鹿島

【クラブW杯】史上最大の下克上へ!鹿島、レアル戦での秘策は日本語!?


クラブ世界一を争うクラブW杯は18日、J1覇者の鹿島と欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)による決勝(横浜国際総合競技場)が行われる。両チームは17日、横浜市内で冒頭以外を非公開で練習を行った。アジア勢初の決勝に臨む鹿島は究極の“秘策”を胸に銀河系軍団に挑む。一方、2大会ぶりの優勝を狙うRマドリードはエースFWクリスティアーノ・ロナウド(31)らが万全調整。絶対王者の風格で、格下の鹿島を圧倒する。
決戦のときがきた。J1王者鹿島が歴史的大番狂わせに向け、秘策を準備。日本ならではの“心理戦”でレアル・マドリードから金星を挙げる。
「ありがたいことに向こうは日本語が絶対に分からない。セットプレーなんかは日本語でいえばいい」。DF昌子が仰天の必勝法を明かした。
銀河系軍団といわれるレアルには、各国のスターが勢ぞろい。試合中にはスペイン語を共通語にフランス語やポルトガル語、クロアチア語も飛び交うが、今までトップチームに日本選手が在籍した過去はなく、極東の地の日本語を知るものはいない。そこに目をつけたのが、昌子だ。「(セットプレーなどで)ニアとかじゃなく『近く』とか『前』とかの指示を出す」。大会期間中も宿泊先ホテルに缶詰め状態のレアルは、日本語に触れることはほぼ皆無。試合中の指示を日本語で出せばそれはもはや「暗号」も同然で、絶対王者が混乱に陥る可能性もある。
逆に鹿島は「常に(チームの礎を築いた)ジーコのことは頭にある」(石井監督)というほどスペイン&ポルトガル語圏には精通。現在もチームにはブラジル人MFファブリシオらがおり、「サッカー用語なら分かる」(昌子)とポルトガル語を理解できる選手も多い。つまり、レアルの指示内容は筒抜けで、日本人ファンで埋まるスタジアムと一体となる鹿島には大きなメリットになるはずだ。
MF柴崎は「鹿島はほとんど日本人で編成されている。これが日本人、日本という国、鹿島のフットボールというのを見せたい」と息巻く。日本流の最高のお・も・て・な・しを存分に披露し、国内年間勝ち点3位から史上最大の下克上を成し遂げる。
サンケイスポーツ12/18(日) 7:00配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161218-00000022-sanspo-socc

続きを読む

【J1第9節試合結果】鹿島アントラーズ、昌子のヘッド弾で鳥栖に逆転勝ち!甲府4試合ぶり白星!急失速の神戸、痛恨3連敗…


◆鹿島アントラース 2-1 サガン鳥栖
[カシマ]
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/043006/livetxt/
[鳥]豊田陽平(23分)
[鹿]金崎夢生(28分)
[鹿]昌子源(41分)
◆ヴィッセル神戸 0-1 ヴァンフォーレ甲甲府
[ノエスタ]
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/043007/live/#live
[甲]堀米勇輝(38分)
明治安田生命J1リーグ第9節が30日に行われ、県立カシマサッカースタジアムでは鹿島アントラーズとサガン鳥栖が対戦した。試合は鹿島が2-1で鳥栖を下し、2試合ぶりの白星を収めた。これで勝ち点を18とし、浦和レッズとの勝ち点差1に縮めた。
首位・浦和を追う鹿島は、前節のジュビロ磐田戦で0-3の敗戦。混戦の上位についていくためにも、ホームで2連敗は許されない。一方、鳥栖は3位・ヴィッセル神戸を下し、リーグ戦3勝目を収めた。この試合では敵地で今季初の連勝を狙いたい。
試合が動いたのは23分。鎌田大地と対峙した鹿島DF昌子源がペナルティエリア内でハンドを犯してしまい、PKを献上する。これをキッカーの豊田陽平が豪快に右足で蹴り込み、鳥栖が先制に成功した。
しかし、直後の28分、今度は鹿島の土居聖真がペナルティエリア内で藤田優人に倒され、PKを獲得する。キッカーの金崎夢生がゴール右下を狙うとGK権田修一が反応したが、触ることはできず、鹿島が同点に追いついた。
さらに前半終了間際の43分。鹿島が右CKのチャンスを迎えると、遠藤康が左足でクロスを入れる。これに昌子が飛び込み、ヘディングシュートをゴール右に沈めた。自らのミスを帳消しにする昌子のゴールで、鹿島が勝ち越した。このまま2-1でハーフタイムを迎える。
鳥栖は52分に小川佳純を下げて高橋義希、60分に鎌田を下げて趙東建を投入した。67分には原川力がCKの流れから左サイドでボールを拾うと、クロスを入れたもののGKクォン・スンテに防がれてしまう。
鳥栖は3枚目のカードとして、小野裕二を下げてビクトル・イバルボを投入。鹿島は金崎を下げて三竿健斗を入れ、守備を固めに入った。このまま鹿島が2-1で逃げ切り、2試合ぶりの白星を収めた。
GOAL 4/30(日) 17:59配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-00000019-goal-socc
◆順位表
https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/
◆DAZN
https://www.dazn.com
◆DAZN for docomo
https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/

続きを読む

鹿島のOB・神様ジーコもクラブW杯決勝進出を祝福!「これまでの歴史の賜物」


Jリーグ王者の鹿島アントラーズは14日、FIFAクラブW杯の準決勝で南米王者のアトレティコ・ナショナル(コロンビア)と対戦した。
試合は、アトレティコ・ナシオナルがボールを支配したが、FIFA主催の大会としては初めて導入されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)により、鹿島が前半にPKを得る。これを土居聖真が落ち着いて決めると、後半終盤に遠藤康と途中出場の鈴木優磨が追加点を挙げて試合終了。鹿島が3-0で南米王者を撃破し、アジア勢初の決勝進出を決めた。
そんな中、現役時代に鹿島でプレイし、引退後は監督として日本代表を率いたこともあるジーコが15日に自身の公式Instagramを更新。「鹿島アントラーズおめでとう。華々しい勝利とW杯の決勝進出。これまでの歴史の賜物だね」と綴り、古巣の決勝進出を祝福している。
決勝進出を決めた鹿島は、北中米王者クラブアメリカ(メキシコ)と欧州王者レアル・マドリード(スペイン)の勝者と18日に横浜国際総合競技場(日産スタジアム)で対戦する。この勢いで鹿島は栄光を勝ち取ることができるのだろうか。
theWORLD(ザ・ワールド)12/15(木) 7:30配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161215-00010002-theworld-socc

続きを読む

「未来が訪れた」「鹿島がナシオナルを凍らせた!」――鹿島の歴史的勝利を各国メディアも報じる


ナシオナルの地元紙は「今後、議論となりそうだ」と伝える。
[クラブW杯準決勝] アトレティコ・ナシオナル0-3鹿島アントラーズ/2016年12月14日/吹田スタジアム

クラブワールドカップ準決勝で鹿島アントラーズは、土居聖真、遠藤康、鈴木優磨の得点で、南米王者のアトレティコ・ナシオナルを下して日本勢初の決勝へと駒を進めた。
このことは、世界のメディアも早速取り上げている。
ナシオナルの地元紙『エル・コロンビアーノ』は、30分に西が倒されたプレーが、ビデオ判定でPKになり、33分の土居の得点が生まれたことについて「主審のヴィクトル・カッサイは前例のない決定を下した。 判定の確認をしている時間など、今後議論の的となりそうだ」と伝えた。
また、レアル・マドリーびいきの記事を掲載することで知られているスペイン紙『マルカ』も、
「鹿島がナシオナルを“凍らせた”」と伝え、さらにアルゼンチン紙『オレ』は「未来がきた」と見出しをつけて、カッサイ主審の判断を「歴史的瞬間だった」と報じている。
何はともあれ、アジア勢初となる夢の決勝進出を果たした鹿島。
決勝の相手は、明日の19:30にキックオフする「クラブ・アメリカ対R・マドリー」の勝者だ。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161214-00021205-sdigestw-socc

続きを読む