選手

日本サッカー新時代の幕開け!なぜ、これだけのタレントが一斉に頭角を現わしつつあるのか?


●国内外で実力を示し始めた若者たち
ここ数年間、日本サッカーは世代交代が遅々として進まない空気があった。
象徴である日本代表の主力の顔ぶれが、2011年アジアカップ優勝メンバーと大きく変わっていないこともあっただろう。若い選手たちが、厚い壁を突き破れずにいたのだ。
「Jリーグを見渡しても、二十歳前後の選手が台頭してきていない。ひと昔前には、十代でスタメンを勝ち取る選手は少なくなかったのに……」
関係者のあいだで、それは危機感になっていた。
ところが2018年、その様相がにわかに変わった。U-21代表のメンバーに名を連ねる選手たちが、所属クラブで試合出場を積み重ねている。
板倉滉(ベガルタ仙台)、橋岡大樹(浦和レッズ)、立田悠悟(清水エスパルス)、中山雄太(柏レイソル)、藤谷壮(ヴィッセル神戸)、三好康児(コンサドーレ札幌)、
杉岡大暉、齊藤未月(湘南ベルマーレ)、遠藤渓太(横浜F・マリノス)、田川亨介(サガン鳥栖)、小川航基(ジュビロ磐田)……。
いずれも、J1リーグで存在を示しつつある。J2でも、岩崎悠人(京都サンガ)、前田大然(松本山雅)、神谷優太(愛媛FC)らが、これに続いている。
この世代には、すでに海外で研鑽を積むタレントも出てきている。
その筆頭が、20歳の堂安律(フローニンヘン)で、彼はA代表でも定位置を掴んでいる。右サイドからカットインし、ゴールに向かう迫力は、他の追随を許さない。
左利きで、独特のリズムを刻む。オランダ・エールディビジでも得点を積み重ねており、大きく化けそうな雰囲気があり、この年代のエースと言えるだろう。
また、冨安健洋(シント=トロイデン)もベルギーで経験を積むCBとして、すでに代表デビューを飾っている。このポジションの人材不足が叫ばれて久しいなか、有望な存在と言える。ポテンシャルも高い。
ドイツ・ハンブルクで台頭した“海外プロ”伊藤達哉のようなタレントも出てきた。伊藤もすでに、代表招集を経験。左サイドでの緩急差のあるドリブルは、大きな武器になるはずだ。
●2002年日韓W杯前と同じ現象が!

そして、今後が注目のルーキーが、鹿島アントラーズの19歳のMF、安部裕葵だ。
U-19アジア選手権に参加し、U-20W杯出場に大きく貢献。安部がいるチームといないチームでは、雲泥の差があった。
基本的技術の高さだけでなく、ドリブルからシュートにかかるプレーには、凄みが感じられる。すでに、アジア王者の鹿島で準レギュラー、現Jリーグで最高の大器と言える。
台頭した若手には、時代をアップデートする勢いがある。
ではなぜ、これだけのタレントが一斉に頭角を現わしつつあるのか?
その理由は、一概に言えない。しかし、2020年に東京五輪があることは、ルーキーたちにとってひとつの指標になっている。自国開催の五輪出場は、大きな栄誉だろう。
無論、五輪サッカーは、ワールドカップとは比べて世界的には関心も乏しく、年齢制限のある大会。すでにプロ選手として活躍している彼らのなかには、海外移籍を視野に入れている者もいるし、
誰もがそこに向かっているわけではない。しかし、このタイミングで五輪に出られる、というのは大きなモチベーションだ。
かつて、2002年に日韓W杯が開催されることになった時、やはり現場での士気は高まった。才能ある選手が切磋琢磨し、一時代を築いている。これに似たような現象が起こっているのだ。
2019年、若手の成長は、今後の日本サッカーを動かすことになる。
12/16(日) 18:34配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181216-00010007-sdigestw-socc&p=1

続きを読む

ヴェルディからセレッソへ移るロティーナ監督が日本を称賛!「礼儀と敬意が何よりも優先される素晴らしい国」


今季までJ2の東京ヴェルディで監督を務め、来季からはJ1のセレッソ大阪を率いることが決定したミゲル・アンヘル・ロティーナ氏は、母国スペインのメディアに日本での体験について語った。『ABC』が16日付でインタビューを伝えている。
過去にオサスナやセルタ、エスパニョール、レアル・ソシエダ、デポルティボ、ビジャレアルなどの監督を歴任したロティーナ氏は2017年に東京Vの監督に就任。チームを2年連続のJ1昇格プレーオフ出場に導いたが、悲願のJ1復帰にはあと一歩及ばなかった。
シーズン終了後には東京Vを去り、来季からC大阪監督に就任することが発表された。日本での2年間の経験を通して、スペインとは文化的に大きな違いがあることを母国メディアに説明している。
「日本は、サッカーに関しても全く概念の異なる世界だ」とロティーナ監督。「礼儀と敬意が何よりも優先される素晴らしい国だ。サッカーも全く違う」と日本を称賛している。
その一例として、サポーターの応援態度の違いを挙げた。「ここでは相手サポーターからも拍手を受ける。彼らは毎回の試合後に相手チームを祝福している。サポーター同士も拍手を送り合っている。スペインのような敵対心は存在しない。我々は彼らから多くを学ぶべきだ」
選手たちの練習姿勢については、時には行き過ぎだと感じられるほど熱心だとロティーナ監督は語る。「日本では、選手たちは休むべきだということを理解していない。普通の日は10時から12時まで練習していたが、選手たちはさらに2時間残っていた。あり得ないことだ。試合前日までやっていた」
東京Vを去る際には感動的な形で送り出され、涙を抑えられなかったという。「ロッカールーム内で選手たちは、まず全員で、それから一人ひとり別れを告げてくれた。感動を抑えることができなかった。日本人は非常に特別な愛すべき民族だ」と振り返った。
新天地となるC大阪については、「チーム最高の選手はセビージャでもプレーした清武(弘嗣)だ」と紹介。東京Vで特に印象的だった選手としてはMF井上潮音やMF渡辺皓太らを挙げつつ、「これから移籍することになるだろう」と予想している。
12/16(日) 21:06 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=footballc-socc

続きを読む

稲本、玉田、前田…なぜ日本サッカーの功労者たちは次々に「戦力外」となるのか

2018年シーズンが終わり、ベテランたちが次々とチーム退団を発表している。
札幌の河合竜二(40歳)と稲本潤一(39歳)、FC東京の前田遼一(37歳)、名古屋では玉田圭司(38歳)、神戸の北本久仁衛(37歳)、セレッソ大阪から茂庭照幸(37歳)、福岡では駒野友一(37歳)、山瀬功治(37歳)、松本の岩間雄大(32歳)とまだまだチームを去るベテランが増えていきそうだ。
名前をみれば日本サッカー界に貢献してきた選手ばかり。チームとの契約が満了になり、御役目ご苦労様ということなのだろう。彼らは一様に現役続行を表明している。

試合に出場していても“戦力外”となる理由
ベテラン選手が契約更新ができなかった理由は来季のチーム事情、選手個人のパフォーマンスの低下、怪我などいろいろある。その一方で、まっとうなチーム内の競争下に置かれることなく、無条件で試合出場のチャンスを失い、契約満了を迎えるケースもある。例えば、同じようなレベルのベテラン選手と若手選手とを並べた時、多くの指揮官は若手の伸び代や将来性に期待して若い選手を起用する。その傾向はとりわけ外国人監督に顕著だ。起用は監督の専権事項なので選手は文句を言えず、悶々としたままシーズンを終え、これではやめられないと思う選手が出るのは当然と言えば当然だ。契約満了にともない、指導者としての契約を打診されるケースも多いが、不完全燃焼ゆえに現役続行を求めているので、選手は退団を選択するしかない。
試合に出場していても来季のチーム編成から漏れたり、あるいはこれ以上の結果を翌年は残せない、若手の育成のためにと判断されると契約満了になる。24試合3得点の玉田や29試合1得点の山瀬、今季34試合出場し、5年間で30試合以上出場した岩間はクラブ側のそういう判断なのだろう。クラブのチーム編成や世代交代でベテランを切らないといけないことはプロの世界ゆえに分かるが、選手との契約の「終らせ方」は非常に重要だ。
「労いの言葉がなくてガッカリ」と玉田
シーズン中盤から後半、チームに貢献した玉田は「あまりにも突然のことだったので頭を整理するのに少し時間がかかりました。契約しないと伝えられた時には労いの言葉がひとつもなかったのにガッカリしました」と、やるせない胸の内を語っている。こうした発言が出てしまうと、クラブの姿勢が問われることになる。クラブを一時期でも支えてくれたベテラン選手にリスペクトを欠いた対応をしてしまうと、既存の選手のモチベーションにかかわるし、今後、新しい選手を獲得する際に少なからぬ影響を及ぼすことになる。
「今は名前だけで生きていけない。ベテランはいつも試合に出れている場合はいいけど、ベンチにいると試合出場が不規則になりがち。コンディション調整が難しくなるけど、試合に出た時に違いを見せれば評価されるし、それを継続して存在価値を高めることが生き残る道かなと思う」
来年1月に39歳になるガンバ大阪の遠藤保仁は、ベテランが生き残るための術を、そう語る。
ベテランがチームに生き残れるのは遠藤のように監督に信頼され、その存在感がチーム内に及ぼす影響が大きく、結果でチームに貢献している場合だけだ。だが、これはベンチを温めることが多くなるベテランにとってはハードルが高く、厳しい。今回の玉田や山瀬のように「ある程度の活躍」では更新が難しくなっている。
文春オンライン2018年12月17日 11時0分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15750905/

続きを読む

「監督よりも権限を持つ男・本田圭佑は日本代表を救えるか・・・」by久保武司

W杯ロシア大会(6月14日開幕)に臨むサッカー日本代表は結局、FW本田圭佑(31)=パチューカ=中心のチームとなることが確実だ。バヒド・ハリルホジッチ前監督(65)の戦術に異議を唱え、干された時期もあったが、日本協会の田嶋幸三会長(60)が「選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れた」ことを理由に前指揮官の電撃解任に踏み切ったのは、一選手である本田に軍配を上げたことを意味する。なぜ監督以上の権限を持つことになったのか。本田は日本代表を救えるか。(夕刊フジ編集委員・久保武司)
本田とハリルホジッチ前監督の“冷戦”が抜き差しならない状況に陥ったのは、昨年6月。W杯アジア最終予選イラク戦に向けた、テヘラン(イラン)での合宿中のある夜のことだった。守りを固め、攻撃は縦のロングパス一辺倒のハリル戦術に不満を募らせた本田が、監督室を訪れ直接激論を交わしたという。
「2時間という報道があったけれど、実際はそれ以上だったと聞いてます。担当通訳は声が出なくなるほど疲弊したそうですから」(日本代表OB)
ハリル前監督は聞く耳を持たず、本田をその後代表から外すという措置で応じた。
しかし、本田が単なる不満分子と違うのは、チームメートから圧倒的な支持を受けているところ。内情を把握した日本協会も最終的には選手側につき、ついにハリル解任に踏み切ることになった。
4/18(水) 16:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00000013-ykf-spo

続きを読む

レアル戦後の内田篤人のコメントがかっこよすぎる

◆クラブW杯▽準決勝 Rマドリード3―1鹿島(19日・UAE、アブダビ)
アジア王者の鹿島は欧州王者・Rマドリードに1―3で完敗した。
後半開始から出場したDF内田篤人は、1―3という結果に「それ以上だったんじゃないかな」と悔しさをにじませた。
前半終了間際に失点。後半の立ち上がりにミスから追加点を献上し、事実上試合が決した。
内田は「裕葵とか最後まで追ってたよ。俺も若い時にああやってたなって思った。マンU戦かな。左サイドまでボールを取りにいったなって思った。
マンU、レアル、チェルシー。子どもみたいに扱われて。自分が今までやってきた…」と話したところで目頭を押さえた。
「分かるんだ、俺は裕葵の気持ちが。サッカーボールを蹴り始めてから自分がやってきたものが…。差を痛感すると、間違っていたのかなって。
裕葵の気持ちと同じかわからないけれど、もう追いつけないのかなって…それを、思い出した」とゆっくりと声を絞り出し、
「ここからだよ。この経験を無駄にしちゃいけないよ、あいつらは。特に若い選手。子どもみたいだったじゃん、俺ら。寄せたら、ダイレクトではたかれて、寄せなかったらボールを持たれるし。
(レアルは)絶対にベストじゃなかった。前半はミスも多かったし。その中で、こういう、ショッキングな感情を持った選手もいると思う」と語った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00000027-sph-socc
12/20(木) 6:20配信

続きを読む

せっかく欧州リーグに移籍しても試合に出られなければ意味がない!?

欧州各国のリーグが続々と開幕しているけど、今夏は例年以上にJリーグから欧州挑戦を決めた選手が多いね。
この原稿の締め切り時点で、GKシュミット・ダニエル(仙台→シントトロイデン)、DF安西(鹿島→ポルティモネンセ)、DF菅原(名古屋→AZ)、MF久保(FC東京→レアル・マドリード)、MF天野(横浜Fマ→ロケレン)、FW安部(鹿島→バルセロナ)、FW鈴木(鹿島→シントトロイデン)、FW中村(G大阪→トゥウェンテ)、FW前田(松本→マリティモ)、FW北川(清水→ラピッド・ウィーン)の10人。10年前、20年前には考えられない人数だ。
でも、だからといって、「日本のサッカーはレベルアップしてすごい」という単純な話にはならない。
確かに、昔に比べれば日本の選手はうまくなった。でも、それは世界も同じ。世界における日本の立ち位置、序列が大きく変わったとは思わない。
欧州のクラブの”青田買い”の傾向が強まるなか、代理人の力を借りれば、欧州挑戦は以前よりも簡単になった。
ただ、その移籍先は五大リーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランス)以外の中小クラブばかり。
移籍金が0円やタダ同然のケースも多い。今夏話題を呼んだ久保や安部にしても、トップチームではなくBチームからのスタートだ。
そうした現状をもって、日本サッカーがレベルアップしていると手放しで喜ぶのはどうなんだろう。Jリーグで目立った成績を残していない選手でも移籍できてしまう現状には疑問を感じるよ。
もちろん、今はそういう時代なのだろうし、選手目線に立てば、目の前にチャンスがあったら挑戦するのは当然。それは否定しない。
かつての中田英や長友、香川のように、結果を出してビッグクラブへの移籍を勝ち取る選手が出てくるかもしれないし、そうなることを期待している。
そのために大事なのは移籍先でどれだけ試合に出られるか、どれだけ結果を残せるか。僕はいつも口グセのように言っているけど、プロは試合に出てなんぼ。欧州移籍しても試合に出られないなら、ただの”留学”だ。
今夏、冨安がシントトロイデンからボローニャへ、欧州でのステップアップを果たしたけど、残念ながら近年、彼のような成功例は少数派。それよりも、移籍先で試合に出られず、コンディションを落とす選手が目立つ。
日本代表に呼ばれなくなる選手もいる。そして、欧州に渡ったときよりも悪い状態でJリーグの古巣に戻ってくるのもおなじみだ。
選手寿命は決して長くない。試合に出られない状況が続くのに欧州にこだわりすぎるのは、本人にとってはもちろん、日本サッカーにとってもマイナス。
そういう意味でうまく見切りをつけられるかどうかも重要になる。ダメだったら、またJリーグで頑張ってチャンスを狙えばいいだけの話だ
かつて1994年から97年まで日本代表の監督を務めた加茂(周)さんは当時、「JFL(ジャパンフットボールリーグ。当時のJ2相当)の選手は代表に呼ばない」と言ったけど、
個人的には、今の森保監督にも「欧州組でも試合に出ていない選手は代表に呼ばない」と言ってほしいくらい。
移籍はゴールではなくスタート。メディアもファンも欧州組だというだけで無条件に持ち上げるのではなく、冷静に見守るべきだ。
8/8(木) 11:00配信 週プレNEWS
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190808-01094850-playboyz-socc&pos=4

続きを読む

アーセナルに移籍をしたSBがめっちゃ中村俊輔マニア!


現地時間8月8日、プレミアリーグの移籍期限最終日に、セルティックのスコットランド代表DFキーラン・ティアニーが、アーセナルへ駆け込み移籍を果たした。
現在22歳のティアニーはセルティックの下部組織出身の新鋭SBで、2015年4月にトップチームデビューを飾って以来、両SBとCBを巧みにこなす守備のマルチとして活躍。スコットランドの名門の主力として、着実に声価を高めてきた。
今夏の移籍市場では、リバプールやトッテナムなどのライバルクラブも獲得に動いていが、セルティックに対して3度のオファーを送るなど、熱意を見せたアーセナルが、最終的に移籍金2500万ポンド(約32億5000万円)を分割で払う形で争奪戦を制した。
そのティアニーは、熱心なセルティック・ファンでもある。入団に際してアーセナルの公式サイトに掲載されたインタビューでは、「ここにいられることを嬉しく思う」と語った一方で、「少し前までの僕の野望は常にセルティックに尽くすことで、それが夢だった」と正直に告白するほどだ。
そんな若きスコットランド代表DFには、“憧れのスター”がいる。かつてセルティックのアイコン的存在でもあった元日本代表MFの中村俊輔だ。英紙『The Sun』の取材で本人が明かしている。
9歳でセルティックの下部組織に入団したティアニーが、日本代表のレジェンドに憧れを抱いたのは、2006年のことだった。当時の中村はチャンピオンズ・リーグのマンチェスター・ユナイテッド戦でFKを決めるなど、鮮烈なインパクトを残し、チームきってのスターとして君臨していた。
当時10歳だったティアニー少年は、そんなスターからクラブが主催したイベントでスパイクをプレゼントされ、幼心に感銘を受けたという。
「その時、僕らはナカが見ていたなんて知らなかったんだ。それはクラブが用意したサプライズで、彼は一緒に参加してくれたんだよ。それでトレーニングを終えた後に僕らがベンチに座っていたら、彼が通訳を通じて『君が今日のベストな選手だ』と言ってくれてスパイクをくれたんだ。本当に嬉しかったよ」
その思わぬ出来事をきっかけに、ティアニーは中村の虜となった。そのインタビューでこう続けている。
「僕が初めて見たオールドファーム(レンジャースとのダービー)でも、ナカは30ヤードほど(約27メートル)のスーパーゴールを決めていたと思う。あれは僕にとって忘れられない強烈な一撃だよ。あれから、何千試合以上ありとあらゆる試合を見たけど、あそこまで素晴らしいゴールを、それもビッグマッチで決めた選手は、ナカの他に記憶がないね。
僕はずっとナカを目指してきたんだ。いまだに全てのセルティック・ファンと選手が彼を愛しているからね。フリーキックやGKを欺くプレー、彼の技術はすべてが最高なんだ。いつでもどんな時も彼は頼りにされていた。本当にワールドクラスの選手さ」
スコットランドで異彩を放ったサムライへの憧れを抱き続ける俊英DFは、新天地となるノースロンドンで、そのヒーローのような活躍ができるのか――。大いに注目したい。
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190810-00062637-sdigestw-socc

続きを読む

中国リーグ、選手の年俸上限は1.6億円に!


中国スーパーリーグ(1部)は20日、来シーズンから国内選手の年俸上限を1000万元(約1億6000万円)にするサラリーキャップ制を導入すると発表し、いわゆる「陰陽契約」を根絶させると明かした。
この厳しい方策は、中国サッカー協会(CFA)が多額の投資を取り締まり、各クラブにより厳しい財政上のルールを順守させるために行っている取り組みの一環となる。
中国中央テレビ体育チャンネル(CCTV-5)や他のメディアによれば、シーズン後に上海で行われたCFAの会議の結果、国内選手はボーナスや奨励金も制限されることが決まったという。
このサラリーキャップ制は来年春に開幕する新シーズンから採用される予定だが、外国籍選手はその対象にならない。
しかし、各チームの年間支出額の上限は2019年が12億元(約194億円)となっており、2021年には9億元(約145億円)まで減額となる。
2年前、イングランド・プレミアリーグのチェルシー(Chelsea)に所属していたオスカル(Oscar dos Santos Emboaba Junior)が6000万ユーロ(約96億円)で上海上港(Shanghai SIPG)に加入すると、カルロス・テベス(Carlos Tevez)もライバルである上海申花(Shanghai Shenhua)に移籍しており、両選手は世界でも最も給料の高い選手のうちの一人となった。
フッキ(Hulk)やパウリーニョ(Jose Paulo Bezerra Maciel Junior ‘Paulinho’)といった外国籍のスター選手が数多く移籍してきたことで、中国スーパーリーグの各クラブが年俸や移籍金が極端に高額になった世界の移籍市場を捻じ曲げているという恐れをもたらした。
しかしそれ以降、CFAは各クラブに対して大型補給を止め、代わりに若手選手の育成に集中するよう強いる働きかけを行い、来月1日に開かれる冬の移籍市場では過度な額が投じられる可能性は低くなっている。
CFAは昨年、外国籍選手の獲得に要した額と同額の税金をクラブに課し、1試合に起用できる外国籍選手の数を3人に制限した。
また数ある他の規則では「陰陽契約」の規制の一環として、各クラブは年末までに選手や監督との契約書を提出しなければならなくなった。
税務署に提出する契約書と、合意した本当の金額が記されている契約書を二つ用意するというこうした実態は、中国のサッカー界や芸能界でまん延していると考えられている。
これらの脱税策の企みがCFAから摘発されると、違反した選手や監督は1年から3年の出場停止処分を受け、そのクラブは勝ち点剥奪やリーグからの除名処分になる可能性がある
12/21(金) 11:17配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181221-00000012-jij_afp-socc

続きを読む

プレミア・ワトフォードの選手がジェフ千葉へレンタル移籍!

ジェフユナイテッド市原・千葉では、ワトフォードFC(イングランドプレミアリーグ)に所属するウィリアムス ベラスケス選手が、期限付き移籍にて加入することが決まりましたので、お知らせいたします。
ウィリアムス ベラスケス (Williams Velasquez)

□移籍
期限付き移籍(~2020年1月1日)
□生年月日
1997年4月4日(21歳)
□身長・体重
182cm・76kg
□ポジション
DF
□国籍
ベネズエラ
□経歴
2015~2016 エストゥディアンテス・デ・カラカス(ベネズエラ)
2016 ワトフォードFC(イングランド)
2016~2017 ウディネーゼ(イタリア) ※ワトフォードFCから期限付き移籍
2017~2018 レアル・バリャドリードB(スペイン) ※ワトフォードFCから期限付き移籍
2018 ワトフォードFC(イングランド)
CEサバデル(スペイン) ※ワトフォードFCから期限付き移籍
□代表歴
2017 ベネズエラU-20代表(2017 U-20南米選手権/2017FIFA U-20ワールドカップ)
2018 ベネズエラ代表
□コメント
「初めまして。ウィリアムス ベラスケスです。偉大なチームであるジェフユナイテッドでプレーできることを、大変嬉しく思います。
常にベストを尽くし、J1昇格に貢献できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。 早くお会いできることを楽しみにしています。」
https://jefunited.co.jp/news/2018/12/top/154554840012066.html

続きを読む