選手

スペインのベティスが長友佑都をリストアップ!「理想的な選手」

日本代表DF長友佑都に、スペイン方面から関心が寄せられているようだ。『El Gol Digital』の報道を元に、イタリア情報サイト『FC internews.it』が伝えている。
1月の移籍市場最終日に、7年過ごしたインテルから今季終了までの期限付き移籍でガラタサライに加入した長友。加入直後からファティ・テリム監督の信頼をつかむと、リーグ戦で5試合連続出場を果たし、前節には初アシストを記録した。その活躍から、トルコメディアが次々に特集を組むなど、トルコでの評価は日に日に高くなっている。
先日、選手本人も「ガラタサライに残り、プレーし続けたい」と語っており、250万ユーロ(約3億3000万円)の移籍金で今季終了後に完全移籍するのではないかと見られている。
しかし、ここへ来てリーガ・エスパニョーラのクラブからの関心が伝えられた。『El Gol Digital』によると、レアル・ベティスが状況を注視しているという。
ベティスでは、左サイドバックのDFリザ・ドゥルミシの移籍が濃厚となっており、若手の成長を促す経験豊富な選手を探しているという。そこで、昨年夏にも関心を示していた日本代表DFは「理想的な選手」として白羽の矢が立ったようだ。
長友には、プレミアリーグの複数クラブも関心を示していると報じられている。去就が注目される日本代表DFは、ロシア・ワールドカップ終了後どのチームでプレーすることになるのだろうか。

3/8(木) 7:26配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000038-goal-socc

続きを読む

日本からソン・フンミン級FWは出現するのか?


クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシのバロンドール級を10とするならば、ネイマール、ルイス・スアレスは9。かつてのロッベンもこの辺りに属する準バロンドール級だ。ソン・フンミンのレベルはそれより1歩半程度低い7.5という感じだろうか。
CLの決勝トーナメントに出場するチームでスタメンを張るアタッカーとなれば最低7前後は欲しい。そこから香川は2ランク落ちるというこちらの見立てが正しければ、5.5レベルの選手になる。
日本人にレベル7を示すCL級のアタッカーが他にいるなら特段、ソン・フンミンが眩しい存在に見えないが、今季のCLに満足に出場した選手は長友佑都(ガラタサライ=-441分)のみだ。香川に28分、CSKAモスクワの西村拓真にも2分間の出場時間があるが、これは日本が世界に誇れる数字では全くない。ロシアW杯で収めたベスト16がマグレではなかったのかと、怪しまれかねないデータになる。
日本では「半端ない」と称賛されている大迫勇也もCL級とはいえないし、売り出し中の堂安律もしかり。7レベルにはまだ到達していない。最も近そうに見えたのは中島翔哉だが、ご承知のように彼は現在、欧州を離れ、カタールリーグでプレー中だ。今後が見通しにくい状況にある。ソン・フンミンのレベルにあるかといわれると難しいといわざるを得ない。
そうした中で5.5レベルにある30歳が日本代表に復帰した。CLの決勝トーナメント1回戦を見た直後にこのニュースを聞かされると、先述の通り香川に対する関心はあるけれど正直、喜ばしい気にはなれないのだ。
日本代表が勝つか負けるかは時の運だ。こう言ってはなんだが、ロシアW杯のベスト16は、最大限に運が作用した結果だった。運も実力のうちと突っ込まれるかもしれないが、ならば、選手のレベルを見ろと切り返したくなる。チャンピオンズリーガーわずか3人。その合計出場時間も471分に過ぎない。よくこれでW杯ベスト16に進めたものだと逆に感心したくなる。
海外組の数は確かに増えた。数そのものは右肩上がりを示している。だがトップのレベルは伸びていない。5年後、その数が7、8人に増えているとも思えない。レベル7を超えるチャンピオンズリーガーが、特にアタッカーに複数人出てこないと、日本代表がW杯において運頼みから脱却することは難しいと思う。
現在、欧州戦線に残っているのはヨーロッパリーグに出場中の長谷部誠(フランクフルト)のみ。代表チームからの引退をすでに表明した35歳が、唯一の日本人選手として孤軍奮闘する姿は皮肉だ。笑えない話になる。
個人がもう少し欧州の舞台で頑張らないと、代表チームの右肩上がりは望み薄。代表戦という団体戦も重要だが、いまは所属クラブをベースにした個人戦の方がより重要な時期を迎えている。近い将来、ソン・フンミン級は出現するのか。森保ジャパンの勝ち負けより、こちらの方に関心は向くのだ。
2019年3月18日 19時22分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16179851/?p=1

続きを読む

7.19!「川崎vsチェルシー!in日産スタジアム」

J1川崎VSチェルシーが決定 7・19日産スタジアムで 小林悠「意地を見せたい」
https://www.daily.co.jp/soccer/2019/03/20/0012164621.shtml
Jリーグは20日、J1を2連覇している川崎が、イングランド・プレミアリーグのチェルシーと7月19日に日産スタジアムで対戦すると発表した。
Jリーグとして海外の強豪を招へいする「Jリーグインターナショナルシリーズ」として、今回はチェルシーを招き、世界レベルのチームに、J1王者がぶつかる。
川崎のFW小林悠は「すごく楽しみですし、自分たちのサッカーがどれだけ通用するかを試せる素晴らしい相手だと思います」とコメントした。
ベルギーのFWアザールや、フランスのMFカンテといった世界トップクラスの選手がそろうだけに、「メンバーを見ても知っている選手ばかりで、
私が言うまでもなくワールドクラスの選手が揃っているチームです。以前、ボルシア・ドルトムントとの試合を行った際には、何も出来ず相手に翻弄されてしまったので、
今回こそ日本のクラブ、Jリーグチャンピオンチームの意地を見せたいです」と誓った。
カンテもいたよ 忘れてた
ゴリゴリに縦にくる所にメッサ弱かったな そういえば

続きを読む

日本代表選手に中国リーグ移籍禁止令!?「中国サッカーを見下すというのは…」


2016年11月24日、日本メディアが報じた本田圭佑に関する記事が中国でも報じられ、中国のサッカーファンがコメントを寄せている。
日本メディアは先日、所属クラブのACミランで出場機会を得られていない本田に対して、日本代表のハリルホジッチ監督が欧州残留を求めたと報じた。監督は出場できるクラブへの移籍を促したものの、米メジャーリーグサッカー(MLS)や中国スーパーリーグなど、欧州以外のリーグでプレーすることには「クオリティーが維持できない」ことを理由に強く反対したという。本田にはMLSの複数のクラブからオファーがあったほか、中国の上海上港も獲得に興味を持っているとの情報も出ていた。
中国の小メディアはこれについて、「すべての日本代表選手に中国スーパーリーグへの移籍を禁止。彼にとって中国リーグはレベルが低く、選手の成長につながらない上、中国のサッカーは落ちぶれていて日本との差は大きい」といささか誇張して報じ、さらに「日本代表監督が中国を重視していないことは容易に見て取れ、見下しているともいえる態度だ」と指摘した。一方で、先日行われた15歳以下の大会で日本のコンサドーレ札幌が中国のクラブを相手に9-1で圧勝したことに触れ、「不満ではあるが確かに日本との差は大きい」とも伝えた。
これについて、中国のサッカーファンからは「ACL(アジアチャンピオンズリーグ)で優勝してから言え!」といった批判の声がある一方、「中国サッカーを見下すというのは正しいことだ」「はっきり言って、中国がこんなサッカーやってるのが恥ずかしい」「中国サッカーは確かにひどい。後れていることは認めないといけない。特にサッカー協会は」「やはり実力で勝負しよう。反論しても意味がない」といった声も少なくない。中国では腐敗などでサッカー協会に対する批判の声が根強く、一向にレベルの上がらない男子代表に対しても厳しい見方が大勢を占めている。(翻訳・編集/北田)
http://www.recordchina.co.jp/a155903.html

続きを読む

「(乾がいなくても)代わりに出場する選手がる。その選手が活躍すれば乾は苦しむことになる」byエイバル監督


クラブは外交上の問題のために日本政府からの申し出を受理したが、ホセ・ルイス・メンディリバル監督ら現場は混乱している様子。1日のビジャレアル戦を前に会見に臨んだ指揮官は不信感を語っている。公式サイトがコメントを伝えた。
エイバル監督
「我々には代わりに出場する選手がいて、もしその選手が活躍すれば乾は苦しむことになるだろう。 私はどの選手にも信頼を置いているが、誰かを特別視することはない」
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?212633-212633-fl

続きを読む

モウリーニョがレアル監督に!なお、条件・・・


ポルトガル人監督ジョゼ・モウリーニョがサンティアゴ・ソラーリの解任後にレアル・マドリーの新監督に就任する可能性がある。
メディア『Soy madridista』によれば、モウリーニョは4名の主力選手の放出を条件に、マドリーの指揮を執ることに同意したという。
4名の選手とはセルヒオ・ラモス、マルセロ、カリム・ベンゼマ、ガレス・ベイルである。
6月30日までにマドリーがこれらの選手を売却することをモウリーニョは要求している。
同メディアによれば会長はこの要求を受け入れる準備があるという。
コパ・デル・レイとUEFAチャンピオンズリーグで敗退し、
リーガでの優勝のチャンスも期待薄なマドリーは現在必死に次期監督を探しているが、
現在のところモウリーニョは唯一の候補である。
3/10(日) 8:40配信 スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00010003-sportes-socc

続きを読む