長友

長友また出番無し!インテル2-0エンポリ


インテル、主力欠くもエデルの1ゴール1アシストで快勝…長友は2戦連続出番なし
セリエA第24節が12日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとエンポリが対戦した。 長友は2試合連続のベンチスタートとなった。
現在5位のインテルは前節、ユヴェントスとの“イタリア・ダービー”で敗れ、リーグ戦連勝が7でストップした。 今節は17位に沈むエンポリをホームに迎えての一戦。チャンピオンズリーグ出場権獲得圏内の3位浮上に向けて、しっかり勝ち点3を積み上げたいところ。だが、主力のマウロ・イカルディとイヴァン・ペリシッチを出場停止処分で欠き、ロドリゴ・パラシオやエデルらがスタメン入りした。
試合が動いたのは14分、インテルが先制に成功する。
右サイドのアントニオ・カンドレーヴァからのクロスは手前の相手DFにブロックされるたが、 セカンドボールをエリア内右のパラシオが頭で繋ぐ。
これをファーサイドでフリーのエデルが胸で押し込み、先制点を奪った。
リードを奪ったインテルはその後も攻勢に出るが、前半はこのまま1-0で終了した。
インテルはハーフタイムに左MFのダニーロ・ダンブロージオを下げて、クリスティアン・アンサルディを投入し、後半を迎えた。 エンポリは53分、ラデ・クルニッチが味方とのワンツーでエリア内右に抜け出し、シュートを放つが、 これはGKサミール・ハンダノヴィッチの好セーブに阻まれた。
ピンチを凌いだインテルが直後の54分に追加点を挙げる。
エデルが左サイドから右足アウトサイドでクロス。 ファーサイドに走り込んだカンドレーヴァが右足で合わせてゴールネットを揺らした。
反撃したいエンポリは59分、ロングパスでエリア内に抜け出したマッシモ・マッカローネがループシュートで狙うが、 これもGKハンダノヴィッチに冷静に対処された。
追加点を狙うインテルは73分、パラシオに代えてガブリエウ・バルボーザを投入。
80分にはエデルを下げて、17歳のアンドレア・ピナモンティを送り出した。
最後までチャンスを作り続けたインテルだが、ゴールは生まれず、このままタイムアップ。
2-0でリーグ戦2試合ぶりの勝利を収めた。 なお、長友に出場機会は訪れなかった。
インテルは次節、19日にアウェーでボローニャと対戦。エンポリは18日にラツィオをホームに迎える。
インテル 2-0 エンポリ
【得点者】
1-0 14分 エデル(インテル)
2-0 54分 アントニオ・カンドレーヴァ(インテル)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00551565-soccerk-socc

続きを読む

本田・長友らの代表召集に日本代表選手はウンザリしている!?【ゲンダイ】


6月7日の調整試合シリア戦(味スタ)、同13日にイランで行われるW杯アジア最終予選イラク戦に向け、日本代表合宿が昨28日に千葉市内でスタートした。Jリーグが開催中のため、招集メンバーは一部海外組だけ。
この日はメスGK川島、サウサンプトンDF吉田、マルセイユDF酒井宏、ハンブルガーSVDF酒井高、レスターFW岡崎、ヘントFW久保、シュツットガルトFW浅野、エイバルFW乾、バックアッパーのアウクスブルクFW宇佐美、そしてスポーツマスコミが「秘密兵器」と持ち上げるブルガリア1部リーグ所属で代表初招集のMF加藤(スタラザゴラ)も参加した。
イタリア組のミランFW本田とインテルDF長友は、それぞれ最終戦となる28日午後10時キックオフのカリアリ戦、29日3時45分キックオフのウディネーゼ戦後、身支度を整えて帰国。本田は6月1日から、長友は2日から合宿に合流する。
それにしても――。今回の代表メンバーも、指揮官ハリルホジッチならではの「毎度おなじみデタラメ招集劇」。ことあるごとに「1部でレギュラーの選手しか呼ばない」と言っておきながら、戦力外の本田と長友を呼び続けている。
ちなみに本田は最終節のカリアリ戦にモンテッラ監督の温情で先発。リーグ戦出場8試合目はフル出場ながらノーゴールに終わった。長友もウディネーゼ戦の先発から外れて後半1分から出場したが、リーグ12試合出場と「1部レギュラー」とは程遠いポジションでシーズンを終えた。
他にもGK川島は、リーグ終盤になって出場機会に恵まれたものの、ベンチ外の時期から第1GKだった。C大阪のMF山口は昨季、ドイツから当時2部のC大阪に出戻り、本人が「J2なので呼ばれるはずがない」と断言していたのに指揮官は、当たり前のような顔をして山口を呼んだ。
「選手はハリルの“有言不実行”にウンザリしている。たとえばC大阪の清武。スペインで戦力外となり、ハリルの方針に従って古巣のC大阪に移籍したのに外されてしまった。確かに現在Jリーグで本調子とは言えないが、DF酒井宏が『キヨ君が外れてびっくり』と漏らすほどの出来事だった。ブルガリアの加藤にしても、所属リーグは欧州4大リーグの2部レベル以下に過ぎない。シリア戦のチケットの売れ行きがイマイチなので『J2経験しかない苦労人がサプライズ招集』と話題性のみで声が掛かったのでは――と話すサッカー関係者も少なくない」(マスコミ関係者)
ハリル日本、大丈夫なの? と言いたくなる。
日刊ゲンダイ 2017.05.30
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/206319/1

続きを読む

【アモーレ】インテル長友と平愛梨、ラブラブショットをインスタグラムとツイッターに投稿

ねとらぼ 2017年3月12日 17時46分 (2017年3月13日 17時21分 更新)
平さん、長友さんのラブラブお食事ショット(長友佑都Instagramより)

タレントの平愛梨さんが約1週間ぶりにTwitterの更新を再開しました。長友さんとの食卓、とっても幸せそうです……!
「ご無沙汰してました!! 皆様お元気ですか? 今日からまたツブヤキます」のメッセージと共に平さんが投稿したのは長友さんと、長友さんの専属シェフと務める加藤超也さんとの3ショット。1月29日の入籍以来、約1カ月半ぶりに平さんのTwitterに登場した夫でサッカー日本代表DFの長友さんの隣には、清楚な白基調の洋服でほほ笑む平さんの姿が。幸せオーラが溢れまくっています。
平さんは「私はようやく新たな生活に慣れてきました」と報告し、家事をやったり、長友さんのために加藤シェフと協力して食事を作っているとのこと。投稿されている写真には海藻を使ったミックスサラダやひじきの煮物、スネ肉の野菜煮込みに目玉焼きを添えたものなど、健康に気遣ったメニューにトライしているようです。
この様子は長友さんのInstagramにも投稿されています。今後もさまざまなラブラブショットの投稿に期待です。
http://www.excite.co.jp/News/it_g/20170312/Itmedia_nl_20170312024.html

続きを読む

地元紙から低評価のインテル長友・・・日本代表戦に心配の声も


本拠地サッスオーロ戦で5戦連続先発の長友、見せ場ないままハーフタイムに交代命令
インテルの日本代表DF長友佑都は14日の本拠地サッスオーロ戦で5試合連続の先発出場を果たしたが、見せ場なく終わった。チームが先制点を奪われると、長友はハーフタイムに交代を命じられ、イタリア地元紙は長友に満場一致の低評価。「攻撃参加で味方にダメージを与えた」「正しいプレーは一度もない」と断罪されている。試合は1-2で敗れた。
公式戦8試合で2分6敗。泥沼にはまり込んだチームで、長友も左サイドバックでチームを活性化させることはできなかった。
「ガゼッタ・デロ・スポルト」紙は長友に5点の低評価。「ベラルディとミスマッチで対峙した。スピードだけで勝っていた。だが、攻撃参加時に(味方に)ダメージを与えてしまった」と厳しく評価されている。DFムリージョ、MFブロゾビッチ、ジョアン・マリオの4.5点に続き、下から二番目の評価だった。
「コリエレ・デロ・スポルト」紙も長友に5点の辛口評価となった。「サン・シーロで彼にはブーイングした。彼は影響を受けながらプレーしていた。自陣のピッチ半分に留まり、攻撃に全く出て行かなかった。45分で交代した」と酷評。サポーターからブーイングの対象になった最低評価は、先制点を献上したムリージョの4点だった。
「ブーイングの影響受けた」と一刀両断
「トゥット・スポルト」紙も5点評価。「明らかにブーイングに影響を受けた。正しいプレーは一度もなくハーフタイムで交代した」と一刀両断されている。
長友は4月30日のナポリ戦で自分のミスから決勝弾を献上後、怒りのサポーターから大バッシングを浴びた。前半でゴール裏のサポーターが「お前らはサポートに値しない。ランチに行ってくる」と応援をボイコットする異常行動に出たなか、サポーターからのブーイングの影響を受け、消極的なプレーに終始したと評価されている。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170515-00010020-soccermzw-socc

続きを読む

長友っていろいろ言われるけど、インテルに6年いたら成功したと言っていいよな?


イタリア1部リーグ、インテルミラノの日本代表DF長友佑都にイングランド1部リーグ、エバートン移籍の可能性があることがわかった。17日付のガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。
インテルのスポーツ・ディレクター、アウジリオ氏は16日にパリ、17日にロンドン入りし、最終的にはスペインのマドリードへという欧州ツアーを組んでいる。MFペリシッチにフランス1部リーグ、パリ・サンジェルマンやマンチェスター・ユナイテッド(英)などが興味を示していることと、来季の監督探しのためといわれる。イングランドは長友の移籍先が候補に挙がっているとみられる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00000101-dal-socc

続きを読む