選手

米メディアがドルトムント香川真司を断罪・・・「攻撃の選手として、スコアシートに名前がないのは恥ずべきこと」

2得点1アシストのカストロが、チームトップタイの高評価
日本代表MF香川真司所属のドルトムントは、17日にホームでダルムシュタットと対戦。14日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節のレギア・ワルシャワ戦に続く6-0の大勝で、リーグ戦2勝目を飾った。香川は後半18分から途中出場するも不発に終わった一方、ポジションを争うライバルたちが躍動している。
米スポーツ専門テレビ局「ESPN」の採点(10点満点)で、チームトップタイ評価となる9点を獲得したのは4-1-4-1システムの右インサイドハーフで先発した元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロだった。昨季も香川と定位置を争った29歳の万能MFは、ダルムシュタット戦で前半7分の先制ゴールをはじめ、2得点1アシストと躍動。寸評でも絶賛の言葉が並んでいる。
「カストロは前半7分に至近距離からゴールを決めた。正しい時に、正しい場所にいた。このミッドフィールダーは一貫性が欠如する傾向にあったが、ダルムシュタット戦ではBVBで最も良いプレーの一つを見せた。1997年CL決勝のアレッサンドロ・デルピエロのように、大胆なバックヒールで78分に4-0のリードを奪った」
カストロは後半33分に左サイドのMFクリスチャン・プリシッチの折り返しに走り込んで、左足のヒールでゴールに流し込む技ありの一撃を決めた。同局はこのプレーを元イタリア代表のファンタジスタであるデルピエロが、ユベントスの一員として臨んだ1996-97シーズンのCL決勝でドルトムント相手に決めた華麗なゴールに例えて絶賛した。
及第点評価の香川だが寸評では厳しい指摘
採点では途中出場で得点を決めたMFエムレ・モル、MFセバスチャン・ローデもトップタイの9点が与えられた。さらにプリシッチ、MFウスマン・デンベレ、MFラファエル・ゲレイロら5選手にも8点と高得点が付けられている。
香川も7点と及第点の評価だが、「攻撃の選手として、スコアシートに名前がないのは恥ずべきこと」とライバルが躍動するなかで無得点に終わったことを厳しく指摘されている。
ドルトムントは香川と同ポジションのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェを温存するなど、余力を残しながらも快勝した。負傷離脱中のMFマルコ・ロイスやFWアンドレ・シュールレが復帰すれば、2列目の定位置争いはさらに熾烈となる。背番号23を背負う“小さな魔法使い”は、指揮官の信頼を再び掴み取ることができるだろうか。
フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160918-00010013-soccermzw-socc

これが現実

続きを読む

岡崎慎司も参戦した「乾vsセルジオ越後」の場外乱闘戦・・・


何の前触れもなく再び始まった「乾貴士 vs セルジオ越後」。
概要は「乾貴士 vs セルジオ越後、因縁のバトルが再び勃発!」をご覧いただきたいが、Livedoor風にざっくり言うと
「海外に行けば成長できると思うのは大きな勘違い」という某マンガの名台詞のような主張を展開するセルジオ越後氏に乾が噛み付いたものだ。
このサッカーファンを賑わせそうな“場外乱闘戦”に、岡崎慎司も参戦した。
概要は「乾貴士 vs セルジオ越後、因縁のバトルが再び勃発!」をご覧いただきたいが、Livedoor風にざっくり言うと「海外に行けば成長できると思うのは大きな勘違い」という某マンガの名台詞のような主張を展開するセルジオ越後氏に乾が噛み付いたものだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/16012722/
2019年2月13日 7時10分 Qoly

続きを読む

セレッソの新監督ユン・ジョンファンが金髪にダメ出し!→山口蛍「髪を染めれば力湧く」


3年ぶりにJ1で戦うC大阪が始動2日目の13日、大阪市内の練習場で午前6時50分スタートの3部練習を開始した。 遅刻者続出も心配された中、主将のFW柿谷曜一朗(27)ら全40選手が無事に集結した。
一方で生活面の規律を求める尹晶煥(ユン・ジョンファン)新監督(43)は、
新たに選手の頭髪についても統制する考えを示唆。日本代表MF山口蛍(26)の金髪が、黒髪に戻る可能性が浮上した。
空に大きな月が浮かぶ午前6時30分過ぎ。柿谷、山口ら主力選手が薄暗いグラウンドに次々と姿を見せた。 日の出15分前の午前6時50分ちょうどには、全40選手がそろってウォーミングアップを開始。 尹監督は「開始20分前に出たら選手がたくさん出ていて、意欲ある姿が見てとれた」と喜んだ。
かつて度重なる遅刻でJ2徳島への期限付き移籍を経験した柿谷だが、この日は3部の練習で常に先陣を切ってグラウンド入り。 「きついけど、そのうち慣れてくる」と主将の決意をにじませた。午後からは初めてボールを使い、いきなりミニゲームも実施した。
2011~14年の鳥栖監督時代には厳しい管理で知られた尹監督。生活リズムをテコ入れした練習面の改革は上々の船出となったが、 その胸中にはさらなる規律プランもある。「髪を染めて成績がよくなければ、外部からいろいろと言われる。
選手の意見も聞くが、クラブ側にも確認したい」。自身も00年に初来日した当初は髪を茶色く染めてピアスも着用したが「すぐに戻した」と回顧。自身の苦い経験も踏まえ、選手に正しい身なりを求める考えだ。
真っ先に標的になりそうなのが、黄金に輝くMF山口の頭髪。尹監督によると、すでに面談した日本代表MFは「髪を染めれば、自分でも見えないところから力が湧く」と効果を力説したという。
だが、新指揮官は「許可するかどうかはクラブ側ともう一度話してから」と強権発動の可能性を否定せず。
クラブとして金髪禁止の規定はないが、山口は「別に黒でもいい」と柔軟に応じる構え。
尹監督の改革スピリットは、若手が多い成長途上の集団に浸透しつつある。(中村 卓)
スポーツ報知 1/14(土) 5:03配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170114-00000013-sph-socc

続きを読む

「こんな頭のいかれた選手はいない。いつも真逆にいっている」by日本代表・本田圭佑

サッカー・日本代表ベルギー遠征(21日、リエージュ)W杯ロシア大会に出場する日本代表が23日のマリ、27日のウクライナとの国際親善試合に向け、冒頭15分以外は非公開で調整した。昨年9月以来の復帰を果たしたFW本田圭佑(31)=パチューカ=は、紅白戦で控え組の右FWに入ったもよう。現状は同ポジションで2番手以降だが、今回の遠征での巻き返しを誓った。
強気な“本田節”が戻ってきた。昨年9月のW杯最終予選・サウジアラビア戦以来となる代表入り。メキシコで復活を遂げた31歳が、W杯に向けて熱くほえた。
「手応えはある。(メキシコで)毎試合、点に絡んでいる。そこのアイデアは欠かさないように準備している」
この日、23日のマリ戦に向けて非公開で紅白戦を実施。本田は控え組の右FWに入った。現状では同ポジションで久保に続く2番手以降だ。それでも、酸素の薄い標高2000メートル級のメキシコで今年に入って12試合で4得点6アシスト。体重も絞れたという。自身3度目のW杯出場にこだわりを口にした。
「いつもW杯に勝つためにやってきた。メンバーに選ばれたいからではない。日本に欠けているものは何か。自問自答しながらやってきた」
ハリルホジッチ監督がチームに求めるスタイルは堅守速攻。右FWの本田には「DF裏に飛び出す動き」を要求する。本田は「正直いえば得意ではない」と認めつつ、この4年はアタッカーとしてのプレーを追求してきたと自負する。
「足が遅いのに1対1に勝つにはどうすればいいか。晩年を迎える選手が、個人戦術に固執してきた。こんな頭のいかれた選手はいない。ボランチでパスをさばけばいいのに、いつも真逆にいっている」
本音では中盤でのプレーが希望。それでも自らを「頭のいかれた選手」と表現してまで、指揮官のスタイルに“染まる”努力を重ねてきた。
指揮官は「ケイスケにはチャンスをつかんでほしい」と話す。「W杯の切符を取るには結果を出さないと厳しい。アシストでも、その前のパスでもいい」と本田。その表情には、逆境を楽しむようなすがすがしさが漂っていた。

3/22(木) 5:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00000507-sanspo-socc

続きを読む