香川

香川真司が急激に調子を上げてきたワケ

1/29(月) 16:00配信
香川真司、代表落選の悔しさ胸に…急激に調子を上げてきたワケ
〈dot.〉
香川真司が急ピッチでペースを上げている。今季は左肩の負傷、チーム不振の影響もあって出遅れていた香川だが、ウィンターブレイクを挟み、公式戦最近7試合で3ゴール4アシストというハイペースで結果を残している。ロシアW杯出場を目指す28歳は、なぜここにきて急激に調子を上げているのだろうか?
考えられる要因はいくつかある。ひとつ目は経験を重ねた選手としての自覚だ。ドルトムントに所属する選手の平均年齢は25.5歳で、28歳の香川は年長組に入る。在籍年数もチームトップクラスになり、シーズン前に契約を更新したクラブも香川に若手を引っ張る役割を期待した。
チームは10月半ばから公式戦13試合でわずか1勝しかできない大不振に陥ったが、そのなかで香川は自覚を持ってチームを変えようとしていた。なかなか勝てないことで自信を失ったチームメートたちが消極的になっていくなか、「リスクを負って思い切りやること」を自分の仕事だと自覚して取り組んだ。
監督交代が与えた影響も少なくない。ピーター・ボス前監督の解任は香川にその責任を感じさせた一方で、新たな監督の下で「やらなければいけない」という想いを強くさせた。その影響もあってか、ペーター・シュテーガー新監督のもとで香川は次々と結果を残した。
戦術面でも、香川に求められるものは大きくなっていた。シュテーガー監督が守備の安定のためにウイングのポジショニングを低めに取ったことでサイド攻撃の脅威は弱まった。後方からの攻撃の組み立てで中心的な役割を果たす香川だが、チャンスとなればゴール前に入って行くことを徹底している。中央からの攻撃をけん引する香川がやらなければ、チームはゴールを奪えない状況になっているのだ。
ただ、香川を大きく変えたのは日本代表からの落選だろう。これを境に香川から漂う雰囲気が一変した。代表メンバー発表後に行われた試合後、落選について記者から問われた香川は代表についての想いを語り、それは大きな議論を呼んだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180129-00000075-sasahi-socc

続きを読む

「香川真司のW杯行きはほぼ確定!」by東スポ

西野ジャパンはMF香川真司(29=ドルトムント)と“心中”か。35人のロシアW杯予備登録が14日に締め切られるなか、動向が注目されていたMF香川がついに実戦復帰を果たした。
2月に左足首を負傷し実戦から遠ざかっていたが、12日のドイツ1部リーグ・ホッフェンハイム戦で後半30分から途中出場。約20分間プレーした。
13日の浦和―鳥栖戦(埼スタ)を視察後に取材に応じた日本代表の西野朗監督(63)は「(欠場期間が)3か月たったけど、ピッチに立ったことは良かった」と背番号10の復帰を歓迎した。
14日にスタッフ会議を開いたうえで「数人の最終的なコンディションの判断もしなければならない」と予備登録メンバーを絞り込む構えだが、指揮官の腹づもりはすでに決まっているようだ。
複数の関係者の話を総合すると「普通に動けるなら香川は(最終メンバーの)23人に残すのが既定路線」だという。西野監督は技術委員長を務めたハリルジャパン時代に香川の実力と経験を高く評価。4月の監督就任当初から実戦復帰前の香川をW杯の中心選手に据える方針を固めていた。
今月上旬に指揮官がドルトムントの練習場を訪れたが、急きょ香川は練習を中止した。このため一度は代表復帰に慎重な姿勢を見せたものの、無事に試合に復帰したことで予備登録や30人前後のガーナ戦(30日、日産)のメンバーには入れる予定。
コンディションに大きな問題がなければ、31日発表予定の最終メンバーにも入る可能性が高くなった。西野監督が渡欧した際に面談した代表候補たちは香川の必要性を次々と訴え、“決断”を後押ししたとみられる。
紆余曲折はあったが、いよいよ背番号10のロシア行きが見えてきた。

東京スポーツ 5/14(月) 16:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000033-tospoweb-socc

続きを読む