韓国

U19韓国代表の試合で北朝鮮国歌が流れるハプニング

スポテレビニュース
2018-10-22 21:03

国歌が流れず、北朝鮮の国歌が流れた。
韓国は22日午後9時(韓国時間)、インドネシアのジャカルタペトリイエット競技場でキックオフする2018アジアサッカー連盟(AFC)U-19
チャンピオンシップのC 2戦ヨルダンと対戦する。第1戦のオーストラリア戦で終盤の失点を許し、引き分けを収めた韓国は勝利を狙っている。
試合を控え、韓国は先発メンバーを発表した。 韓国は3-4-2-1フォーメーションを取り出した。 最前方にチョ・ヨンウクが立ち
ジョンセジンと厳原状がすぐ後ろに位置する。 チェジュン、ジョンホジン、ゴジェヒョン、キム・ジェソンが3線に配置されイジェイク、
イージーブラシ、ファンテヒョンこのスリーバッグを構築する。 ゴールはイグァンヨンが保障する。
通常試合前の選手たちは競技場に両側に並んした両チームの国を聞く。国を代表するという自負心が感じられる行事だ。
しかし、ジャカルタで運営する今回の大会では、致命的なミスが出た。 韓国の国歌が出ず、北朝鮮の国歌が出てきたものである。
訂正用監督を含めてのコーチングスタッフは慌てた様子で大会運営スタッフを訪れた。右胸に手を上げて国歌を待っていた
選手たちも慌てのは同じだった。 北朝鮮国歌がほとんどだ演奏された後、競技場の管理者は、国歌を再枠た。 理解できないハプニングだった。
https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u
=https://sports.news.nate.com/view/20181022n39968&xid=17259,15700021,15700043,1
5700124,15700149,15700186,15700190,15700201,15700214&usg=ALkJrhgptx3MM0D
GxYECrfRrZNoKgOIBXA

続きを読む

韓国メディア、久保建英を絶賛する・・・


北朝鮮戦で先制点演出&華麗な直接FK弾 「ファンタスティック」と讃える
U-19日本代表FW久保建英(横浜F・マリノス)は、来年のU-20ワールドカップ(W杯)ポーランド大会の予選を兼ねたU-19アジア選手権グループB初戦、北朝鮮戦に先発出場し、決勝点となる値千金の直接FKを叩き込んだ。チームの5-2勝利に貢献したレフティーの活躍に、韓国メディアも熱視線を送っている。
インドネシアで19日に行われた一戦で、日本は序盤に2点のリードを奪いながらも、連続失点で2-2の同点に追いつかれた。迎えた後半20分、ゴールから約25mの位置でFKを得るとキッカーを務めたのが久保だった。力強く左足を振り抜くと、鋭いカーブを描いたシュートはゴール右上に突き刺さった。
韓国のスポーツ専門サイト「SPOTVニュース」は、このFK弾を「日本が大事に育てている有望株、タケフサ・クボがファンタスティックなゴールで日本に勝利をもたらした」と称賛。また記事では、前半8分の先制点の場面についても、相手に囲まれながらの見事なスルーパスでFW斉藤光毅のゴールを演出したことについても触れていた。
バルサ下部組織出身で国内外から注目を集める久保は、昨年のU-20W杯にも2世代の飛び級で出場。J1リーグにも16歳でデビューし、今夏には出場機会を求めてFC東京から横浜FMに期限付き移籍、待望のJ1初ゴールも決めた。2001年生まれの久保は今大会にも飛び級で招集されながら、9番を背負うなどエース格としての活躍が期待されているが、大会初戦でスルーパスや直接FK弾を炸裂させ存在感を発揮したことで、韓国メディアからも熱視線を送られているようだ。
Football ZONE web編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181021-00142883-soccermzw-socc

続きを読む

鼻へし折られた韓国!強気な自国メディアも「沈没」…自慢のサッカー哲学と精神力を維持できるか?

アジアの盟主をきどる韓国も10日に開幕する欧州選手権で3連覇を目指すスペインには、まったく歯が立たなかったようだ。
オーストリアのザルツブルクで行われた国際親善試合で、豪華メンバーをそろえた相手に1-6で惨敗。
いつもは強気な韓国メディアも「韓国代表“沈没”…「無敵艦隊」
スペインに1-6で大敗」(中央日報日本語版=電子版)などと素直に敗戦を受け入れた。
同紙は「サッカー韓国代表が『無敵艦隊』スペインに完全に沈められた」と総括したうえで、「最初の失点後に守備が崩れ、ミスを連発した。数少ないチャンスを迎えても一発を決められなかった」と試合を分析。
試合終了間際に6点目を奪われた場面を「韓国代表が競技力はもちろん、精神力の面でも自滅する瞬間だった」と振り返り、「もっと点差が開いてもおかしくない試合だった」とのシュティーリケ監督の試合後のコメントを紹介した。
試合前には、「最初から怖気づく理由はない。スペインを相手にプレスディフェンスができるのかを見る」と鼻息が荒かったが、彼我の実力差を見せつけられた形。
5日にはチェコとも国際親善試合を戦う予定だが、
シュティーリケ監督が強調していた自慢の「韓国のサッカー哲学と精神力」は維持できるだろうか。
2016.6.2 11:45
http://www.sankei.com/west/news/160602/wst1606020037-n1.html

続きを読む

W杯後、サッカー人気が高まる韓国と完全にサッカー熱冷めてしまってる日本・・・


韓国はウルグアイをも撃破。始まりはW杯ドイツ戦…かつてない期待と熱狂に包まれる隣国の今
韓国代表は12日、ウルグアイ代表との国際親善試合に2-1で勝利を収めた。
ロシアワールドカップベスト8の強豪撃破を後押ししたのは、ファンの存在だった。
元世界王者ドイツを破った、あの日から高まり続ける韓国サッカーの熱狂はとどまるところを知らない。
●史上最速でチケット完売。韓国代表への期待はうなぎ昇り
選手たちのプライドや熱き試合を支えるのは間違いなくファンだ。
この日の試合は昨今の韓国サッカーの人気ぶりを証明する場でもあった。
試合当日は超満員、6万4170人の観客が来場したのだ。
ソウルワールドカップ競技場が満員になったのは2013年のブラジルとの親善試合以来5年ぶりのこと。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181013-00010002-footballc-socc

続きを読む