香川

香川真司のスペイン移籍は実現するのか?「まだ何も決まっていない・・・」


ドイツ1部ドルトムントのMF香川真司(29)は2日、冬季休暇を終え羽田空港から出国。正月は家族と食事やカラオケでリフレッシュし「最高の1年にしたい」と決意した。
今冬には「小さい頃からの夢」と語るスペインリーグへの移籍を目指すが「まだ何も決まっていない。
早く決まればいいというものでもない」と冷静。アジア杯に出発した日本代表についても「2大会経験している身としては、そう簡単にはいかないと思うけど、一丸となって優勝してほしい」とエールを送った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00000164-sph-socc
1/3(木) 6:08配信

続きを読む

「スペインで香川に給料を払えるのはトップクラブのみ・・・だが必要としてない」byキッカー紙


ドルトムントからスペインへの移籍を希望しているMF香川真司だが、実現は難しいのかもしれない。ドイツ『キッカー』が伝えた。
今季ここまでブンデスリーガでの出場時間は98分にとどまるなど、首位を走るドルトムントで苦しむ香川。ルシアン・ファーブル監督の構想外となっており、本人も移籍希望を明らかにするなど、クラブへ残ることはないと見られている。
香川自身は憧れのスペインへの移籍希望を公言しているが、実現は難しいのかもしれない。
『キッカー』によると、スペインへの移籍は「現実的ではない」という。リーガの中で香川の給料を支払えるクラブはトップに限られており、それらのクラブは現在日本代表MFを必要としていないとしている。
ドルトムント側は2020年まで契約を残す香川を1月で放出することも考えていると言われており、シュトゥットガルトなどブンデスリーガのクラブも獲得に興味を持っていると言われている。
ブンデスリーガ首位を走るクラブで難しい状況の続く香川だが、今後どのような選択をするのだろうか。
GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00000030-goal-socc

続きを読む

香川真司、移籍先はブンデスの可能性も!?


スペインへの移籍希望を公言しているドルトムントMF香川真司(29)に、MF長谷部誠が所属するフランクフルトとシュツットガルトのドイツ2クラブが興味を示したと、31日付のトルコ紙スポルエクス電子版が報じた。
同電子版はドイツでの報道を引用して、ドルトムントで出場機会を失っている香川に対して、 DF長友佑都が所属するガラタサライとベシクタシュのトルコ名門2クラブが獲得に乗り出しているが、 ここにきてドイツの古豪2クラブも獲得を目指しているという。
ドイツでの報道によると、ドイツ2クラブも1月の移籍市場での獲得を向けて動いており、
ドルトムントに対して期限付き移籍を申し出たと報じた。
ドルトムントとしても、20年までの契約となっている香川の放出を容認していると伝えた。
12/31(月) 18:19配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181231-00433505-nksports-socc

続きを読む