韓国

「何一つ魅せることができなかった・・・韓国代表は勝つ資格がなかった」by韓国メディア


アジア杯準々決勝カタール戦を分析 「何一つ魅せることができなかった」
韓国代表は25日に行われたアジアカップ準々決勝でカタール代表に0-1で敗れ、ベスト8でUAEの地から去ることになった。59年ぶりのアジア制覇を狙っていたチームだが、サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」韓国版は「何も魅せることができない韓国、勝つ資格がなかった」との見出しを立てて報道。“自滅”による敗戦だったと試合を分析している。
0-1の惜敗で大会から姿を消すことになった韓国だが、その試合内容を「フォー・フォー・トゥー」韓国版は「長所を全く発揮できず、90分間カタールに振り回された」と振り返っていた。しかしながら、「ベント監督のスタイルどおりにボールを維持して試合を支配したと解釈できる」とも報じているように、ポゼッション率は60.3%と韓国が上回っていてゲームは支配していたように見える。だが、「ほとんどの攻撃は効果的ではなかった」と続けて分析しているように、シュート数では10本とカタールよりも1本少なく、得点を決められずに敗れてしまった印象は拭いきれない。
チーム最年長の全北現代DFイ・ヨンが、「とても残念で虚しい。負ける試合ではなかったと思うとなおさらだ」と語ったと伝えているように、韓国側には“負けた”というより“勝てなかった”という印象を抱く選手が多かったようだ。そうした話を総合して、同誌は“自滅”と表現している。
「まさに自滅だった。弱点を補うことに失敗し、相手の強みを阻むことができなかった。何一つ魅せることができなかったという表現がピッタリだ」
得点の確率が決して高くないミドルシュートで奪われた先制点や、VAR判定でのゴール取り消しなど、韓国が精神力を問われる試合展開となったが、“自滅”という印象をはね返すほどの力強さを見せることなく、無得点のまま終戦。トットナムFWソン・フンミンが「少しずつ良くなる姿を見せたかったが、結局はこのように終わった」と悔やんだとおり、今大会の韓国は初戦から重苦しい空気の試合が多く、最後まで改善する姿を示せないまま、ベスト8でUAEを去ることになった。
1/27(日) 6:10配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190127-00165852-soccermzw-socc

続きを読む

「韓国の方が格上だった!」by日本代表・ハリル監督

引き分け以上でE-1選手権で優勝が決まる日本代表だったが、韓国代表に1-4と逆転負けを喫した。
日本を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「韓国が強いことは分かっていた。韓国とのレベルに差があったし、韓国が勝利に値した」と完敗を認めた。
2大会ぶりの優勝を狙ったE-1選手権は2位という結果に。ハリルホジッチ監督は「この大会は結果を残すことだけを望んでいた。
今日は小林悠が決めたあとにプレーを止めてしまった。なぜかは分からない。相手がその状況を上手く利用していたし、韓国の方が格上だった」と振り返った。
12/16(土) 21:23配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00685384-soccerk-socc

続きを読む

「日本ではみんながいろいろしてくれる!韓国では、何かをするにも助けてくれなかった」by札幌FWアンデルソン・ロペス


清水戦で4ゴール&看板裏2m落下珍ハプニングのFWロペス、日韓の違いについて言及
北海道コンサドーレ札幌のブラジル人FWアンデルソン・ロペスは、9日のJ1リーグ第3節清水エスパルス戦(5-2)で4ゴールと大爆発した一方、
ゴール直後に看板を飛び越えて2メートル近く落下する珍ハプニングが注目を集めた。
そんな海外助っ人は昨季プレーした韓国と比較し、日本での快適さを称賛している。米スポーツ専門局「ESPN」ブラジル版が伝えた。
現在25歳のA・ロペスは、アヴァイやマルシリオ・ジアス、トンベンセ、アトレチコPR を経て、2016年夏から1年半にわたってサンフレッチェ広島でプレー。
2017年は32試合10ゴールと結果を残すも、2018年は韓国1部のFCソウルへ移籍した。韓国Kリーグでもコンスタントに出場し、30試合6ゴールを記録している。
今季札幌に加入し、リーグ戦4試合5ゴールで得点ランキングトップタイ(大分トリニータFW藤本憲明が同順位)と強烈なインパクトを放っているなか、韓国移籍について「韓国も似ていると思う。
だけど、移籍は失敗だったし、後悔している」という。
記事では「ロペスは、隣国で日本と同じような雰囲気になるだろうと思っていた。ところが、韓国のクラブでは選手やスタッフのクールな対応に直面し、サッカーも彼が慣れ親しんだものとは違った」と触れている。
さらにA・ロペス自身も日韓の差について次のように語った。
「日本では、僕にストレスがかからないようにして、みんながいろいろしてくれる」
「日本では、僕にストレスがかからないようにして、プレーに専念するようにみんながいろいろしてくれるんだ。
韓国では、何かをするにも助けてくれなかったし、歓迎してくれるような感じではなかったよ」
また、A・ロペスは日韓におけるサッカー面での相違についても言及。「(韓国では)基本的に力強さが求められる。
そこでは走って、蹴って、走って、蹴って、それがすべてだった。日本では、戦術やテクニックが重要で、リーグ自体の質も上だ」と指摘している。
A・ロペスにとって韓国時代は苦い思い出だったようだが、「私の家族はここだ」と語っているとおり、すっかり日本での生活に溶け込んでいるようだ。
新天地で躍動し、J1得点王の期待も懸かるストライカーは、このままゴールを量産し続けるのだろうか。今後のプレーに一層注目が集まりそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190320-00177488-soccermzw-socc
3/20(水) 6:40配信

続きを読む