香川

【日本代表】長澤和輝の台頭で香川真司の立場は厳しい状況に・・・

11/15(水) 11:10配信
フットボールチャンネル
香川に試練。MF長澤和輝の台頭でハリルJでの立場さらに厳しく
日本代表は11月にフランス、ベルギーで強豪ブラジル、ベルギーと連戦。2試合とも敗れたが、収穫もあった。その1つが長澤和輝だ。ベルギー戦で初先発するとハリルホジッチ監督を納得させるパフォーマンス。中盤での序列を一気に覆し、逆にメンバー落ちした香川真司は立場が危うくなった。(取材・文:植田路生【ブルージュ】)
【ロシアW杯出場決定国一覧】激戦必至の大陸予選。出場枠を手にした国は…
●「満足している」。長澤を評価したハリルホジッチ監督
日本代表は現地時間14日、ベルギー・ブルージュにおいてベルギー代表と対戦し、0-1で敗れた。
この試合、好パフォーマンスを見せたのが初先発のMFの長澤和輝だ。所属する浦和レッズでの活躍が認められ、欧州遠征で初めてA代表に招集されると、ベルギー戦で中盤の一角として初先発。ハリルホジッチ監督も高く評価した。
「満足している」。指揮官はシンプルに長澤を評価。「たくさん走り、良く守った。あとは攻撃でもっと顔を出してくれば」と攻撃面には注文をつけたが、今後への期待を含んだものだろう。ハリルホジッチ監督が要求する一定以上のレベルに達していると言える。
実際、守備ではフィジカルの強いベルギーの中盤と対等にわたりあい、ボール奪取するとすぐに的確なパスでスピード感のある攻撃につなげた。テンションの高い試合だったが、十分に戦えることを示した。
長澤の評価が急上昇すると、中盤の序列に変化が生まれることになる。長谷部誠、井手口陽介、山口蛍はロシアW杯メンバーへほぼ当確の位置につけており、攻撃的な選手の枠は少ない。欧州遠征でまさかのメンバー落ちした香川真司にとっては試練が訪れたと言える。
ザックジャパンでは絶対的な主力だった香川だが、A代表ではボルシア・ドルトムントのような活躍を見せることができず、ハリルホジッチ監督は何度もテストを行った。だが、結果を出せず、ついにメンバー落ち。少なくとも主力としては考えていないことはたしかだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171115-00010002-footballc-socc

続きを読む

「香川真司は以前ほどのプレーや判断力を発揮できていない」byドイツ地元メディア


「以前ほどの…」 復活の香川に地元メディアは“平均点以下”査定「苦悩している」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181101-00145160-soccermzw-socc
9月26日に行われたブンデスリーガ第5節ニュルンベルク戦(7-0)以来の出場となった香川は、4-2-3-1システムのトップ下でプレー。前半40分、左サイドからのクロスに頭で合わせるも、相手GKの好セーブに遭う。しかし、詰めていたアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチが押し込み、香川は結果的に先制点に関与。後半33分にドイツ代表FWマルコ・ロイスに代わってピッチを退いた。
記事では、出場選手を10点満点で評価。ゴールを記録したプリシッチ、FWマクシミリアン・フィリップ、ロイスを含めた計6人が最高評価となる「7点」を得た一方、香川は「5.5点」にとどまった。
「40分のヘディングがネットを揺らさなかったのはアンラッキーだったが、ありがたいことにプリシッチが無事回収してくれた。カガワに欠けていたのは試合勘であったことは明らかだった。長年にわたって示していたレベルのパフォーマンスを披露することに苦悩している。彼は上手くボールを捌き、試合に関与していたが、以前ほどのプレーや判断力を発揮するには至っていない」
ドルトムントは中盤のポジション争いが熾烈で、香川は厳しい立場に追いやられている。中盤戦から巻き返し、ルシアン・ファブレ監督の構想に入っていくことができるだろうか。

続きを読む

【動画】香川真司、子どもを泣かす・・・

▽日本代表MF香川真司が自身のツイッター(@S_Kagawa0317)に投稿した動画が話題だ。
▽現在ブンデスリーガのウインターブレークで休暇中の香川。その香川は27日、自身のツイッターで1本の動画を投稿。それは、ピッチ上で小さな子どもとボール遊びをしている様子。ただ、ボールをキープし続ける香川は、ボールを奪おうとする子どもに対して、執拗なまでに“股抜き”を敢行。約30秒の間に、8度もの股抜きをした。
▽対して、子どもはついに泣き出してしまい、ボールを蹴り出してしまった。これには香川はたじたじの様子で、申し訳なさそうに子どもを慰めた。香川は自身のツイッターで「この悔しさが人を強くする」とコメント。ハッシュタグを付けて、「この後仲直り」と、子どもと喧嘩別れにはならなくて済んだことを伝えた。
▽子どもにとっては、意外とこのような悔しさは記憶に残るもの。世界で活躍するプレーヤーからのレッスンを胸に、大きく成長してもらいたいものだ。
https://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_299186/

続きを読む

ドルトムント香川真司、5週間ぶり試合出場!2点に絡む!チームも劇的勝利!


DFBポカール2回戦が10月31日に行われ、MF香川真司が所属するドルトムントはホームでウニオン・ベルリン(2部)と対戦し、延長戦の末に3-2で勝利した。香川はスタメンで5週間ぶりの公式戦出場を果たすと、2得点に絡んで存在感を放ったが、78分に途中交代となった。
ドルトムントは40分にマフムド・ダフードが左サイドからクロスを入れると、中央の香川がヘディングシュート。これは惜しくもGKの好セーブに阻まれたが、クリスティアン・プリシッチが押し込んで先制に成功した。だがウニオンも63分、セバスティアン・ポルターが味方のスルーパスでエリア内に抜け出し、ゴール左隅に流し込み、試合を降り出しに戻す。
ドルトムントは73分、香川が敵陣中央で粘ってつなぎ、プリシッチがエリア内右へスルーパスを送ると、マキシミリアン・フィリップが抜け出し右足シュートを突き刺して勝ち越す。このまま試合終了かと思われたが、ウニオンは87分にポルターがヘディングシュートを叩き込み、再び同点に追いつき、延長戦に突入した。すると終了間際の118分、プリシッチがエリア内で倒されてPKを獲得。120分、このPKをマルコ・ロイスがゴール右に沈め、勝負あり。ドルトムントが競り合いを制し、3回戦に駒を進めた。
【スコア】
ドルトムント 3-2 ウニオン・ベルリン
【得点者】
1-0 40分 クリスティアン・プリシッチ(ドルトムント)
1-1 63分 バスティアン・ポルター(ウニオン)
2-1 73分 マキシミリアン・フィリップ(ドルトムント)
2-2 87分 バスティアン・ポルター(ウニオン)
3-2 120分 マルコ・ロイス(PK)(ドルトムント)
【スターティングメンバー】
ドルトムント(4-2-3-1)
ヒッツ;ハキミ、トプラク、ザガドゥ、ディアロ(14分 ゲレイロ);ヴァイグル、ダフード(86分 ヴィツェル);プリシッチ、香川(78分 ロイス)、ヴォルフ(91分 サンチョ);フィリップ
11/1(木) 5:09配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181101-00856262-soccerk-socc

続きを読む