鹿島

【公式発表!】「バルセロナ安部裕葵」爆誕!


鹿島は12日、MF安部裕葵(20)が、スペインの名門バルセロナに完全移籍することでクラブ間の基本合意に達したと発表した。移籍後、当面はスペインリーグ3部所属のバルセロナBでプレーする。
安部は中学時代、プロの目に留まるため、高3時に全国総体開催地で1枠増える広島の瀬戸内高に単身で進学を決め、その総体で鹿島のスカウトに見初められて鹿島に入団した。プロ3年目の今季はクラブ歴代最年少で10番を背負っていた。
戦況を読む高い頭脳と独特なタッチのドリブルが持ち味。17年の国際親善試合Jリーグワールドチャレンジではスペイン1部セビリアとの一戦に途中出場してマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。先月の南米選手権では全3試合に出場した。
鹿島での最後の試合となった6日のJ1磐田戦では、コールが鳴りやまないゴール裏のサポーターに向かって両手を上げてから深く一礼し、あいさつする姿があった。移籍に備えて10日から個別メニューで調整してきたが、この日もクラブハウスには顔を出した。
▼安部のコメント 高校卒業から2年半という月日を鹿島アントラーズで過ごし、プロサッカー選手として、人間として大きく成長することができました。チームメイト、スタッフ、フロント、そしてサポーターの皆様、すべてのアントラーズファミリーと勝利のために戦えたことは、自分の誇りであり、財産です。今回、シーズン途中でチームを離れることは難しい決断でしたが、FCバルセロナで新たな挑戦をしたいと強く思い、移籍を決めました。これから直面する様々な困難や壁も、自分の成長には絶対に必要なことだと信じています。鹿島アントラーズというクラブで経験したすべてを糧に、これからも一日一日、一瞬一瞬を大切にして、フットボールと向き合っていきたいと思います。本当にありがとうございました
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190712-00000137-spnannex-socc

続きを読む

【悲報】ACLでの日本の本戦出場枠が3→2に減枠・・・

12/21(木) 20:54配信
サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の2019、20年大会で、本戦から出場する日本勢が現状の3チームから2チームに減り、プレーオフから出場するチームが現状の1から2に増えることになった。21日に日本協会がアジア連盟(AFC)に確認した。現行方式となった09年以降、本戦出場枠が2となるのは初めて。
ACLの出場枠はAFCが発表するランキングに基づいて決まる。17、18年大会ではクラブと代表チームの成績を7対3の割合でポイントを算出していたが、14~17年の成績が対象となる19、20年大会では割合が9対1に変更され、クラブの比重が高くなった。
今季のACLは浦和が日本勢として9年ぶりに優勝したが、日本は4年間の成績で東地区3番手にとどまったため、直接本戦から出場できる枠が減った。
21、22年大会については、クラブの成績のみが基準となる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00000137-jij-spo

続きを読む

【J1試合結果!】「鹿島×磐田」「浦和×仙台」「横浜FM×大分」「広島×C大阪」

鹿島 2-0 磐田
[得点者]
29’オウンゴール
40’小池 裕太
スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
入場者数:17,442人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/070603/livetxt/#live
浦和 1-0 仙台
42’興梠 慎三(浦和)
スタジアム:埼玉スタジアム2002
入場者数:28,904人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/070604/live/#live
横浜FM 1-0 大分
74’エジガル ジュニオ(横浜FM)
スタジアム:ニッパツ三ツ沢球技場
入場者数:11,186人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/070605/live/#live
広島 1-1 C大阪
19’水沼 宏太(C大阪)
66’パトリック(広島)
スタジアム:エディオンスタジアム広島
入場者数:15,032人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/070606/live/#live
J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

続きを読む

安部裕葵、ついに決断!「バルサ阿部」爆誕へ!


鹿島アントラーズFW安部裕葵(ひろき=20)が、スペイン1部の名門バルセロナ移籍を決断したことが5日、分かった。近く正式発表される。来週中にも渡欧するとみられ、ベンチスタートが予想される6日の磐田戦(カシマ)が、国内でのラストマッチとなる。
◇ ◇ ◇
3年前まで無名の高校生だった安部が、世界屈指のビッグクラブへの挑戦権を手にした。関係者によると、かねて海外移籍を望んでいた安部は、先月正式オファーが来た段階からバルセロナ入りを決めていたという。日本代表の南米選手権から帰国後、今月クラブに意向を伝えたようだ。
16年夏の高校総体で、別の選手を物色していた鹿島スカウトが“たまたま”発掘した逸材。安部も高卒でのプロ入りを目指しており、かなわなかったら「浪人して早稲田に入り、サッカーは辞めるつもりだった」と言うから、まさにシンデレラ・ストーリーだ。
関係者によると、移籍金は設定の満額を上回る約200万ユーロ(約2億5000万円)で、トップ昇格までの間は年俸25万ユーロ(約3125万円)の完全移籍となる。鹿島としては今季10番を託した期待の星だけに、今夏の海外移籍は避けたいところだったが、最後は本人の成長を願う“親心”を見せた形だ。
鹿島で過ごした2年半で、海外チームとは何度も対戦してきた。ルーキーイヤーの17年夏には「Jリーグワールドチャレンジ」で、バルセロナと同じスペインのセビリアと対戦。途中出場ながらドリブルで3人をかわしてアシストを決め、マンオブザマッチを獲得。世界に名をとどろかせた。18年は鹿島でACLを制覇し、クラブW杯に出場。Rマドリードに敗れて人目をはばからず号泣する姿は、多くのサッカーファンの目に焼き付いているはずだ。
バルセロナといっても、2部B(3部相当)チームからのスタートになる。合流後には、生き残りをかけた厳しい日々が待ち受けているに違いない。それでも無名からはい上がってきた男。スペインでも3部からのし上がっていくだろう。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190706-07050739-nksports-socc

続きを読む

鹿島・安部裕葵、バルセロナから正式オファーを受ける!


バルサ、鹿島の安部に正式オファー 今夏の獲得目指す
http://www.asahi.com/articles/ASM726GW8M72UTQP030.html
サッカーJ1鹿島に所属する日本代表MF安部裕葵(ひろき、20)が、スペイン1部リーグの強豪バルセロナから正式な獲得要請を受けていることが2日、分かった。 バルセロナは今夏の獲得をめざし、設定されている違約金以上の金額を鹿島に支払う意向を示している。 移籍の実現は本人の決断次第となるが、安部は海外挑戦に前向きな姿勢を見せている。

続きを読む

金崎にキレられた鹿島アントラーズ・石井監督が辞任!

J1鹿島は27日、石井正忠監督(49)が心労による体調不良で辞任し、大岩剛コーチ(44)が監督に昇格する人事を固めた。週明けに発表する。鹿島のシーズン中の監督交代は2年連続。
2016/8/28 2:01日本経済新聞 電子版
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO06587740X20C16A8UU1000/?dg=1

続きを読む