香川

香川真司が所属するベシクタシュ、さらに日本人選手を獲得へ・・・!?


MF香川真司(29)が所属するトルコ1部ベシクタシュのフィクレット・オルマン会長(51)が13日、東京・JFAハウスで報道陣の取材に応じた。
ドイツ1部ドルトムントから今年5月までの期限付きで獲得した香川について「完全移籍を望んでいる」と明言。「ドルトムントとの契約は1年残っているが、我々のクラブに残ってほしい。完全(移籍)の後に複数年契約を結びたい」と希望を口にした。
香川に続く日本人についても「興味を持っていて、何人かリストアップしている」。来日中はスケジュールが詰まっており、選手獲得目的の試合観戦は予定していないが「強化チームが行き来している。条件さえ合えば、さらに日本人に来てほしいし、シンジが活躍してことで日本人も来やすくなったはずだ」と獲得効果に目を細めた。
翌14日に予定されている日本代表メンバー発表に関しては「呼ばれれば送り出したい。代表で気持ち良くプレーできれば本人も喜ぶと思うし、カガワの喜びは私の喜びだ。(6月開幕の)南米選手権にも、ぜひ行ってほしい」と招集に応じる考えを示した。
今回の来日は約10日間の予定。日本市場の拓が目的で、前夜にイスタンブールから到着した。かねて計画していた今夏の日本ツアーについても、実施意向を正式表明。「トルコと日本の懸け橋になりたい。Jクラブや、同時期に滞在中の欧州クラブと親善試合を行えれば」と語った。候補都市やスタジアムの視察も予定しているという。ただ、日本の夏が非常に暑いことも把握。香川に相談したところ「『暑いので避けた方がいい』と言われてしまった…」と明かして笑わせた。
クラブだけでなくトルコスーパーリーグの会長も兼ねており、トルコとベシクタシュの発展のために、来日中は数多くのスポンサーとも会談するようだ。「トルコと日本は1800年代の事件(1887年、エルトゥールル号遭難事故)から友好関係を続けてきた。直行便でも12~13時間の距離はあるが、心は近い。もっと両国をスポーツで近づけたい」と話し、日本サッカー協会の須原専務理事、Jリーグの村井チェアマンとも面会して、今後の協力関係構築に意欲を見せた。
3/13(水) 18:35配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-03130716-nksports-socc

続きを読む

「3月の日本代表戦も6月のコパアメリカも喜んで香川を送ります!」byベシクタシュ会長


3/13(水) 17:05配信
香川の完全移籍希望、ベシクタシュ会長 南米選手権もOK
サッカー・トルコ1部のベシクタシュのフィクレット・オルマン会長が13日、都内の日本サッカー協会、Jリーグを表敬訪問した。取材にも応じ、同クラブに所属するMF香川真司について、夏までの期限つき移籍が終了したあと、完全移籍で長期契約を結ぶことを希望していると明かした。
3月に、日本代表に選出された場合にも「喜んで送ります」とし、招集に応じる義務がなく日本代表が出場を予定している6月の南米選手権についても「ぜひ行ってもらって」と歓迎する意向を示した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190313-00000109-dal-socc

続きを読む