長友

イタリアメディアから絶賛の長友!インテルのSBは熱狂させるパフォーマンスではないが、安定している長友か・・・

名門復活への期待が高まっているインテルにおいて、改めて評価されているひとりが、日本代表の長友佑都だ。
クラブの専門サイト『fcinternews』は現地時間11月2日、新加入のダウベルトとのポジション争いを制してレギュラーを務めている長友を称賛している。
近年、常に左SBが強化ポイントと指摘されていたインテルは、今夏に約2000万ユーロ(約26億円)という大金を投じてダウベルトを獲得した。だが、開幕から11試合のうち8試合で先発出場したのは、放出候補とされていた長友である。
昨シーズンの長友は、ナポリ戦で決勝点に繋がる致命的なミスを犯すなどして、メディアやサポーターから酷評されていた。
fcinternewsも、ナポリ戦でのミスがインテルにおける長友のキャリアのどん底だったと指摘。だが、今シーズンから指揮を執るルチアーノ・スパレッティ監督が、この日本人選手を復活させたと報じている。
スパレッティ監督は開幕前から、「長友は重要な選手だ。過小評価してはいけないよ」と、日本代表SBに賛辞を寄せていた。fcinternewsは、指揮官が長友に「信頼性」を求めたと解説。
攻撃面での貢献は大きく期待できないものの、守備により注力するように指示したという。
「長友はそれに見事に応え、ここまでは実質的に、汚点のないパフォーマンスを見せている。人に対して速く、両足を使え、監督が求めていたことをまさに実践している。
人目は引かないが正確。自分の限界を知り、深くまで行ってクロスを上げることは稀だが、守備を疎かにすることもない。今の長友はもちろん怪物ではないが、機能しているひとりだ」
ただ、大金を投じて獲得しただけに、インテルがこのままダウベルトを起用しないとも考えにくい。fcinternewsも「24歳でこれだけの金額が費やされた選手は、セリエAでレギュラーになる準備ができていなければならず、そうでないなら、何かがうまくいっていないということだ」と指摘する。
「熱狂させるパフォーマンスではないが、安定している長友か、失敗もあり得るが、素晴らしいサプライズにもなり得るダウベルトに賭けるのか。
これまで多くの選手が入れ替わってきた左SBの“呪い”から生まれた、コインの表裏のような状況だ。さらなる飛躍のために、スパレッティ監督はこの呪いを振り払いたいと願っているだろう」
長友はシーズンの最後まで、ダウベルトからレギュラーのポジションを守り切れるか。そして現在、セリエAで2位につけるインテルは、復活を果たすことができるだろうか。
2017年11月3日 17時51分 サッカーダイジェストWeb
http://news.livedoor.com/article/detail/13841926/

続きを読む

「長友が1番上手い!彼にプレーさせるべき!」byミスター・インテル

インテルのレジェンドで、現役時代、“ミスター・インテル”と呼ばれたジュゼッペ・ベルゴミ氏が25日、イタリアメディア『スカイスポーツ』の番組に出演し、日本代表のDF長友佑都を支持した。
長友は今シーズン、開幕直後は新戦力の若手ブラジル人DFダウベルト・エンリケとのポジション争いを制し、先発に名を連ねるとまずまずの成績を収めた。しかし11月、代表戦による中断期間終了後に行われたアタランタ戦以降は、左サイドバック3番手と見られていたDFダヴィデ・サントンにポジションを奪われた。
最初の数試合で及第点を得たこともあり、サントンはその後も起用され続けたが、インテルは2カ月にわたり勝利から遠のいている。さらにイタリア人DFが21日のローマ戦(1-1)において、FWステファン・エル・シャーラウィに先制点を許す大失態を犯したため、批判の矛先が向けられている。
次戦となる28日のスパル戦では、ケガから復帰するDFダニーロ・ダンブロージオを左サイドに回す案が浮上する中、“ミスター・インテル”が口を開いた。
「繰り返す。私の考えでは、ナガトモがプレーするべきだ。私はいつも言っている。インテルの(左サイドバックの)中で1番上手いのは彼だ。(イヴァン)ペリシッチがより良く機能する。サントンとだと、ペリシッチはいつもマークされてスペースを見つけるのに苦労している。インテルは他のオプションを見つけなければならない」
以前もベルゴミ氏は、長友についてペリシッチとの連携を高く評価し、プレーを称賛していたが、勝利がつかめず苦戦するインテルにおいて、改めて長友起用の必要性を説いた。
1/26(金) 11:42配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180126-00000003-goal-socc

続きを読む

長友佑都が体調不良でグラウンドに姿を見せず・・・原因はアモーレ平愛梨のフライデーではないかと話題www

キリンチャレンジカップ2016のオマーン戦を翌日に控えた日本代表が10日、会場となるカシマスタジアムで調整を行った。
前日、右足首痛で練習を欠席していたMF香川真司(ドルトムント)と、同じくコンディションを考慮され別メニューで調整したMF長谷部誠(フランクフルト)が合流。しかし、DF長友佑都(インテル)が体調不良を理由にグラウンドに姿を見せなかった。
練習に先立ち実施された公式会見の場で、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「少し体調が悪い選手がいる」と明かしていた。さらに、「我々はトレーニングの後にアイスバスをして疲労回復に努めているが、時々それで寒くなるなり過ぎることがある」と話していたが、代表チームスタッフによると、今回の合宿でアイスバスを利用したのは6日(合宿初日)のみだという。8日に合流した長友はアイスバスに入っておらず、9日の練習にも参加。「コンディション的には問題ない」と語っていた。
15日には、2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選でグループ首位のサウジアラビアと対戦する日本。ハリルホジッチ監督は、大一番を前にしたテストマッチで「これまでプレーしなかった選手にもチャンスを与えて、クオリティを見せてもらいたい」と語りつつ、「全員がサウジアラビア戦にいい状態で臨んでほしい。その目的は間違えてはいけない」と強調した。香川については、「打撲を抱えて日本に帰ってきた。(オマーン戦で)プレーするかどうかは、明日の様子を見て考えたい」と話し、起用については明言を避けた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161110-00513918-soccerk-socc
続きを読む

「長友が一部のインテルサポーターから好かれていないなんて、本当にヒドイことだ」byフランス人記者


日本代表のDF長友佑都が一部のインテルサポーターから好かれていないことについて、フランスメディア『BeInSports』のフィリップ・ジュナン記者が「ヒドイ」と持論を述べた。
今冬の移籍市場では、長友の去就に関して、フランスメディアを中心にマルセイユへ移籍する可能性が報じられた。その際に、ジュナン記者が長友についての見解を語っていた。
「長友が一部のインテルサポーターから好かれていないなんて、本当にヒドイことだ。彼は長い間、インテルへ貢献してきた選手だ。最近はフィジカルのトラブルを抱えていた」
マルセイユがユヴェントスから左サイドバックを主戦場とするDFパトリス・エブラを獲得したため、長友の移籍話は消滅した。しかし、インテルの功労者へ対する心無い声に対し、リスペクト忘れないよう求めた。
GOAL1/27(金) 0:09配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000023-goal-socc
続きを読む

インテル長友佑都を獲得へ・・・バーンリーが交渉を開始!移籍金約8億円!伊メディア報道


インテルに所属する日本代表DF長友佑都にプレミアリーグへの移籍話が浮上している。イタリアメディア『SportItalia』によるとインテルに対して、バーンリーから700万ユーロ(約8億円)の契約解除金でのオファーがあったという。
すでにクラブ間で交渉の席が設けられることになっており、このまま契約がまとまる可能性もあると報じられている。
現在、バーンリーはプレミアリーグ第20節終了時点で12位に付けており、即戦力として長友に関心を寄せている模様。
30歳の長友は2011年1月にインテルに加入。インテルとは2019年6月までの契約を締結しているが、クラブはスタメンの座を約束しておらず、今シーズンはリーグ戦で7試合に出場したのみ。インテルへの愛情を事あるごとに示してきた長友だが、満足な出場機会を得られていない現状でどのような判断を下すのか、注目される。
GOAL1/12(木) 11:48配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000003-goal-socc
続きを読む

長友また出番無し!インテル2-0エンポリ


インテル、主力欠くもエデルの1ゴール1アシストで快勝…長友は2戦連続出番なし
セリエA第24節が12日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとエンポリが対戦した。 長友は2試合連続のベンチスタートとなった。
現在5位のインテルは前節、ユヴェントスとの“イタリア・ダービー”で敗れ、リーグ戦連勝が7でストップした。 今節は17位に沈むエンポリをホームに迎えての一戦。チャンピオンズリーグ出場権獲得圏内の3位浮上に向けて、しっかり勝ち点3を積み上げたいところ。だが、主力のマウロ・イカルディとイヴァン・ペリシッチを出場停止処分で欠き、ロドリゴ・パラシオやエデルらがスタメン入りした。
試合が動いたのは14分、インテルが先制に成功する。
右サイドのアントニオ・カンドレーヴァからのクロスは手前の相手DFにブロックされるたが、 セカンドボールをエリア内右のパラシオが頭で繋ぐ。
これをファーサイドでフリーのエデルが胸で押し込み、先制点を奪った。
リードを奪ったインテルはその後も攻勢に出るが、前半はこのまま1-0で終了した。
インテルはハーフタイムに左MFのダニーロ・ダンブロージオを下げて、クリスティアン・アンサルディを投入し、後半を迎えた。 エンポリは53分、ラデ・クルニッチが味方とのワンツーでエリア内右に抜け出し、シュートを放つが、 これはGKサミール・ハンダノヴィッチの好セーブに阻まれた。
ピンチを凌いだインテルが直後の54分に追加点を挙げる。
エデルが左サイドから右足アウトサイドでクロス。 ファーサイドに走り込んだカンドレーヴァが右足で合わせてゴールネットを揺らした。
反撃したいエンポリは59分、ロングパスでエリア内に抜け出したマッシモ・マッカローネがループシュートで狙うが、 これもGKハンダノヴィッチに冷静に対処された。
追加点を狙うインテルは73分、パラシオに代えてガブリエウ・バルボーザを投入。
80分にはエデルを下げて、17歳のアンドレア・ピナモンティを送り出した。
最後までチャンスを作り続けたインテルだが、ゴールは生まれず、このままタイムアップ。
2-0でリーグ戦2試合ぶりの勝利を収めた。 なお、長友に出場機会は訪れなかった。
インテルは次節、19日にアウェーでボローニャと対戦。エンポリは18日にラツィオをホームに迎える。
インテル 2-0 エンポリ
【得点者】
1-0 14分 エデル(インテル)
2-0 54分 アントニオ・カンドレーヴァ(インテル)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00551565-soccerk-socc
続きを読む

本田・長友らの代表召集に日本代表選手はウンザリしている!?【ゲンダイ】


6月7日の調整試合シリア戦(味スタ)、同13日にイランで行われるW杯アジア最終予選イラク戦に向け、日本代表合宿が昨28日に千葉市内でスタートした。Jリーグが開催中のため、招集メンバーは一部海外組だけ。
この日はメスGK川島、サウサンプトンDF吉田、マルセイユDF酒井宏、ハンブルガーSVDF酒井高、レスターFW岡崎、ヘントFW久保、シュツットガルトFW浅野、エイバルFW乾、バックアッパーのアウクスブルクFW宇佐美、そしてスポーツマスコミが「秘密兵器」と持ち上げるブルガリア1部リーグ所属で代表初招集のMF加藤(スタラザゴラ)も参加した。
イタリア組のミランFW本田とインテルDF長友は、それぞれ最終戦となる28日午後10時キックオフのカリアリ戦、29日3時45分キックオフのウディネーゼ戦後、身支度を整えて帰国。本田は6月1日から、長友は2日から合宿に合流する。
それにしても――。今回の代表メンバーも、指揮官ハリルホジッチならではの「毎度おなじみデタラメ招集劇」。ことあるごとに「1部でレギュラーの選手しか呼ばない」と言っておきながら、戦力外の本田と長友を呼び続けている。
ちなみに本田は最終節のカリアリ戦にモンテッラ監督の温情で先発。リーグ戦出場8試合目はフル出場ながらノーゴールに終わった。長友もウディネーゼ戦の先発から外れて後半1分から出場したが、リーグ12試合出場と「1部レギュラー」とは程遠いポジションでシーズンを終えた。
他にもGK川島は、リーグ終盤になって出場機会に恵まれたものの、ベンチ外の時期から第1GKだった。C大阪のMF山口は昨季、ドイツから当時2部のC大阪に出戻り、本人が「J2なので呼ばれるはずがない」と断言していたのに指揮官は、当たり前のような顔をして山口を呼んだ。
「選手はハリルの“有言不実行”にウンザリしている。たとえばC大阪の清武。スペインで戦力外となり、ハリルの方針に従って古巣のC大阪に移籍したのに外されてしまった。確かに現在Jリーグで本調子とは言えないが、DF酒井宏が『キヨ君が外れてびっくり』と漏らすほどの出来事だった。ブルガリアの加藤にしても、所属リーグは欧州4大リーグの2部レベル以下に過ぎない。シリア戦のチケットの売れ行きがイマイチなので『J2経験しかない苦労人がサプライズ招集』と話題性のみで声が掛かったのでは――と話すサッカー関係者も少なくない」(マスコミ関係者)
ハリル日本、大丈夫なの? と言いたくなる。
日刊ゲンダイ 2017.05.30
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/206319/1
続きを読む