219190
中国サッカー協会は3日、同国スーパーリーグ(1部)が史上最も荒れた開幕を迎えているといわれる中で、2選手に対して長期の出場停止処分を科した。
今季のスーパーリーグではここまでの全24試合で計10枚のレッドカードが出ているが、中国メディアによればこれは最多の記録だという。
武漢卓爾のFWラファエル・シルバは江蘇蘇寧に1-2で敗れた試合で一発退場となり、5試合の出場停止と5万元(約83万円)の罰金処分が下された。
(略)

続きを読む

リベリーvs宇佐美も!?ハリル監督「フランス代表を試合を組んでもらいたい」

時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150416-00000095-jij-spo

サッカー日本代表のハリルホジッチ監督が16日、東京都内の在日フランス大使館に同国のカネール都市青少年スポーツ大臣を表敬訪問した。
同大臣との会談後、「フランス代表と試合を組んでもらえることを待っている。パリか日本で試合ができれば、かなりうれしい」と語った。
ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の監督はフランス生活が長く、現役時代は同国でプレーし、引退後はパリ・サンジェルマンやリールなどの監督を歴任。フランス国籍を有している。 監督が日本で新たな冒険を経験していると伝えたフランスのスポーツ誌レキップの記事をカネール大臣から手渡され、「私に関する記事は一回も読んだことがない。初めて知った。テレビ、記事は全く見ない」と言いながらも、笑顔で受け取っていた。

続きを読む