試合

「ようやく終わったという感じ。ひどかったですね。何も結果を残せていない」byミラン本田圭佑

セリエA、ACミランの日本代表FW本田圭佑(29)が23日、成田着の航空機で帰国。麦わら帽子にサングランス、ひざ丈パンツの軽装で出迎えのファンのサインに応じた。
21日のイタリア杯決勝は延長の末にユベントスに0-1で敗戦。リーグでは30試合&1ゴールで今季を終え、「ようやく終わったという感じ。ひどかったですね。何も結果を残せていないので仕方ない」と語った。

2017年6月でミランとの契約が切れるため移籍の噂もあるが、来季について「何も分からない」と答えた。日本代表として、6月のキリン杯2試合への招集が確実となっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160523-00000514-sanspo-socc

続きを読む

フランスメディアがメスGK川島永嗣を絶賛!MOMに選出!「この勝ち点1は彼のおかげ」「この試合のヒーロー」


フランス・リーグアン第37節が現地時間の14日に行われ、メスとトゥールーズは1-1で引き分けた。メスの日本代表GK川島永嗣はこの試合でPKをストップするなどの好守を見せ、チームの勝ち点1獲得に貢献している。
昨夏の加入時には「第3GK」であることを明言され、出場機会を得ることができていなかった川島だが、4月に入ってようやくリーグアンの公式戦にデビュー。前節のリール戦は初の完封で試合を終え、メスの1部残留決定を助けた。
トゥールーズ戦では1-1で迎えた81分にPKをストップし、チームを敗戦から救う立役者となった。フランス紙『レキップ』も試合レポートの中で、「メスはインスピレーションを欠いたが、PKを止めた川島に特に感謝すべき」だと日本人GKを称えている。
フランス『hommedumatch.fr』は川島に「7点」の採点をつけてマンオブザマッチに選出。「素晴らしい試合をした。この勝ち点1は彼のおかげ」と称賛した。『football365.fr』も「川島がこの試合のヒーローだった」と記した。
メスに隣接する隣国ルクセンブルクの『ルクセンブルガー・ヴォルト』は川島に「8点」をつけ、PK以外にも2つの好セーブがあったと称賛。地元紙『レピュブリカン・ロラン』は試合のマンオブザマッチ投票を行っており、川島は約80%と圧倒的な最多票を集めている。
フットボールチャンネル5/15(月) 8:55
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170515-00010011-footballc-socc

続きを読む